TOP > ブログ一覧 > ぶどうおばさんの山梨見どころ記 > 甲州人のひとり言

プロフィール

山梨が好きなのに、とっさには山梨の
良さを言えなくて、少々焦る甲府在住
の人間です。
山梨に関する事、甲府に関する事を
調べてレポートしてゆきます。
そうした中で、山梨の魅力を見つけ伝
える事が出来れば、と、考えています。
 ジャンルは? ....いろいろデス☆


     

ブログ内検索

カレンダー

<< 201704  
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

平和

2010.07.13 20:33  投稿者:ぶどうおばさん

7月6日は甲府空襲が(1945年に)行われた日で、アメリカ軍のBー29爆撃機が
絨毯爆撃により甲府市街地の74%(79%という説もあります)を焦土に変えたと聞
いています。死者千名以上、重軽傷者千二百名以上が出たそうです。
今年も7月6日には市内の有線放送で黙祷が呼びかけられました。


毎年7月、8月になると1945年の太平洋戦争終結の時期に想いをはせることが多く
なります。私は戦後の生まれなので本や映像等の資料や体験者のお話から戦争について
知るのみです。


去年の政権交代以降沖縄の基地問題が大きくクローズアップされ基地•国防•安全保障と
いうテーマは国全体の難問として私達に突きつけられています。


「平和」という2文字は重い言葉だと思います。
外国からの侵略を受けずに独立した国として存続するためには、戦争の無い社会を維持
するためには何が必要で私達は何をすべきなのか。
私個人に関して言えば、考えをまとめる前にまず ”知る” ことが大切で現に起きた事柄
•相対する立場の見方•歴史のもたらしたもの等...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:甲州人のひとり言

横浜中華街

2010.01.17 22:43  投稿者:ぶどうおばさん

川崎大師の帰りに横浜中華街に寄りました。

中華街の混雑ぶりにはいつも驚きます。常時多くの人が訪れています。
観光客やカップルや家族連れや友人同士、外国からの方々も。

中華街に来れば本格的な中華料理が食べられる•他処より美味しいものが食べられる•
専門的な食材が買える•見て歩くだけでも楽しい、そんな魅力があるからでしょうか。



今日私はツアーで行ったのですが、遅ればせの初詣ツアーにもかかわらずほぼ満員
でした。ツアーはその時期に合ったものであること、需要に応えるものであること、
料金がリーズナブルであること、恒常的な人気スポットを含むこと、これらが満た
されると集客力を発揮するように思います。


   (1枚目の写真 善隣門)
   (2枚目の写真 肉まん店の店頭)
   (3枚目の写真 関帝廟 
            三国時代の武将関羽を祀る廟。明治6年初代の廟が創られ
            関東大震災、第二次世界大戦、その後の火事で焼失したた
            め1990年第四代として現在の建物が造られたそうで...


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:甲州人のひとり言

遅ればせながら初詣

2010.01.17 21:47  投稿者:ぶどうおばさん

1月も半ば過ぎた今日、遅ればせながら初詣に行きました。
行き先は昨年と同じく川崎大師。

正月はとうに過ぎ去ったというのに真っ青な空と穏やかな天気に恵まれたことも
あってか、参道も川崎大師の境内もかなりの人混みでした。


大本堂で折りしも護摩供が始まり、力強い読経の声が聞こえ護摩供でたかれる炎と
共に周りの空気を凛と張りつめたものに変えてゆきます。
一年の無病息災を祈りました。


川崎大師平間寺は”厄除けのお大師さま”として知られ正月三が日の参拝客数は全国
でもトップクラスに位置しているようです。
   2009年の正月三が日参拝客数
       ①明治神宮
       ②成田山新勝寺
       ③川崎大師
       ④伏見稲荷(京都)
       ⑤熱田神宮(名古屋市)     の順だそうです。
今年はどのような結果が出ているのでしょう。



景気が悪い時ほど宝くじの売れ行きが良いと聞きますが、私自身も御守りを買ったり
おみくじをひいたりでかなり神仏頼みです。
不安定な世相と経済不安が改善されることを願うばかりです。

...


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:甲州人のひとり言

今年印象に残った展覧会

2009.12.22 21:08  投稿者:ぶどうおばさん

県立美術館1階の県民ギャラリーでは県内の美術愛好団体や教育関係者の展覧会が
頻繁に行われています。
12月初旬に見た「仏画展」は中でも印象に残るものでした。


仏画家の安達原玄氏と県内5つの写仏教室の生徒さん達の作品展でした。

仏画は、基本の下絵を写し取りそれに色を塗って完成させるもののようで同じ図柄
でも個々人により彩色が異なり違った印象を与えます。
額•軸•屏風•衝立などに表装された仏画は、金◦赤◦緑◦青色も鮮やかに会場を埋めて
いました。


仏画の題材は、死後の世界, 悟りの境地, 仏の慈悲等ではないかと思いますが、作品
から受けた印象は生への積極的な肯定◦活力といった ”動” のものでした。
それは会場に詰めておられた教室の方達から感じる前向きな印象や明るさに通じる
もので、生き生きとした緊張感とでも言えるような。


生徒さん達は二十代〜八十代とお聞きしましたが、こういう題材と共に日常を過ごし
ているとどこか達観するところがお有りなのかも知れない、と思いました。


     ...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:甲州人のひとり言

平和を考える

2009.08.05 15:30  投稿者:ぶどうおばさん

毎年8月になると、8月6日の広島•9日の長崎への原子爆弾投下の悲劇を思い起こし
平和への願いを新たにします。
戦争の悲惨さの極とも言える核爆弾の使用は世界の戦争史上初めて日本で試され甚大な
被害をもたらしました。
戦後64年が経ち、従軍◦空襲◦被ばく等の体験者も高齢になり、弱った体に鞭打ちなが
ら体験を口伝しておられる姿には心痛みます。
”戦争の記憶を風化させないように”という言葉は時折耳にしますが、第二次世界大戦
終結以降戦争が全く止んだわけではない戦後の歴史を考えると、”風化している”と思
える程安全な状況の中にはいないような気がします。


広島•長崎への原爆投下の悲劇は、被ばく者や被爆地にとって苦しい道のりの始まりを
意味したと同時に、世界各国に「これ程の威力の爆弾が存在するのならそれを手にいれ
たい」と思わせた点にあります。

第二次世界大戦後の米ソ冷戦時代には、核開発競争は加速度的にエスカレートし核実験
の回数や規模は悪魔的に増大しました。
   アメリカ  1945年〜2006年   
         ニュ...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:甲州人のひとり言

ちょっと休憩

2009.06.13 21:07  投稿者:ぶどうおばさん

梅雨入りしたのに雨が少なく暑い日が続いています。

プール開きや海開きのニュースが聞かれます。

梅雨の後にやって来る猛暑にバテないように、省エネ•エコの方針で準備をして
おこうと思います。


>>続きを読む


この記事のURL | カテゴリー:甲州人のひとり言

梅雨

2009.06.10 12:20  投稿者:ぶどうおばさん

九州から東海にかけて昨日(9日)梅雨入りして、関東甲信•北陸も今日梅雨入りした、
と気象庁が発表したようです。


一方、四国の松山では4月以来雨が少なく6月に入っても平年の1%しか降水がなく、
地下水の水位が下がり水源のダムの水位も下がっているため、6月12日から夜11時
〜朝6時までの断水を実施せざるを得なくなった、というニュースを読みました。

水の不足は深刻です。
農業にも工業用水や生活用水としても、水は欠かせないものの1つです。
夏の突発的な集中豪雨が去年は頻繁に起きていた記憶をたどると、「水不足」という
言葉は何か現実的に響きません。



現在の世界的な金融危機を著書の中で予言していたというジャック•アタリ氏のインタ
ビュー番組を見ました。
これからの世界には「食料不足」や「水不足」が来るだろう、人類が生き残るためには
博愛•思いやりが大事だと説いておられました。
自国の利益だけ考えていては、例えば現在流行中の新型インフルエンザにしても、自国
で封じ込めたからといって1日で地球の反対側からも感染者がやって来る、安...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:甲州人のひとり言

井の頭公園

2009.03.05 12:56  投稿者:ぶどうおばさん

下北沢の小劇場に公演を観に行く途中、井の頭公園に立ち寄ってみました。
前日東京に降った雪は積もらなかったものの、雨模様の天気。


都市部には、意外とそこここに大きな公園があり、広大な面積が確保されていて、
その緑豊かな自然に驚かされます。井の頭公園もその1つで、三鷹市と武蔵野市に
またがる総面積28万㎡の都立公園です。


井の頭池•井の頭自然文化園の本園(小さな動物園といった感じの)•分園(水生物
園やオシドリ、ツルのいるコーナーがある)が有り、池畔の散策も含め子供も大人
も楽しめる場所になっています。
ジブリ美術館は、自然文化園本園の近くにあります。


ここは恩賜公園で、井の頭池は、初めて江戸にひかれた水道である神田上水の源で
あり「井の頭池」の名は徳川家光が付けたと伝えられているそうです。



池にかぶさるように枝を伸ばしている桜は、まだまだつぼみが固そうで、開花は
3月中旬くらいまでは待たなければならなさそうです。
スワンボートやサイクルボートもボート場につながれたままです。
それでも訪れる人は引きも切らず、公園入口に...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:甲州人のひとり言

大正琴

2009.02.01 20:01  投稿者:ぶどうおばさん

今日は、大正琴の小コンサートを聴きに行きました。

場所は双葉ふれあい文化館。

私にとって大正琴は、古賀政男氏の曲を始めとする歌謡曲を演奏する楽器、というイメージだったのですが、その先入観は見事にひっくり返されました。


大正琴用にアレンジしたという曲は、強弱をつけてドラマチックに奏でられ、
『荒城の月』『アルハンブラ宮殿の思い出』『テネシーワルツ』など、和洋を問わず自在に音が駆け回っている感じでした。

演奏者は、早乙女大正琴の先生お2人と生徒さん達。
楽器は大正琴とギター。


演奏を聴き、
  「大正琴の表現力にはこんな可能性があるんだ!」と、ただ驚かされました。時にロックのように、時にフラメンコのように、時にクラシックのように、時に歌謡曲のように。

トレモロ奏法でくり出される音は、繊細に哀調をおびたり、ダイナミックに自己主張したり。 曲は、この会の先生方がアレンジし創り出し演奏しておられるとの事です。


あたかも、大正琴に対して持たれている既成概念を打ち破ろうとでもするかのように、広いジャンルに渡って演奏して見...


>>続きを読む


コメント(4) | この記事のURL | カテゴリー:甲州人のひとり言

初詣

2009.01.04 21:36  投稿者:ぶどうおばさん

今年の初詣は、去年と同じで川崎大師に行った。   (上の写真は大本堂)

三が日を過ぎているので、人出は多くても人の流れはスムーズだった。

大本堂で、今年の無事を祈る。

川崎大師は、大山門•大本堂•不動堂•八角五重塔•聖徳太子堂などの建物が有り、関東
三本山の1つで『厄除けのお大師さま』と呼ばれ親しまれているお寺だ。
境内には屋台も多く並び、お守りやおみくじを売る場所、お護摩受付所も人であふれ、
にぎやかな正月風景を見せてくれる。
           (2枚目の写真は、大本堂から大山門方向を見た様子)


大師仲見世は、だるま•飴を売る店などが軒を連ね、活気づいている。




帰りに、横浜中華街に寄った。
中国の正月は、まだのようで、こちらの賑わいは、いつも通りということのよう
である。                     (3枚目の写真)


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:甲州人のひとり言

2009年元旦

2009.01.01 19:50  投稿者:ぶどうおばさん

この新しい年が良き年であるようにと、心から願う。



根津記念館で、正月らしい催しに出会わせてもらった。

   大磯の黒松を背に、『赤富士太鼓』の方々の初打ち。(上の写真)

   書家志村雅芳氏の大書書き。 (2枚目の写真)
                 (文字は 響•聲•春と書かれた)

   餅つき  (3枚目の写真)
        (つきたての餅と温かい麦茶を御馳走になった)



今年もよろしくお願い致します。


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:甲州人のひとり言

今年撮ったコレなに?

2008.12.29 19:50  投稿者:ぶどうおばさん

普段あまり目にすることの無いものを、今年写した写真の中から挙げてみようと思う。


上の写真。人工水晶。
      高温高圧下で天然水晶の粉砕片を溶かし、2ミリほどの薄い天然水晶の板
      に付着させ、それを成長させ作ったものとのこと。完成まで40〜200日
      かかる。写真の人工水晶は、横から見ると、厚みの真ん中に細いスジが
      見える。その部分が天然水晶で、あとは人工のもの。ガラスより重い感
      じ。工業用に使われる。   (甲府 クリスタルミュージアムにて)



2枚目の写真。 甘草。
      薬草である甘草は、根の部分を使う。主に甘味料として食品や薬に用いら
      れるとのこと。現在では河原の土手などに自生している種が見られ、百合
      に似た形の橙色の花を咲かせる。 (塩山 甘草屋敷にて)



3枚目の写真。 南極の石。
      昭和基地のまわりに有った岩石とのこと。5〜10億年前、地中でゆっくり
      冷えて固まり、その後地表に現れた変成岩。比較的新しい日...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:甲州人のひとり言

インバウンド観光の本

2008.12.15 21:33  投稿者:ぶどうおばさん

インバウンド講座が始まった初期の頃頂いた
  「地域におけるインバウンド観光マーケティング戦略」研究代表者:溝尾良隆
を、読んだ。斜め読みした箇所もあるが、ほぼ読んだと言える。

専門的な部分は、解らないことも多いが、一番印象に残ったのは、
       インバウンド観光の目標は「顧客満足度の最大化」を通して
       地域への経済波及効果を拡大していくことにある。
という文だった。
外国人観光客の誘致の目的の第1は、日本のその地域が経済的に潤う事ではなく、
満足してもらい日本に好印象を持ってもらうことだ、といった内容の記述は、ところ
どころに出て来る。
      外国人観光客の来日=日本のもうけ   
のような図式を単純に描いていた私にとって、こういう視点は ”目からウロコ” 的
な衝撃だ。

以下の文も印象的な部分だったので、原文をそのまま載せさせて頂く。
(外国人観光客は)
     「目に見えない商品」を購入するが、その商品の中身を確かめることが
     できるのは、実際に旅行目的地を訪問したときでしかない...


>>続きを読む


コメント(2) | この記事のURL | カテゴリー:甲州人のひとり言

県立美術館の庭

2008.09.15 17:55  投稿者:ぶどうおばさん

山梨県立美術館の庭にある彫像を、じっくり見てみた。

彫像は、常にそこに在るし、いつでも見られるからと、まじまじ見た事は
なかった。


まじまじ見て気がついたこと。

ブロンズ製なのに、固まっていなくて、今にも動き出しそう!


彫像のまわりをグルリと一回りしてじっくり見ると、いくつかの方向から
の見え方は、非常に亜シンメトリーで、あやういバランスゆえ次の動きに
移るまでの過渡的一瞬を表しているような感じがする。

もちろん、これらの彫像は、歴史的世界的に巨匠と言われる人々の作品だから、
圧倒的に優れているのだけれど、生き生きと動きを持ってそこに在る事に、今
まで気づかす、もったいないことをしてた。


これからは、美術館を訪れる時は、彫像を1つずつグルリと一周してみることに
しようと思う。



上の写真   ブールデル 『ケンタウロス』
        ヘラクレスが誤って毒矢でケンタウロス(首から下が馬、首
        から上が人間、の半人半獣)を射たため、苦しんでいる。
        その様子を表している。
        瀕死の...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:甲州人のひとり言

身近な草花を愛(め)で

2008.08.31 14:30  投稿者:ぶどうおばさん

花や野菜は、苗を買って来て植えてみると、うまく根付かないものも多い。

上の写真は、自生のミニトマトだ。
去年そこに植えたミニトマトの実から種がこぼれ、芽が出て、いつのまにか1m
以上に成長した。今年そこに市販のトマト苗を初夏に植えたが、枯れてしまって
いた。
やはり、実生のものは、たくましい。放っておいているのに、着実に育っている。



下の写真は、ブルーローズ系のバラだ。
市販のバラをうまく根付かせることが少ない私だが、これはまれなケースで大きく
育った。大輪で、去年は多花だった。これは、その時の写真。

ことしは、花も少なかったし、木に勢いがない。
病◦害虫の消毒をサボっている私の手入れの悪さもあるが、何がよくないのか??
土の改善が必要なのかも!?
バラさーん、教えてくれ〜*


>>続きを読む


コメント(2) | この記事のURL | カテゴリー:甲州人のひとり言

思い込み

2008.08.11 12:03  投稿者:ぶどうおばさん

私だけかも知れないが、どうも物事を、奥行きを考えずに見る傾向が
あるらしい。

10代の頃は、花火が球体だとは考えなかった。 (上の写真)

言われてみれば、当然、四方八方に均等に飛び散るハズだから、球体
なのだろう。


夜空の星座も、平板上でしか考えていなかった。

例えば、オリオン座の四角を構成しているベテルギウス〔左上の星〕は、
地球から500光年の距離にあり、リゲル〔右下の星〕は700光年の
距離だから、オリオン座は1枚の平板の上には無いのだ。 という事を、
中学時代でさえ知らなかった。   (下の写真)

地球から等距離の天のドームに、すべての星が張り付いていると、思って
いたのだ。
本当に無知も甚だしい。

どうも、自分にとって理解しやすい方向に、物事を見る傾向があるらしい。
奥行きのあるモノを、自分に見えている側面だけで判断する傾向が......。


だがもし奥行きを見続けたら、昇仙峡影絵美術館の絵のように、
鏡の中に鏡の世界があり、そのまた鏡には鏡の世界が映り...........と迷路に
まっしぐらだ。

そこまでややこ...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:甲州人のひとり言

▲Page Top