TOP > ブログ一覧 > ぶどうおばさんの山梨見どころ記 > 四季・レジャー

プロフィール

山梨が好きなのに、とっさには山梨の
良さを言えなくて、少々焦る甲府在住
の人間です。
山梨に関する事、甲府に関する事を
調べてレポートしてゆきます。
そうした中で、山梨の魅力を見つけ伝
える事が出来れば、と、考えています。
 ジャンルは? ....いろいろデス☆


     

ブログ内検索

カレンダー

<< 201704  
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

東光寺バラ園の薔薇

2015.05.11 21:01  投稿者:ぶどうおばさん

東光寺バラ園は旧TDK跡地にあるばら園です。

甲府TDK(株)が育成・管理していたばら園ですが、平成13年に会社は移転しさら地になりました。フェンスに這わせた見事なばらは残り、平成14年からは県が造園業者に管理を委託し以後バラ園のばらは毎年きれいな花を咲かせています。
約70種のばらが200本以上あるそうで、フェンスや棚に這わせているツル性のばらが多いようです。
見頃は今月上旬~中旬だそうで現在は満開を少し過ぎた状態ですが、もう少しの間はフェンス一杯の花のじゅうたんとばらの甘い香りを楽しめそうです。


   (1枚目の写真 東光寺バラ園
             フェンス一杯に広がって伸びているバラの遠景)
   (2枚目の写真 フェンスのばら)
   (3枚目の写真 中輪のばら
             色も豊富で大輪・多花など様々な種類があります)

                 2015年5月9日撮影


>>続きを読む


この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

上海 街歩き・続篇

2015.04.30 08:37  投稿者:ぶどうおばさん

上海についてもう少し紹介させて頂きたいと思います。

   (1枚目の写真 バンドの夜景
             ナイトクルーズもあります)
   (2枚目の写真 オープントップバスからの街並み) 
   (3枚目の写真 静安寺
             背景に近代的な高層ビルが林立)

                 2015年4月24~26日撮影 


>>続きを読む


この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

上海 街歩き

2015.04.30 07:52  投稿者:ぶどうおばさん

4月下旬、上海に行って来ました。

人口2400万人(東京の2倍の人口)が住む上海は、長江の支流が東シナ海に流れ込む平坦な場所に位置する中国最大の都市です。
100階建ての超高層ビルもある金融・ホテル・商業施設が並ぶ外灘(バンド)、明代の庭園と土産物や飲食店の集まる豫園商域、90年程前の旧フランス租界を再現した新天地など異なった趣きの場所がいっぱいです。


ヨーロッパからの観光客が多いらしくフランス語・ドイツ語・オランダ語など聞こえる一方アメリカ英語はほとんど耳にしませんでした。インドからの観光客や中国の内陸各地からの観光客も多いと聞きます。
日本人は観光客よりビジネスマンを多く見かけました。訪れた上海環球金融中心(ワールドフィナンシャルセンター)は森ビルグループが建てたものだそうで、経済面技術面での日本の進出は目覚ましいものがあるようです。


PM2.5の濃度は北京に比べかなり低く、訪れた3日間は快晴だったこともあり青空が見えました。バンドの高層ビル群を対岸から臨むと薄茶色に霞んで見える時間もありまし...


>>続きを読む


この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

温泉街の桜

2015.04.02 18:57  投稿者:ぶどうおばさん

笛吹市の、ホテル・旅館が集まる石和温泉街の桜並木が満開です。用水路沿いに咲き誇り、風にハラハラと散った花びらが川面を流れて行く様子も風情があります。

  (1、2枚目の写真 奥には石和温泉街が広がる)
  (3枚目の写真 川沿いの桜)

            2015年4月2日撮影


>>続きを読む


この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

甲府城跡の桜

2015.04.02 18:11  投稿者:ぶどうおばさん

甲府盆地の桜は満開です。
甲府城跡(舞鶴城公園)にある桜も満開です。140本のソメイヨシノが今を盛りと咲いています。

この舞鶴城公園は明日(3日)~5日に開かれる第44回信玄公祭りの会場のひとつになっています。
   3日     湖衣姫役を決める「湖衣姫コンテスト」
   3~5日  県産品展示即売や飲食コーナーのある「賑い城下町」
   4日     風林火山パフォーマンスコンテスト
          「甲州軍団出陣式」・「帰陣式」
が行われる予定です。

今年は甲州軍団の隊列が平和通りの東側と西側の両車線を進軍するとの事なので多くの見物客が武将達を間近で見られることになりそうです。


  (1枚目の写真 稲荷櫓と枝垂れ桜)
  (2枚目の写真 稲荷門付近)
  (3枚目の写真 天守曲輪南側の石垣付近のソメイヨシノ)

             2015年4月2日撮影


>>続きを読む


この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

台北街歩き

2014.04.23 17:31  投稿者:ぶどうおばさん

市内の天后宮というところの祀りに偶然出合いました。大音響の太鼓と御囃子に合わせて龍が練り歩いたり3メートルほどの人型の人形が右に左に歩いたり紅白の獅子舞が踊ったりとカラフルで賑々しい行列を人々は通りに出て見守ります。
最後は宮の御本尊が宮に帰り着いて御囃子は祈りの声に変わりました。


龍山寺は老若男女の祈りの場で読経の声は途絶えることなく聞こえます。


西門町は若者の街で、原宿・渋谷のような街とのことなので訪れてみました。
MRTの西門駅を出ると古い赤レンガの八角形の建物が目につきます。西門紅楼と呼ばれる1908年に建てられた市場でこの建物付近には多くの路地が集中していてそれらの路地は店舗や屋台が密集しています。庶民的で雑然とした感じの通りや駅付近は確かに高校生や大学生はじめ若者でいっぱいです。通りには老舗の店もあれば若者の最新の流行を取り入れた一坪ほどの服飾店もあり雑多な雰囲気のなか衣・食の生活品はここで間に合いそうだと感じます。服飾の店の集まる通り・食事処の集まる通りなどあり、食事は安くて美味し...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

台湾街歩き・淡水

2014.04.23 16:39  投稿者:ぶどうおばさん

台湾ツアーに行って来ました。今回は一日観光等のコースには加わらず自由に歩いてみることにしました。


台北からMRTで40分の淡水は港町です。駅周辺には淡水河畔や淡水老街があり開放的で庶民的な雰囲気の中、屋台や店舗が軒を並べB級グルメや雑貨めぐりが楽しめます。映画やドラマのロケ地にもなっているようです。


海を一望する山の上には紅毛城という赤レンガの洋風建築があります。
台湾の歴史は幾度となく外国によって占領された歴史であり各地に統治時代の古跡が残されています。
紅毛城は17世紀に台湾北部を統治したスペイン人が1628年に建てた城が前身となりました。後にオランダ人が支配し(「紅毛」とは地元の人がオランダ人を呼んだ言葉)、1662年には鄭氏政権がオランダを駆逐し清朝に帰属、19世紀には英仏に敗れイギリスの領事館が置かれ、戦後オーストラリア大使館・アメリカ大使館が管理し1980年に台湾政府に返還されたという激動の歴史を経験してきました。
建物内部は、瀟洒な家具や調度品が置かれている部屋や牢獄として使われた狭...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

甲府鳥もつ煮パンフ 現在

2013.12.13 18:57  投稿者:ぶどうおばさん

2010年に「Bー1グランプリ」で甲府鳥もつ煮が優勝してまもなく、甲府鳥もつ煮を提供する店を案内するパンフレットが作成されました。

 甲府鳥もつ煮 [提供店]
 甲府鳥もつ煮 [中心市街地版]   の2種類です。

[中心市街地版]は基本的には変わっていませんが、[提供店]は少し前から現在のものに変わっているようです。2年程前に甲府駅前に出店した「奥藤本店 甲府駅前店」も載っています。
認定の文字を○で囲んだ印が付いている店は、みなさまの縁をとりもつ隊が認定した提供店を表しています。

 ※営業日・営業時間につきましては、お手数でもお店にご確認ください。

という文言も付記されています。

 (1枚目の写真 パンフレット2種)
 (2枚目の写真 [提供店]パンフレットの内容)
 (3枚目の写真 [中心市街地版]の甲府鳥もつ煮マップ)


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

県立美術館の晩秋

2013.11.29 17:07  投稿者:ぶどうおばさん

甲府盆地の紅葉は平地に達していてイチョウ並木やケヤキ並木は風に葉が舞い散り、本格的な冬の訪れを感じさせます。


県立美術館・文学館が在る芸術の森公園も紅葉が終盤に近付いています。


  (1枚目の写真 文学館を囲む和風庭園)
  (2枚目の写真 文学館脇の小径)
  (3枚目の写真 美術館と文学館の間の丘から臨む富士山)
            2013年11月29日撮影


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

樹齢七百年の桜

2013.11.01 22:02  投稿者:ぶどうおばさん

甲州市の雲峰寺に樹齢約七百年の桜があります。
「峰のサクラ」として親しまれているエドヒガンザクラで、根回り5.3メートル、目通り幹囲り5メートル、樹高21.5メートルの巨木です。

武田信玄も見たであろう薄紅色の花は山深いこの寺で咲き続け、今も毎年咲いているそうです。


甲州市では慈雲寺のしだれ桜も見事ですが、こちらの古樹に咲く桜も観てみたいものです。

    (写真は全て 雲峰寺の「峰のサクラ」)
                 2013年10月27日撮影

 ※慈雲寺の桜については、少し古い記事になりますが
      2009年3月29日付 「山梨の桜・甲州市」を御参照下さい


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

ゆるキャラ

2013.11.01 21:08  投稿者:ぶどうおばさん

”くまモン”や”ふなっしー”など、ゆるキャラやゆるキャラらしからぬ過激な動きと喋りのキャラ等、地域のイメージキャラクターが大人気の昨今です。


山梨県の県民文化祭のマスコットキャラクターであった”カルチャくん”は富士の国やまなし国民文化祭のマスコットキャラクターにもなって十か月間活躍してくれました。富士山をかたどったその姿はぬいぐるみにしたものも可愛いらしいです。


韮崎市のイメージキャラクターの”ニーラ”は、夢をかなえる不思議なカエルだそうです。サッカーの町らしくサッカーボールを持っています。着ぐるみバージョンのほうがソフトな雰囲気です。


甲州市には”モモン”ちゃんと”ブード”くんがいます。桃とぶどうの色かたちです。市役所を訪れる人を出迎えてくれます。

  (1枚目の写真 カルチャくん)
  (2枚目の写真 ニーラ)
  (3枚目の写真 モモンちゃん  ブードくん)
            2013年10月撮影


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

台北 街歩き

2013.05.17 19:34  投稿者:ぶどうおばさん

5月なかば、台湾台北に行って来ました。

円安の影響で日本からの観光客は減少しているかと思い現地ガイドさんに聞くと、それ程ではないとの返事でした。確かに一万円を両替して手にする元(げん)は去年より少額ですが、それなりの楽しみ方が出来るからでしょうか日本人をそこかしこで見かけます。



龍山寺を訪れると、人々の信仰の熱さにいつも圧倒されます。読経は絶えることなく響き、供えられる線香の煙でどの場面を撮った写真もかすんで写ります。ここはスピリチュアルなパワーというか特別な力を感じさせる場所で、国籍や民族の違いを越えて訴えかけてくるものを持っているようです。


台北101の5階展望台入口広場に、東京スカイツリーのマスコットキャラクターが来ていました。東京スカイツリーと台北101の、台日の観光促進のための友好関係の締結式というのがまさに行われていて、テレビカメラも数台取材をしていました。 2020年のオリンピック大会でレスリング競技が除外される懸念が高くなってから日本ではロビー活動の重要性がクローズアップされて...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

美術館の秋

2012.11.16 13:26  投稿者:ぶどうおばさん

甲府市内の平地の紅葉は見頃を過ぎた感があります。
県立美術館の在る”芸術の森公園”にはケヤキやカエデなどが有り、小さな秋を楽しめます。
撮影は6日前なので現在は落葉が多いと思われますが、ミレーを観た後でそぞろ歩くのも風情ある秋の時間の過ごし方かも知れません。


   (1枚目の写真 丘と佐藤正明氏作の「ビッグ・アップル」
            木々の間に富士山が臨めます)
   (2枚目の写真 美術館寄りの庭)
   (3枚目の写真 ヘンリ・ムーア作のブロンズ像と後方は県立文学館)
             2012年11月10日撮影


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

彼岸花

2012.10.04 18:48  投稿者:ぶどうおばさん

ヒガンバナは曼珠沙華(まんじゅしゃげ)とも呼ばれるユリ科の植物です。秋の彼岸頃に開花するため彼岸花という名がついたようです。開花期には葉は無く、葉は花の終了後に出ます。ヒガンバナは中国から帰化した植物で稲作と共に球根が混入して持ち込まれたようです。
ネズミやモグラや虫など田を荒らす小動物は有毒なヒガンバナを忌避するので、田んぼの畔や土手に植えられました。


彼岸=あの世 を意味する名前のためかその有毒さのためか、野に群生していても花を摘む人はいません。赤い色をめでたい兆しととる見方もあると聞きますが、欧米では赤の他白やピンクも園芸品種として開発されているようです。


国内の群生地として有名なのは埼玉県の巾着田で、200万本のヒガンバナがあるそうです。


  (1,2枚目の写真  彼岸花
              甲府市荒川の土手付近にて)
                2012年10月4日撮影
  (3枚目の写真  西八代郡市川三郷町にて)
                2011年10月撮影


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

とりもつ煮貴石細工

2011.06.27 20:22  投稿者:ぶどうおばさん

甲府駅北口ペディストリアンデッキにつながる待ち合わせ広場に”宝石のまち甲府”
をアピールするショーケースがあります。今は照明を節電している球体の水晶モニュ
メントの隣りです。そこに4月から加わったのが貴石で作られた「甲府とりもつ煮」
です。


制作者のマルヤマ宝飾製作が昨年、県宝石研磨工業協同組合主催の「宝石研磨石創作
デザインコンテスト」で甲府市長賞を受賞したこの作品を今年の3月に甲府市に寄贈
されたのだそうです。

直径10センチ程の器の中にとりもつ煮が入っていて箸と薬味入れが付いています。
とりもつ煮はきんかんが黄めのう、他部分はジャスパー•オニキスで作られていて、
その丸みを帯びたとりもつ煮の形状からは柔らかな質感が想像され石でできている事
を忘れてしまいそうです。この「甲府とりもつ煮」は全部で60万円相当だそうです。




昨年の『B−1グランプリ』で最高賞に輝いた甲府鳥もつ煮にちなんだものが、また
ひとつ甲府駅に増えました。


  (1枚目の写真 貴石でつくられた甲府とりもつ煮 
            甲府駅北口...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

鳥もつ煮コーンスナック

2011.02.16 20:13  投稿者:ぶどうおばさん

鳥もつ煮味の食品は続々と出てきています。
今日は『甲府鳥もつ煮味コーンスナック』をデパ地下で見ました。


袋には「みなさまの縁をとりもつ隊」の文字の入った ”甲府鳥もつ煮のぼり” や
公式キャラクターの「とりもっちゃん」「えん丸くん」が描かれています。この
商品は「みなさまの縁をとりもつ隊」公認のスナックのようです。


味は甘くて濃い醤油ダレ味で鳥もつ煮の味がかなり忠実に再現されているように
思います。今日は100円で販売されていましたが美味しいし安いと思いました。

   (写真は 甲府鳥もつ煮味コーンスナック)
            2011年2月16日撮影


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

不老園の梅•続篇

2011.02.04 22:11  投稿者:ぶどうおばさん

不老園の梅についてもう少し紹介しようと思います。

   (1枚目の写真 寒紅梅)
   (2枚目の写真 散策路の冬至梅ほか)
   (3枚目の写真 扇流し)
       2011年2月4日撮影


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

不老園の梅

2011.02.04 21:17  投稿者:ぶどうおばさん

JR酒折駅北側の山の斜面にある梅の名所「不老園」が開園しています。
今年は開花が1週間程早い、と新聞で読んだので立春の今日訪れてみました。



園内は、まだ蕾だけの梅の木も多く全体では1〜2分咲きといった印象ですが早咲きの
梅は6〜7分咲いています。寒紅梅の赤、冬至梅•開運梅•甲州野梅の白、扇流し•日月
しだれの薄ピンク。花びらは時折吹く風にそよぎ、ほのかな梅花の香りを漂わせます。

こちらの梅園は市内の呉服商奥村氏が全国を歩き苗を集め植え明治30年に開園された
とのことなので、園内の梅の木は直径15㎝程のものも多く苔むした太い主幹と可憐な
梅花の対比もまた趣きがあります。

菅原道真公を祀る北野天満宮より分霊したという『梅天神』の脇にある日月しだれは樹
丈5m程の薄ピンクのしだれ梅で、今日の時点では4輪ほどの花が見えました。満開時
はさぞ美しく迫力があることでしょう。



「不老園」は山の斜面を切り崩した5万平方メートルの場所に20種類3200本の
梅•桜•南天•つつじ等を植えてあるそうです。山の西側には”不老の門を入り...


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

甲府駅土産物店拡張

2010.12.15 19:10  投稿者:ぶどうおばさん

甲府駅の改札横に県産品を売る店舗がオープンしています。
5日前は入口が花で飾られていたので最近のオープンと思われます。

以前はベーカリーだった場所に山梨県の特産品(信玄餅•月のしずく•ほうとう•あわび•
富士山やぶどうやもも関係の和洋菓子•鳥もつ煮等の食品、水晶の装飾品、印伝のバッグ
や財布)売り場ができています。
これまでは同じくエクラン(駅ビル)2階でも階段付近の店で売られていた品々が改札
脇の店に移動したので、観光客にとっても通路から土産品が見え易くまた急いでいる時
でも立ち寄り易くなったのではないかと思います。

階段付近に元々在った土産品コーナーはワイン専門のコーナーになっています。

エクランは現在いろいろな箇所のリニューアル工事をしていますが駅改札口付近のこの
リニューアルは土産品をワインコーナーとそれ以外の物産コーナーに分けて売り場面積
も広くなっているので品数も多くなり見易く探し易くなったように思います。

  (1,2枚目の写真 甲府駅改札脇にオープンした土産品店
             県特産の...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

キノコに注意

2010.10.19 20:52  投稿者:ぶどうおばさん

連日のように毒キノコによる食中毒事件が報道されています。


今年は夏の猛暑の影響で、夏に出るはずだった夏のキノコが秋のこの時期秋
のキノコに混じって発生しているため何というキノコか見分けにくい事や、
毒キノコが栄養状態が良いため食用キノコと区別するのが難しい形状になっ
ている事等が誤って食される原因のようです。


先日近くの公民館でキノコを展示していました。
山野に自生している食用キノコの種類が多いことにも驚きましたが毒キノコ
が多種あることにも驚きました。

山で採取するなら、ぜひ専門家の意見を聞いて確かめてから食するのが良さ
そうです。


   (1、2の写真 展示されていたキノコ
            赤字で書かれた名前は毒キノコのようです)
                        2010年10月17日撮影


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

新緑 万葉の森•続篇

2010.05.03 20:34  投稿者:ぶどうおばさん

万葉の森をもう少し紹介したいと思います。

   (1枚目の写真 小川わきの山吹)
   (2枚目の写真 あせびが群生する一画
            植物の種類名と万葉集での歌が表示板に書かれています)
   (3枚目の写真 散策路にはところどころにベンチもあります) 

         2010年5月3日撮影


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

新緑 万葉の森

2010.05.03 19:59  投稿者:ぶどうおばさん

山梨市駅から徒歩5分の所にある万力公園には、フラミンゴやシカなどの動物が
見られる広場, ピクニックや憩いのための広場の他に ”万葉の森” があります。
万葉集で詠われている植物が遊歩道に沿って植えられている広い散策区域です。


万葉の森には、春のみち•夏のみち•秋のみちがあります。
春のみちは、桜◦卯の花◦山吹◦梅◦あせび(あしび)◦紫陽花などが見られます。
五月晴れの今日は桜はすでに終り、あせびや紫陽花もまだと言ったところですが
柔らかい新緑のきみどりは目にまぶしいほどで、高い枝からの木漏れ日が風で揺
れる様は何ともすがすがしく生命感にあふれています。


  (写真は全て万葉の森にて
         小川もあり夏には蛍鑑賞会も開催されています)

       2010年5月3日撮影


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

新緑窪八幡神社

2010.05.03 19:36  投稿者:ぶどうおばさん

新緑に包まれた大井俣窪八幡神社(おおいまたくぼはちまんじんじゃ)を訪れて
みました。山梨市北という地域にあるこの神社は、地元の人からは”やわた神社”
と呼ばれるようです。


大井俣窪八幡神社の由来は今年1月に訪れた時のブログで紹介したので今回は省き
写真だけ紹介させて頂きます。

   (1枚目の写真 窪八幡神社拝殿)
   (2枚目の写真 窪八幡神社本殿)
   (3枚目の写真 窪八幡神社鐘楼)
 
      2010年5月3日撮影


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

道の駅なるさわ

2010.04.25 21:37  投稿者:ぶどうおばさん

今日のツアーの行程に道の駅なるさわが入っていました。
ここからの富士山も抜群です。

  (1枚目の写真 道の駅なるさわ展望台からの富士山)
  (2、3枚目の写真 道の駅なるさわのミツバツツジ)
           

      2010年4月25日撮影


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

富士芝桜まつり

2010.04.25 21:02  投稿者:ぶどうおばさん

富士本栖湖リゾートで行われている”富士芝桜まつり”会場は晴天のせいかたくさんの
人が訪れていました。 残念ながら芝桜は1分咲きといったところで、落胆する来訪者
に配慮して主催者側は現在無料で会場を開放しているとの事です。


幸い今日は富士山がくっきりと美しく見え陽射しも暖かく行楽には最適でした。
このような富士山を背景に芝桜が満開になる時はどんなにか迫力のある美しい景色に
なる事だろうと想像しました。

     (写真は全て”富士芝桜まつり”会場
          約70万株の芝桜があるということです。葉が灰色がかっている
          場所にはピンクの花、黄緑がかっている場所には白の花をつける
          種類が植えられています。はっきりしたピンクの箇所は開花して
          いる所です)

               2010年4月25日撮影


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

花めぐり観光バス

2010.04.25 20:08  投稿者:ぶどうおばさん

「富士五湖花めぐり観光バス」に乗ってみました。
これは富士急行が企画実施している期間限定の花見学ツアーです。

4/24•25•29と5/1〜5/5 は 
  『桜色に染まる富士山麓コース』
      富士桜•ミツバツツジ散策、富士芝桜まつり会場、道の駅なるさわ
5/8•9•15•16•22•23 は
  『富嶽百景と芝桜満喫コース』
      富士ビジターセンター、富士芝桜まつり会場、道の駅朝霧高原
5/29•30と6/5•6•12•13•19•20 は
  『名水忍野八海と花咲く花の都公園コース』
      山中湖花の都公園、忍野八海、道の駅ふじよしだ
6/26•27と7/3•4•10•11 は
  『ラベンダー香る河口湖花三昧コース』
      河口湖ハーブフェスティバル2会場、西湖いやしの里、カチカチ山
      ロープウェー


今日は『桜色に染まる富士山麓コース』に乗りました。
バスは石和温泉駅発着で6時間半程で各地を巡ります(河口湖で乗降する場合
は4時間半)。 料金はどのコースも3400円です。


今日は...


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

新緑そろそろ芸術の森公園

2010.04.21 20:52  投稿者:ぶどうおばさん

山やまの木々が芽吹き遠目にも盛り上がって見えるこの頃、甲府市内にも新緑を
楽しめる場所がいくつかありそうです。
その一つが「芸術の森公園」です。
「芸術の森公園」と言ってもその名称はあまり浸透していないようなので「県立
美術館と県立文学館の在る所」と言うほうが分かり易いかも知れません。



県立美術館はミレー館が開設されてから来場者数が好調のようです。
現在の特別展は『愛のヴィクトリアン•ジュエリー展』(4/10〜6/6)が開催
されています。
県立文学館は2月から「飯田蛇笏•飯田龍太記念室」を開設し、太宰治◦芥川龍之介
◦樋口一葉のコーナーと共に充実した常設展を見られるということです。



美術館•文学館のある敷地には彫刻が点在し芝生の広場やバラ園があり、北側には
咲き始めたスズランの群生や東側には5〜6月に開花する菖蒲園もあり、これから
の季節花が楽しめそうです。
  
   (1枚目の写真 県立文学館の池)
   (2枚目の写真 県立美術館のレストラン、アート•アーカイブス)
   (3枚目の写真 美術館寄りの庭)
   ...


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

おもてなしin機内

2010.04.09 21:08  投稿者:ぶどうおばさん

4月5日〜7日に韓国ツアーに行って来ました。

先頃のニュースで、4月1日から全日空の機内での飲み物が水と日本茶以外は有料に
なった、と伝えていたので日本航空はどうかと興味津々で飛行機に乗りました。

韓国までは2時間〜2時間半の所要時間ですが機内で出されるドリンクや軽食は常に
楽しみなものです。ジュースやコーヒー等の飲み物や食事に関しては当然無料という
認識が有って、これらが有料になるのなら飲食するのを我慢してしまおうか、と思い
は複雑です。
幸い日本航空の機内ではドリンク類はジュース•コーヒー•ビール•ワインに至るまで
無料、軽食として出された和風のお弁当も無料でサービスされ、ホッと安堵しくつろ
いで目的地に着くことが出来ました。


全日空の飲み物有料化は、国内線エコノミークラスにおいてだそうですが、国際線に
拡充されるのも時間の問題だという見方もあるようです。
有料で供される飲み物は例えばオニオングラタンスープ500円、オレンジジュース
500円等だそうです。
全日空はジュースやスープを充実させ選択の幅を広げ有名専...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

石和温泉の日

2010.01.30 22:22  投稿者:ぶどうおばさん

石和温泉観光協会は1(い)3(さ)0(わ)にちなみ1月30日を「いさわ温泉の
日」と定めたそうで、今日その1回目のイベントが開催されました。
場所はいさわ温泉観光の駅「石和源泉足湯ひろば」です。

イベントの内容は
  •源泉料理ーー 温泉たまご、温泉ほうとう(温泉でゆでたほうとう)
  •山梨グルメーー富士桜ポーク、地元産日本酒やワイン、甲府鳥もつ煮、オリジ
          ナルスィーツ、他には干しぶどう入りぶどう餅の無料配布
  •スタンプラリー
  •石和芸妓衆やコンパニオン団体協議会による舞踊やお囃子、獅子舞、三味線
    などのパフォーマンス                   でした。


石和温泉郷は近年不景気の影響で宿泊客が減少しているとのことで、来年が温泉湧出
50周年にあたるので「原点に帰って温泉の素晴らしさを伝えよう」と今回企画した
のだそうです。

訪れている人々は観光客というより近隣の家族連れが多く、観光客増加に直結するかは
疑問のように思いますが石和温泉に親し...


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

七福神ツアー

2010.01.30 21:37  投稿者:ぶどうおばさん

(社)やまなし観光推進機構が管轄する「やまなし旅センター」が販売しているツアー
の中に『石和七福神まいりと甲州ワインワイナリー巡り』があります。


コースは2つあり、午前がAコース、午後がBコースです。
所要時間は2時間半〜3時間で料金は各2000円。
 Aコース
  遠妙寺(大黒天)→恵法寺(毘沙門天)→大蔵経寺(寿老尊)→シャトー酒折
  ワイナリー 
 Bコース
  常徳寺(恵比寿神)→常在寺(布袋尊)→蓮朝寺(弁財天)→佛陀禅寺(福禄
  寿尊)→モンデ酒造


A•B両コースを廻ると七福神全部を見られ、ワイナリーではスタッフの案内付きだ
そうです。このツアーに興味は有ったのですが石造りの七福神が近年作成のものの
ように見えて未だ参加はしませんでした。今日偶然七福神の一つ大黒天がある遠妙寺
を訪れました。甲斐百八札所の一つで日蓮上人が弟子と共に1274年に草庵を結んだ
のが始まりとされる日蓮宗の寺です。
笛吹川の鵜飼の祖•鵜飼勘作(うかいかんさく)の供養の寺として知られ石和温泉の
夏の風物詩である鵜飼は鵜飼勘作の伝説...


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

甲府城趾晩秋

2009.11.15 16:17  投稿者:ぶどうおばさん

甲府盆地は時々木枯らしが吹いて、秋の終盤を感じさせます。
甲府城趾を歩いてみました。
ここは樹木の数が少ないのと落葉樹も少ないのとで、紅葉はあまり見られないのです
が、晩秋の今日の様子です。
観光客の数はまばらのようです。


     (1枚目の写真 天守台)
     (2枚目の写真 稲荷櫓)
            2009年11月15日撮影


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

甲府駅内のショーウィンドウ

2009.11.15 15:29  投稿者:ぶどうおばさん

甲府駅の改札を入った右手にガラスのショーケースがあり、山梨県の特産品が展示
されています。甲府駅で乗降する人々に”山梨県の顔”として見せている品々です。

普段は素通りするのですが、今日見ると「武田信にゃん」というキャラクターのグッズ
が並んでいました。2頭身の白い猫がかぶとをかぶり風林火山の軍旗を持っています。
武将を動物に見立てた、どちらかと言うと《ゆるキャラ》の愛らしい姿です。これは某
土産品企画卸会社が2009年1月から山梨県限定で売り出したもののようです。
「彦にゃん」を連想させる?   辛口の意見も有るようですが。
「武田信にゃん」のグッズは何種類か置いてあります。


他の展示品は、ワイン•日本酒•ビール•信玄餅•ほうとう•宝飾品などがあります


    (1枚目の写真 「武田信にゃん」グッズ)
    (2枚目の写真 笹一酒造◦七賢の日本酒、笹子餅、桔梗屋の信玄餅、
            ほうとう)
    (3枚目の写真 富士観光開発の富士桜高原麦酒、マンズワインのワイン)
             ...


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

富士山検定

2009.09.29 20:18  投稿者:ぶどうおばさん

ちかごろ世の中は検定ブームのようです。
学術的なものから日常生活に直結して役立つものまで種々あります。そのひとつに
「富士山検定」があります。


富士山検定とは
  日本の象徴である「富士山」。その地質、気象、歴史、環境などあらゆる側面から
  「富士山」に関する知識や理解度を試験形式で検定します。全国の人々が富士山に
  ついて考え、再認識する機会を提供することで、現在推進中の富士山の世界文化遺
  産登録に向けた運動を支援します。         というものだそうです。



3級は新聞の紙面に載る問題に解答し答案を郵送するという形態で受検します。
山梨日日新聞•静岡新聞に今年の6月〜7月に3回にわたり掲載された富士山に関する
質問の2回分(50問)に答え35問以上正解なら3級合格となります。



私もチャレンジしてみました。
第1回と第2回の問題をやりました。なかなか難問ぞろいです。
例えば、

 観光地を星印で格付けするミシュランの観光版ガイドブック日本編で富士山は最高
 ランクの3つ星を受けた。このガイドブックの名称は?
...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

秋の訪れ

2009.09.06 22:27  

朝晩が涼しくなり空が高く澄んで秋らしい気候になってきました。

街路樹を見上げると、イチョウの木にギンナンがたわわについて、少し色付き始めて
います。

夜空の月も冴え冴えとした色を帯びて輝くようになりました。
今年の中秋の名月(十五夜)は10月3日だそうで、十三夜は10月30日とのことです。
来年の十五夜は9/22(水)だそうなので年によって異なるため個人的には毎年暦で
探してしまいます。
満月と暦の上での中秋の名月には1〜2日のずれがあるそうで、そういえば完璧な丸
ではなかったような記憶が.......。

秋には秋だからこそ出会える事柄•見られる状景をさがしてみようと思います。

            (写真は甲府市内の街路樹のイチョウ)
                        2009年9月6日撮影


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

昇仙峡馬車•考

2009.08.24 20:52  投稿者:ぶどうおばさん

昇仙峡入口から仙娥滝に行く途中まで、渓谷に沿う道を往来する「昇仙峡遊覧馬車(
昇仙峡トテ馬車)」があります。


天神森ーー仙娥滝間の約4kmの遊歩道のうち天神森〜能泉の片道約40分の行程を進む
幌付きの観光馬車です。能泉から先の約1kmは歩いて仙娥滝に行くことになります。
この馬車の運行は、4月〜12月中旬
         片道1000円
         1台15名乗りですが、6人以上で出発するので定時発車ではあり
         ません



「昇仙峡」というと「トテ馬車に揺られて渓谷見学」を連想する人も多いようで、馬車
に乗らずとも遊歩道の途中ですれ違ったトテ馬車のどこか郷愁を感じさせる風情は記憶
に残るようです。


馬は生き物なので、冬の雪の時期も夏場の猛暑の際も1年中世話をしている方は大変な
苦労をされていると思います。頑丈な体躯、太い足、手入れされた毛並み、この馬は昇
仙峡のシンボルとして親しまれているようです。
一方で、舗装道路の上り坂をパッカパッカと15人乗りの台車を引いて一頭の馬が懸命に
進む姿には、眉を...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

観光の情報発信

2009.08.21 12:49  投稿者:ぶどうおばさん

県民情報プラザが7月末に閉館され「甲斐の国 風林火山博」や「風林火山なるほど時
代館」のような、”これが山梨、甲斐の国です”を見せるイベントが開催される場所は
甲府駅周辺には無くなりました。県内各地に点在している観光施設が個々にイベントを
開催する、という状況になっています。
県民情報プラザ1階にあった「社団法人 やまなし観光推進機構」は県庁西別館に移転
しました。インターネット上の「富士の国やまなし観光ネット」を管理運営しておられ
るのは、やまなし観光推進機構なので、山梨の観光に関する情報発信の拠点は現在ここ
に在ると言えるようです。

ネット上で情報を発信したり、パンフレットをフロアーに並べたりするためのスペース
は、それ程広くなくても稼働可能だろうと思います。
一方で、イベント的な展示などを開催する場所は、ある程度の規模が必要になります。




甲府駅の北口は、現在整備事業の真っ最中です。
そこには、北口駅前広場•NHK甲府放送局•甲府地方合同庁舎•藤村記念館•県立図書館•
情報発信拠点等が建設されると当初発表され...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

”魔法の凍結技術”のニュース

2009.08.13 14:03  投稿者:ぶどうおばさん

ブログを拝見していると「桃の保存」の記事(1年前に私が書かせて頂いた)を読んで
くださる方が多いようなので、ここでこの1年間の科学技術の進歩と成果についての
情報を、つけ加えさせて頂きたいと思います。


今年くらいから『CAS』技術という超急速凍結技術が新聞やテレビでクローズアップ
されているのをよく見かけます。(2006年にはすでにTV放映されていたそうですが)



『CAS』(Cells Alive System)はセル•アライブ•システムのことで、
    細胞(Cell)が生きている(Alive)システム(System)  だそうです。
細胞膜を破壊する事なく瞬間凍結するため、解凍した時には限りなく生に近い新鮮さが
戻る技術とのことです。
従来の冷凍技術は、食品の外側から序々に冷凍するので細胞膜が壊れ、うま味や水分が
抜け出したり、タンパク質が変質するなどの”冷凍焼け”が起きたりして食味も風味も
落ちていました。



この『CAS』技術は、
  水分子を拡散させながら全体の温度を均一に下げ、過冷...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

県民情報プラザ閉館 その後

2009.08.12 14:31  投稿者:ぶどうおばさん

県民情報プラザは、今年(平成21年)7月31日をもち閉館されています。


今年4月に県内の3つの観光関連組織が統合して発足した「やまなし観光推進機構」の
事務所は、この県民情報プラザの1階にありましたが、8月1日に移転されています。


「やまなし観光推進機構」は「富士の国やまなし観光ネット」のHPの『こだわり山梨』
というサイトで”やまなし旅センター”として県内のお薦めツアーを企画販売していま
すが、こちらはネット上なので変わりはないようです。


事務所の移転先は100mほど北にあるビル(県庁西別館)の1階です。
これまで振興事業部と販売促進部が別々の場所にあったものが一カ所にまとまり、
  「機構が能力全開の態勢となりました」
            やまなし観光推進機構オフィシャルブログ より
とのことです。


今後とも山梨の観光事業の発展に中心的役割を果たされて行く事を期待しています。

    (1枚目の写真 閉館している情報プラザビル
              平成21年8月9日撮影)
    (2枚目の写真 閉...


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(2) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

「着地型旅行」周知の課題

2009.07.13 21:26  投稿者:ぶどうおばさん

やまなし観光推進機構が発足し6月からインターネット上でツアーを販売し始めてから
1ヶ月が経過した頃、
  着地型旅行に対するニーズが高くなっているとは言えサイト(「こだわり山梨」)
  を閲覧する回数が「富士の国やまなし観光ネット」の1割程度と少なく、販売され
  たツアーは21件、実施されたツアーは12件であり、このサイトや着地型旅行と
  いう言葉を浸透させる事が大きな課題となっている、
という旨の記事が7月5日の新聞(山梨日日新聞)に掲載されていました。


また、その後の記事で
  やまなし観光推進機構は都内などのランドオペレーター(外国の旅行会社から観光
  客のための宿泊先や訪問先の手配を任される人々)を招き1泊2日の名所巡りツア
  ーを行い    7月9日 北杜市のフラワーセンター•ハイジの村
               清里でトレッキング
           10日 笛吹き市で桃狩り          
  等をPRし石和での商談会では県内のホテル◦旅館◦観光施設が自社を売り込んだ、
という内容を...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

雲間にやっと富士の姿

2009.07.12 21:13  投稿者:ぶどうおばさん

ここひと月ほどで3回富士山付近に行っているのですが、富士山の姿を見られずに
いました。今日は、わずかに一部分を見る事が出来ました。
梅雨の時期のため、雲の隙間から時々かいま見える頂上。



富士山は他の山とは異なり、私達が「富士山」(ふじさん)と呼ぶ時の「さん」は
「佐藤さん、鈴木さん」と言う時の「さん」にむしろ近くて、山を表す「さん」だけ
を発音しているわけではなさそうだ、という意味の文を最近読みました。
確かに富士山に関しては、霊峰だし神々しいと思う一方で親しみをこめて見ている面
もあるように思います。
殊に農業をしている方々は、富士山の雪がここまで消えたから種まきをしようとか、
田植えの時期になって来たとか、天気予報よりも信頼している農作業のバロメーター
だと聞きます。



私の場合、富士山近辺に行くと気になってつい富士山を目で探してしまいます。
見えればホッとするし見えなければ物足りない、富士山は不思議な魅力を持つ山です。



     (1枚目の写真 河口湖畔からの富士山)
     (2枚目の写真 河口湖大橋と遊覧...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

西湖いやしの里 根場

2009.06.28 09:02  投稿者:ぶどうおばさん

昨日参加したツアーの訪問先に「西湖いやしの里 根場(ねんば)」がありました。
今年1月にここを訪れた時は、茅葺き屋根に残る20㎝の積雪が冬の陽に映え雪化粧
の富士山は青空をバックにくっきりとその姿を見せていました。

今回の天気は曇り&晴れ。
1月と同じ場所を撮った写真には残念ながら富士山は写っていません。
また、木々には緑の葉が生い茂り全体的に冬とは様変わりして見えます。


ここでの滞在時間は50分間。
とにかくひと通り見ようと歩いてみました。
茅葺き屋根の家の内部は涼しく(この日の甲府の最高気温は33℃、河口湖は29℃)、
エアコンなしでの涼しさを久々に味わいました。
特別展示のある火の見の館、紙の館、布の館、砂防資料館など18の棟々。季節に合
わせて商品を入れ替えてある処もあり、ゆっくり見ればもっと時間が必要そうです。
奥には建設中の棟もあります。



6月中旬の新聞に、
   「西湖いやしの里 根場」に出店している飲食店が賃貸料約1200万円を滞納
   している。月額25万円の賃貸料を初期から滞納している店もある。
...


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

河口湖ハーブフェスティバル

2009.06.27 21:26  投稿者:ぶどうおばさん

「2009河口湖ハーブフェスティバル」が6月19日〜7月12日の間、河口湖町で
開催されています。
主な会場は、河口湖畔にある八木崎公園と大石公園です。



10万株あるというラベンダーはさすがに見事です。
濃い紫色も鮮やかに、ほのかな香りも群生すると濃密に、ラベンダーはそこに立つ者
を涼しげに癒してくれます。
ラベンダー畑の中にしばらく居ると移り香がつくことに気付きました。
他にも黄色の花のカモミール、ミント、バジルなど様々なハーブが有るとの事です。



メイン会場の八木崎公園では、大型テントの中にハーブ苗•ハーブ商品•いろいろな味
のソフトクリーム•地元特産の野菜等を売るコーナーが並び人々で一杯です。
ラベンダーのソフトクリームは、口の中でラベンダーの香りが広がりました。
ラベンダー畑の通路にはガーデニングコンテストの作品が展示されていたり、会場に
はシンセサイザーの実演による癒し系の音楽が流れています。
夜はライトアップされるとの事で、この河口湖ハーブフェスティバルは毎年30万人超
の観光客が訪れる初夏の一大イベント...


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

忍野八海

2009.06.14 22:45  投稿者:ぶどうおばさん

今年4月1日から始められた「花と名水、美し色の山梨」キャンペーンの、『名水』
を見ようと忍野八海を訪れました。昭和60年に全国名水百選に選定された場所です。


忍野八海は、富士山からの伏流水に水源を発するといわれる八つの湧水池(湧池•濁池•
お釜池•底抜池•銚子池•出口池•鏡池•菖蒲池)のことだそうです。
富士山の高地に降った雪や雨が、永いものでは20年以上もかけ地下水として濾過されて
それが湧き出しつくられた池とのことです。
現在の八海は、沼地化した池もあり全てが昔の姿をしているわけではないとの事です。
確かに、菖蒲池には浮き草が漂い枯れ草が沈み荒れたままの様子で、鏡池も水量が少な
く澱んでいるように見うけられました。


写真の中池は、点在する池のなかでも規模が大きく目立つし付近には土産店や飲食店が
並び、忍野八海近辺では中心的な場所のようで人々が多く集まっています。
水も透明で水深10mの場所も見通せます。
が、この中池は人工池だそうで忍野八海のひとつではないとのこと。湧池から水車で
水を汲み上げ中池に入れている...


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

花の都公園

2009.06.14 20:35  投稿者:ぶどうおばさん

富士山近辺を廻るツアーに参加してみました。
メインの訪問先は、山中湖花の都公園と忍野八海です。
価格がリーズナブルで貸し切りバス、という点にひかれ行ってみたのです。
今日の天気は曇り。富士山は残念ながらどこからも見えません。



「花の都公園」は30万㎡の広さだそうで、無料の花畑、有料の温室『フローラル
ドームふらら』、そして滝•水車•溶岩庭園などがある『清流の里』というゾーン
があります。



無料の花畑の畑一面のポピーや、畑に区画され植えられているサルビアやマリー
ゴールドなど赤や黄や紫やブルーの色もまぶしい花々は圧巻でした。
広々した戸外にある花は、より自然に近いように見え風になびく様子は優雅です。



有料の全天候型温室『フローラルドームふらら』は、熱帯の植物や四季の花で一杯。
ノボタン科の大輪の花、インパチェンス系の花他、名前を読むだけで困難なのです
が、500種ほどあるのだそうです。多花性の花が咲き競っていました。




ツアーには、はな園がコースに入っている場合も多々ありますが、定番とは言え毎回
かなり目を楽しませても...


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

推進機構旅行業開始へ

2009.05.30 19:22  投稿者:ぶどうおばさん

やまなし観光推進機構が5月27日までに旅行業の登録を完了させ、看板を設置した、
というニュースを新聞(山梨日日新聞5/28付)で読みました。


場所は甲府駅に近い県民情報プラザ1F、観光物産情報コーナーの一角です。



『着地型』のツアー商品を6月1日からインターネットで売り出し始めるとの事です。
「富士の国やまなし観光ネット」の画面にある「やまなし観光推進機構オフィシャル
ブログ」の上に、「こだわり山梨」というサイトが6月1日1:00p.m.より現れ、
そこから旅行商品を閲覧できるようになるとのことです。

新聞で紹介されていたツアーの概要は、
    ▶南アルプス市内での果物狩り
    ▶プロ写真家の指導を受け富士山を撮影するツアー
    ▶青木ヶ原樹海を巡る外国人向けツアー            等です。
インバウンド観光講座卒業生も企画に関わっておられるので、この先が楽しみです。


  (1枚目の写真 看板と旅行業登録票)      5月30日撮影
  (2枚目の写真 県民情報プラザ)
  (3枚目の写真 オフィ...


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(2) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

富士山麓の魅力

2009.05.15 13:57  投稿者:ぶどうおばさん

昨日(14日)富士山麓で開始された国際的なスポーツ大会”オリンピアード” には、
世界23の国と地域から約九千人が参加したとニュースで報じられています。
ヨーロッパ以外の地域での開催は初めてで、海外22の国と地域から約750人の
外国の方々が参加しているそうです。


新型インフルエンザの脅威の中、これ程の人が集まるのは驚きです。
「日本は安全。」と話す外国人参加者が多いとのことですが、外国の方々が日本に対
して持っている ”clean(清潔)" "safe(安全)" "kind(親切)” という印象は
確固たるもののようです。
また、会場が河口湖町で富士山の麓という地理的条件も集客力を増幅させているよう
で、参加者は会期中の5/14〜5/17まで、勝敗にこだわらないウォーキングやサイ
クリングを新緑の中で楽しむ予定とのことです。



一方で、昨日は、昨年1年間の日本での自殺者の数が警察庁により発表されました。
山梨県は自殺率(人口10万人当たりの自殺者数)が全国1位だそうです。これは、
青木ヶ原樹海を含む富士山エリアに...


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

動き出している山梨の着地型観光

2009.05.13 22:04  投稿者:ぶどうおばさん

今日(13日)の夕方の山梨放送テレビの「YBSワイドニュース」で、山梨県内に
おける着地型観光商品づくりの様子が放映されました。
インバウンド観光講座の先生の1人でいらっしゃった青木教授(駒沢大)が県内
の起業の動きを紹介されるコーナーにおいてです。


今年4月に、「やまなし観光推進機構」が、山梨県観光物産連盟•県大型観光キャ
ンペーン推進協議会•やまなしインバウンド観光推進機構の3つの組織を統合して
発足しました。
この機構は、観光にたずさわる人を地域のコーディネーターと位置づけ、県民の
アイディアを募集し観光商品を作るという機能を持つものとのことです。
従来の旅行会社提供のツアーとは異なる、地元の人だから気づく地域の良さをアピ
ールする着地側(観光に訪れられる側)立案の独自のツアーを企画作成実践する事
を組織的に可能にしてゆこうとする機構だそうです。
作られたツアーは商品として来月からインターネットで販売される予定との事です。


着地型観光を企画している具体例として、インバウンド観光講座卒業生の安藤さん
の取り組み...


>>続きを読む


コメント(3) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

新緑の根津記念館

2009.05.03 17:12  投稿者:ぶどうおばさん

山梨市の出身で近代日本を代表する事業家のひとりである根津嘉一郎氏の居宅を保存•
復原して造られた根津記念館。
折々に催事が行われていて入館者は常に多いのですが、今は新緑が柔らかな緑を添えて、
訪れる人に新たな風景を見せてくれます。


      (1枚目の写真 旧主屋)
      (2枚目の写真 庭園と大磯の松)
      (3枚目の写真 中庭)
                  平成21年5月3日撮影


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

ワイン祭り•続篇

2009.05.03 16:40  投稿者:ぶどうおばさん

「マルスワイン祭り」の様子をもう少し紹介します。


    (1枚目の写真 試飲コーナー)
    (2枚目の写真 イベントステージ)
    (3枚目の写真 売店の一角にある試飲コーナー
            アルコールの入っていないぶどう液の試飲もできます)


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

ワイン祭り

2009.05.03 15:47  投稿者:ぶどうおばさん

今日5月3日と明日(4日)の2日間、石和のマルスワインで
「マルスワイン祭り」が行われています。

私はアルコール類が全く飲めないのですが、お酒がダメな人でも楽しめる方法が有る
かも知れないと、訪れてみました。


訪れている人達は意外にも家族連れが多く、下は幼稚園児くらいから上は八十,九十代の
老若男女でイベント会場のテントはごった返す混雑ぶりです。
イベントコーナーにはステージが作られ、イベントの予定は2日間とも
      午前中 ビンゴ大会
          達人のワインに合う料理 の実演
      午後  ぶどう飛ばし大会            があり、
その間、クイズラリーやグルメ屋台やワインの試飲を楽しめます。ワインの試飲は無料
のものや有料のものがあります。


建物地下のゲストルームでは「チーズ&ワインセミナー」が催され、先着15名限定で
500円の費用で参加出来、『貴腐ワイン』などの幻のワインが試飲できるそうです。
このワイン祭りでは、国産ワインコンクールで受賞したシャトーマルス•シリーズや、
樽出しワ...


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

昇仙峡•続々篇

2009.04.23 22:35  投稿者:ぶどうおばさん

昇仙峡のロープウェイで上に昇ると、こういう景観が広がります。

  (1枚目の写真 荒川ダムと、ダム湖である能泉湖)
  (2枚目の写真 パノラマ台からは白砂山が近く眼下に見えます)
  (3枚目の写真 西には南アルプス連邦の山々が)

                   平成21年4月22日撮影


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(3) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

昇仙峡•続篇

2009.04.23 22:16  投稿者:ぶどうおばさん

昇仙峡に何が有るかという事を、もう少し紹介したいと思います。

  (1枚目の写真 世界一の水晶
          仙が滝に下りる通路の入口にまつられています)
  (2枚目の写真 八雲神社
          ロープウェイで昇ったパノラマ台にあります)
  (3枚目の写真 影絵の森美術館
          藤城清治氏の影絵作品の常設と、時に特別展が開催されます)

                    平成21年4月22日撮影


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

昇仙峡 新緑!

2009.04.22 21:55  投稿者:ぶどうおばさん

秩父多摩甲斐国立公園の特別名勝に指定されている御岳昇仙峡。

豊富な水量でごう音を轟かせて流れ落ちる仙が滝。
僧覚円がその山頂で座禅を組んだという覚円峰。
そして、昇仙峡入口から滝上までの約4kmは、巨石•奇岩が点在する美しい渓谷。
御岳昇仙峡は環境省が平成20年に選定した「平成の名水百選」の1つでもあります。

毎年、昇仙峡には多くの人が訪れますが、特に新緑の季節◦紅葉の季節は山梨県でも
人気の観光地になっているようです。


ロープウェイでパノラマ台まで5分で行くと、南に富士山•西に南アルプス連峰や
甲斐駒ケ岳が一望出来、北には金峰山という360度の景観が広がります。
今日は昨日の雨が上がり、見渡す限り青空で、遠くの山々がくっきり見えました。

ロープウェイ乗り場から滝上までの通りには、水晶はじめ貴石のアクセサリーや
玉や置き物などを売る店や、そばや川魚など御岳特産の食材を使った料理を出す店
が続いています。
影絵の森美術館もバス停の隣りに有ります。


毎年ゴールデンウィークには昇仙峡は訪れる人々でかなり混雑するそうで、ロ...


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(2) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

うこんの桜

2009.04.22 16:48  投稿者:ぶどうおばさん

甲府市の北部に位置する御岳昇仙峡よりもさらに北の山深い場所にある金桜神社。
そこにある「鬱金の桜」(うこんのさくら)が見頃を迎えています。
今日は五分咲きくらいでしょうか。
平地の桜がすっかり散った頃の4月下旬〜5月上旬の開花です。


金桜神社(かなざくらじんじゃ)の御神木「鬱金の桜」は、黄金色の花を咲かせる珍し
い桜です。この色から、「金のなる木」と言われ、金運をもたらすと言われています。
毎年開花の時期には、この黄金色の桜を一目見ようと多くの人が訪れるそうです。

花の色は黄緑がかった薄い黄色のように見えますが、一輪一輪は八重で大輪です。
満開の時はどれほどボリュームを持ち豊かな雰囲気を漂わせるのだろうかと想像します。


    (1枚目の写真 鬱金の桜と本殿)
    (2枚目の写真 鬱金の桜の全体)
    (3枚目の写真 鬱金の桜) 
               2009年4月22日撮影


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

信玄公祭り•続篇

2009.04.12 19:44  投稿者:ぶどうおばさん

毎年、武田信玄公の命日である4月12日に合わせて行われる信玄公祭り。
戦国時代の名将武田信玄公を偲び甲州軍団出陣他様々なイベントが繰り広げられます。


武田信玄は甲斐国をまとめ、信州•駿河にも領地を広げ、信玄堤を始めとする治水事業
等、領民のための治政をし人々の厚い支持を得た戦国武将です。
その信玄公を偲ぶ祭り、今年は今までと少し異なる点が見られます。
  ▶ポスターにジョルジュ•ルオーの武者絵が用いられ英語版が作られた
  ▶出陣式の場を舞鶴城公園から甲府駅南口前に移し、観光客にも場所が分かり易く
   なった
  ▶本陣(信玄公本陣)は総勢55人で、そのうち36人は公募した県内外の一般
   参加者が務めた
   新企画として提灯行列が行われ提灯を購入した人誰でも参加出来、平和通り→
   中央公園まで行列した

など、見に来てくれる人に分かり易くする、参加型にして体験して楽しんでもらえるよ
うにする、という姿勢が伺えます。
より多くの県外からの観光客も視野に入れて”観光の目玉イベント”として積極的に
売っていこうと...


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

”桃の花バス”で花見歩き

2009.04.12 16:40  投稿者:ぶどうおばさん

春の笛吹桃源郷を廻る”桃の花バス”に乗ってみました。
桃の花が満開見頃の4月4日(土)•5日(日)•11日(土)12日(日)の4日間だけ
の運行です。 今日はその最終日。


石和温泉駅や山梨市駅を通り桃の花の見所スポットを循環します。
コースは3種類
  Aコース.....山梨市駅→フルーツ公園→かすがい祭り会場→春日居町駅→山梨市駅
       所要時間約1時間
  Bコース.....石和温泉駅→県立博物館→金川の森→甲斐国分寺お花見会場→釈迦堂
       遺跡入口→石和温泉駅
       約1時間30分
  Cコース....石和温泉駅→県立博物館→やつしろ祭り会場→みさか祭り会場→甲斐
       国分寺お花見会場→金川の森→石和温泉駅
       約2時間30分

人が多く混雑している場合は乗れないこともある、という但し書きに敬遠する人もいる
のか、4•5日も乗り切れなかった状態は無かったとの事で、今日もほぼ全員座れる状況
でした。

桃の花は残念ながら先週がピークだったようで、今日は花びらが散り葉が出てい...


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(2) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

桜•花見日和

2009.04.05 20:26  投稿者:ぶどうおばさん

今日は県内や関東では、桜の見頃だったのではないでしょうか。
晴天ではないにしろ、穏やかで暖かい一日。


私が今日訪れた先も桜が満開で、見頃真っただ中といった感じでした。
桜はソメイヨシノと思われます。
薄いピンク色が枝をおおい尽くしています。


      (写真は全て 横須賀にて)


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

桜の「満開」とは!?

2009.03.31 14:53  投稿者:ぶどうおばさん

今日(3/31)、甲府で桜の「満開」が宣言されました。
これは、甲府地方気象台の敷地内にあるソメイヨシノの基準木の咲き具合を判断し
決めるものだそうです。


早速見に行ってみました。
写真は、その基準木の桜の花です。
花が、7,8分咲きになると「満開」を宣言するのだそうですが、1本の木でも枝に
よって全部開花しているものや7,8分咲きのものなど様々です。

全体では、散り始めている花は無く、すべてのつぼみの開花一瞬手前といった様子
です。


     (1〜3枚目の写真 甲府地方気象台の基準木のソメイヨシノ
      2枚目の写真 枝に付いている黄色の目印が基準木の印だそうです)
                         


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

山梨の桜•放光寺

2009.03.29 21:19  投稿者:ぶどうおばさん

放光寺は、「えんむすびの寺」「花の寺」と呼ばれ親しまれている真言宗の寺です。
今の季節、「花」は桜です。 写真は今日の様子です。


放光寺は1184年に甲斐源氏の安田氏が創建した寺で、ここには国の重要文化財が
多く有ります。
大日如来坐像•不動明王立像•愛染明王坐像•木造金剛力士像2体などです。
恵林寺にほど近い場所にありますが、観光バスはあまり来ず県内の訪問者が多いように
みえます。

花の絶えることが無いためか、不思議に癒される寺です。


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

山梨の桜•恵林寺

2009.03.29 20:06  投稿者:ぶどうおばさん

恵林寺の桜は、かなり満開に近いようです。今日の様子です。
観光客は次から次へと大型バスで訪れて来ています。


恵林寺は、1330年甲斐国の守護に招かれて夢窓国師が開創したといわれる臨済宗の
寺です。後に武田家の菩提寺となりました。
1582年武田家滅亡の折り織田信長に焼き討ちされ、炎上する三門で快川国師が残した
 「滅却心頭火自」(しんとうめっきゃくすればひもおのずからすずし)という言葉
は有名です。三門は、空門•無相門•無願門の意による三解脱門の略だそうです。

三門に続く境内にある桜も、枝をうねらせるように広げて咲きほこっています。


四脚門は赤門とも呼ばれる、桃山期の建築物で重要文化財です。

いにしえの歴史に想いをはせながら見る桜も、また格別なものがあるように思います。
     
      (1枚目の写真 恵林寺三門)
      (2枚目の写真 境内)
      (3枚目の写真 四脚門)
                    ...


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(2) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

山梨の桜•甲州市

2009.03.29 18:13  投稿者:ぶどうおばさん

写真は慈雲寺のイトザクラです。
今日は八分咲きくらいでしょうか、穏やかな気候に一段と花開いてきているようです。


慈雲寺は、14世紀なかばに夢窓国師によって開かれた臨済宗の禅寺です。
このイトザクラはウバヒガンの変種だそうで、ピンクの花をたわわにつけた枝垂れ桜
です。樹齢約300年だそうです。
市指定の天然記念物とのことで、『山梨 花めぐりの旅』のポスターにも「山高神代桜」「わに塚の桜」と共に3名木として載せられています。


黒い主幹から放射状に出た枝には薄紅色の花がびっしり付き、地面近くまで枝を垂らし
ています。見上げると、降るように桜の枝が迫って来て迫力に圧倒されます。

                                      平成21年3月29日撮影...


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

桜•舞鶴城公園

2009.03.27 14:58  投稿者:ぶどうおばさん

舞鶴城公園◦甲府城趾の桜 今日の様子です。

全体で四,五分咲いているように見えます。
櫓や石垣や塀や空の青さに桜色がよくマッチして風情があります。

    


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

桃源郷ヘリツアー登場

2009.03.21 20:03  投稿者:ぶどうおばさん

甲府の桜の開花は昨日(3月20日)と発表されました。
平年より9日早く昨年より4日早い開花だそうです。
今日は市内でも、ちらほら咲き始めた桜の枝を目にしました。気候は一気に暖かく
春本番になって来ました。


桜が咲くと次は桃。
桃の花は通常、桜の開花の5日ほど後ということで、今年は予想では4月の第1週
〜第2週が見頃のようです。
今年(平成21年)の笛吹市の”桃の花まつり”は、4/1〜4/19とのことです。

4月の初めには、桜と桃の花が同時に見られ、甲府盆地はピンクのじゅうたんを敷き
詰めたようになり、花で埋め尽くされるでしょう。


石和で上の写真のポスターを見ました。
桃源郷をヘリコプターで空から見るというフライトです。
デイフライトとナイトフライトが有り、料金は1人9300円〜2万円超とのこと(人数
が4名〜2名により異なる)です。


東京には、葛西臨海公園•お台場•銀座•新宿•レインボーブリッジを上空から一望する
ヘリコプターのフライトが有り、所要時間15〜20分で、1人8500円〜2万円程の
ようです。
何ともゴージャ...


>>続きを読む


コメント(2) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

ミシュラン三ツ星

2009.03.17 22:15  投稿者:ぶどうおばさん

   フランスのタイヤメーカー ミシュランが、日本に関する旅行ガイド
   「ミシュラン•グリーンガイド•ジャポン」フランス語版を3月16日
   に刊行した、という記事が今日の山梨日日新聞に載っています。


2008年に日本を訪れた外国人観光客数は、約835万人だそうで、フランス人
旅行者は前年に比べ7%増加したということです。
そういう中、日本をよりよく知る◦日本の類い稀な魅力を伝えるために「ミシュラン
•グリーンガイド•ジャポン」が、日本政府観光局の協力を得て発行されることになっ
たそうで2009年9月には英語版も出される予定とのことです。



フランス人と日本人合わせて12人の専門家がチームを組み、数ヶ月をかけて日本
を縦断し多くの観光地を訪れて掲載地を厳選したとのことで、17カ所が最高峰の
三ツ星の評価を得ている(屋久島、白川郷、五箇山等の世界遺産を含む)そうです。



   新聞には、その中で富士北ろく地域の掲載地が載っていました。
   内容は、以下の通り。
    【三ツ星】
      富士山
      久...


>>続きを読む


コメント(2) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

観光シーズン到来!

2009.03.07 21:53  投稿者:ぶどうおばさん

暖かくなって来ました!

甲府駅周辺を歩くと、来月4月10日(金)〜12日(日)の信玄公祭りや、
花と名水 美し色の山梨、のポスターが目につきます。
山梨を訪れる観光客の増加を目指して、宣伝や準備が着々と進められている
様子です。


甲府駅の南口と北口をむすぶ通路には、信玄公祭りのポスターが、異なる図柄
のものや英字のものまで並べて貼って有ります。フランスの画家ジョルジュ•
ルオーの武者絵を信玄公に見立てたというポスターも人目を引きます。
今年の武田信玄役は、オリンピック金メダリストの柔道の山下泰裕さんが務めら
れるとのことです。
また、11日•12日はかすがも〜るにて、ご当地B級グルメを集めた「信玄グルメ
横町」が開かれ、甲府の鳥もつ煮•富士宮やきそば•大月のおつけだんご等が販売
されるそうです。

信玄公祭りを観るツアーもある(花と名水 美し色の山梨 のパンフレットに)
ようで、 新宿発着列車利用で、観覧席付き
     駅弁「風林火山弁当」(夕食用)付
     ¥8100 の日帰り         ツアー等が載ってい...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

樹海の魅力

2009.02.14 22:01  投稿者:ぶどうおばさん

昨年12月、初冬の青木ヶ原樹海に足を踏み入れて最初に感じたのは、「すがすがし
さ」でした。
2日ほど降り続いた雨が上がった快晴の日。
初めて入った樹海の中は、枝だけになった落葉樹や、ヒノキやツガなどの常緑樹が頭上
高くに枝を広げ、それら木々の根元には、緑色も鮮やかにコケ類が密生し木漏れ日に照
らされていました。空気は、あくまでも清涼で澄み渡り、視界の中のものをくっきりと
浮き出しています。


それは、今まで樹海に対して自分が持っていたイメージとは全く異なるものでした。
松本清張氏の小説により広まったと言われる、暗い負のイメージ。生ではなく死に誘う
魔力のようなものが有るのでは?

そうした危惧は、どこかに吹き飛んでしまいました。
最も伝わって来たのは、「生命が息づいている!」という感じでした。



水分を蓄えることの困難な溶岩の上に、芽吹き必死に根をはわせ、大きく成長して来た
木々。森の中は、「生きよう!」とする強い意志に満ちているかのようです。
コケは木に水分を供給し、木々は実をならせ小動物を養う。また、落葉して養分とな...


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(1) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

不老園の梅の花

2009.02.11 15:57  投稿者:ぶどうおばさん

今日は、暖かく穏やかな気候なので、酒折の不老園に行ってみました。
祝日なので、県内の人々や近県からのツアー客でにぎわっていました。

園内に入ると、梅の花の香り!
今日の時点では、紅梅やピンク色の梅は四分咲きくらい、白梅は咲いている木もあれば
つぼみをまだ固く閉じている木もあります。


不老園は、中国の故事「不老の門を入り奇岩◦名木の間を逍遥して長生の庵に至る」
にならって造られた梅園だそうです。
JR酒折駅北側の山の斜面に、総面積5万㎡、20数種の梅をはじめ、赤松◦桜◦南天◦
つつじ◦もみじを約3200本植えて造られた梅園だとのことです。
紅紅梅•大盃梅•寒紅梅などの紅梅、甲州野梅•南高梅•豊後梅などの白梅、扇ながし•
日月しだれなどのピンク系の梅の花が、早咲き,中咲き,遅咲き、と順々に開花してゆく
そうです。

石(岩)の階段を昇って行くと、梅天神[ご祭神菅原道真公を祀る]があり、その脇に
は、見事なしだれ梅(日月しだれ)があります。


園内では梅の盆栽展や梅の写真展も催されています。
不老園の開期は2月1日〜3月下旬だ...


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

さくらの花の色

2009.01.29 21:21  投稿者:ぶどうおばさん

桜、というと、《そめいよしの》が真っ先に思い浮かびます。
全国の公園や街路•学校•堤防などで見られる桜は、この、そめいよしのが多いとのこと
です。淡いピンクの色合いの花は、曇り空を背景にした時は白っぽくも見えます。
春、黒みがかった枝をおおい隠すように花が徐々に開花し、満開になってゆく様や、
風に吹かれて花びらが舞い散る様が、日本人にこよなく愛されて来ました。


上野公園には千2百本のそめいよしの、隅田川の両岸には、そめいよしのを始めとする
千本の桜があるようです。


山梨県では、大法師公園(鰍沢町)の2千本
      山の神桜並木(豊富村)の千本
      寺所桜の里(八代郡六郷町)の千本
      八戸城跡(北杜市大泉町)の千本  
が、そめいよしのがまとまって植えられている所のようです。



「ひがん」という名称が入っている桜は、白色〜淡紅色まで様々な色合いの花がある
ようです。 山高神代桜(北杜市)......日本三大桜のひとつのこの古木は、えどひがん
                  ざくら(江戸彼岸桜)
...


>>続きを読む


コメント(2) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

ミステリーツアー

2009.01.03 16:38  投稿者:ぶどうおばさん

旅行会社で企画しているツアーの中に、「ミステリーツアー」というのがある。
”どこに行くのか分からない、山なのか海なのか、おそらく海だろうが、でも、山
かも.......!?”
参加者は、行き先の分からないドキドキ感を楽しむ。


日帰りのミステリーツアーに参加したことがある。
山梨県から日帰りの範囲というと、静岡か長野か埼玉か東京か?といった地域だ。
その時は、静岡県だった。
   柿田川湧水→浄蓮の滝→ベゴニアガーデン→伊豆山中のワイナリー→駿河湾の
   クルーズ
だったが、目的地到着の3分くらい前まで、行き先が告げられない。
”何処に行くのかな?”というワクワク感は確かにある。もりだくさんの弾丸ツアーで
それなりに楽しかった。



今日の新聞のチラシを見ていたら、ミステリーツアーの海外版がある。
「海外ミステリーツアー」というもので
    アジア 3日間 1万5千円
    ビーチ 4日間 3万円
    アメリカ 5日間 8万円
    ヨーロッパ 6日間 9万円  などだ。
行き先の国がわからずして申し込む形態のツアー...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

甲府駅のイルミネーション

2008.12.19 20:58  投稿者:ぶどうおばさん

甲府駅南口周辺が、今年もイルミネーションで飾られている。
一番のシンボル的なものは、円錐形の立体イルミネーションで、他には、平面に絵を
描いたような平板状のイルミネーションが、道路に沿って続く。
                   (上の写真と2枚目の写真)
                

このイルミネーションは、今年の11/23〜来年の2/14まで飾られるとのこと
だ。午後5時〜10時に点灯されている。

凍える寒空に、華やかでロマンティックなイルミネーションは、青や黄色の宝石のよう
で、心をなごませてくれる。
この名称は、『ナイトジュエリー甲府』というのだそうだ。


駅周辺とは別に、2004年から、甲府城跡に『光のピュシス』と称して冬期イルミネー
ションが飾られてきた。しかし、文化庁から、天守台の装飾を禁止されたとのことで、
県や市からの補助も打ち切られ、それを機に2007年でイルミネーションは終了した。
今では甲府城跡は、闇の中、白い光に照らされて石垣が灰色に浮かび上がっているのみ
だ。


オリオン通りは、人の歩...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

世界一の大太鼓

2008.12.18 21:01  投稿者:ぶどうおばさん

”世界一の大きさ”だとギネスブックに認定されている大太鼓が大月市笹子町にありま
す。笹一酒造の敷地に展示されています。

「世界平和太鼓」という名称のこの太鼓。
    口径   4、8m
    胴全長  4、95m
    重量   2t
    原木   杉
    革    牛
2001年1月、ギネスブックに”世界最大の太鼓”として認定されました。
                       (上の写真)


『大月の地で、世界平和のシンボルになりうる太鼓を作り日本の文化•和太鼓の
素晴らしさを世界へ紹介しよう』というテーマで、大月市民他約千名からの募金
を基にして作られ、2000年の末に完成したのだそうです。
2001年元旦に初打ちがなされたとのことです。



近づくと、圧倒する大きさ!!         (2枚目の写真)

張ってある革には、金箔がふんだんに使われ、龍と鳳凰が描かれ、「心」と「舞」の
文字が両面に力強く踊っています。大月市の陶芸家◦書道家、他県からも蒔絵作家等が
集まって、共同で革部分の制作をされたとい...


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

林の間伐と森

2008.12.17 15:21  投稿者:ぶどうおばさん

最近は、林業従事者の高齢化や後継者不足により、森林の間伐(人工林や里山などの
人の手が入った天然林で行う、将来木材として利用出来ない劣勢木をまびく作業。
混みあった林から曲がったり弱ったりしている木を取り除く)が行き届かず、生育の
良くない木々の林が増えていると聞く。そういう林は、木が大きくなれず根が張れ
ないので、土壌の保水力も鈍る。土砂崩れの原因にもなる。

最近、
  林野庁は、人工林を作り間伐も行い動植物を保護するという方針を考えている
という内容の記事を新聞で読んだ。

人工林には同一樹種を植えるが、木を植えない空き地も作り、多種な植物が茂るように
する、ということだ。広葉樹の木の実は動物のエサになるし、日光が地表に届くことに
よってコケ類ばかりでなく草や灌木も茂る。
動植物の種(しゅ)が絶滅しないためには、何よりもまず『種の多様性が必要』だと
いう事は、よく言われている。
動物にしても、食物連鎖の上に行けば行く程、エサとするものの範囲が限られ、生き
残りにくくなる。木の実や昆虫を食べて生きる雑食性の小動物の...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

西湖いやしの里根場•続篇

2008.12.10 23:48  投稿者:ぶどうおばさん

「西湖いやしの里根場」のブログに掲載しきれなかった写真を載せてみようと思う。



上の写真は、『一粒(いちりゅう)』の、”こんにゃく遊膳”



2枚目の写真は、根場の茅葺き屋根の民家1棟。
        それぞれの棟が微妙に異なる屋根をしているが、高い技術を感じ
        させ、美しい。


3枚目の写真は、根場浜で見た、富士山と西湖に映る逆さ富士。

              2008年12月10日撮影
           


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

西湖いやしの里根場

2008.12.10 22:36  投稿者:ぶどうおばさん

ツアーの企画案を作成する下見として、講座のグループのメンバーで、
”西湖いやしの里根場(ねんば)”を訪れた。    (上の写真)


昨日の雨もあがり、今日は朝から快晴!!
富士山は、雪でおおわれた真っ白い山肌を、まばゆく輝かせて、青い空をバックに
クッキリ姿を見せている。


”西湖いやしの里根場”は、西湖の西端北側に位置する。
かやぶき屋根の民家18棟が、山に取り囲まれた場所に、1つの集落のようにまとま
って建っている。まるで、昭和の中頃にタイムスリップしたような、昔懐かしい農村
風景だ。


この集落は、昭和41年の土砂災害により、ほぼ壊滅したという悲しい経緯があるが、
茅葺き屋根の家々を復元しようとする計画の下、町は平成18年に11の棟を建て、
”西湖いやしの里根場”をオープンした。今年は18棟、来年は20棟以上になるよう、
段階的に建て増しているということだ。
【地域の工芸技術•伝統文化】をテーマに《資料展示》《体験型工房》《飲食》《物産
販売》を行っている。来場者は、資料館やギャラリーの見学、工房での体験、地場産品
...


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(2) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

放光寺

2008.12.06 14:28  投稿者:ぶどうおばさん

甲州市塩山にある放光寺(ほうこうじ)は恵林寺から北へ徒歩5分の所にあります。


”花の寺” ”えんむすびの寺”として知られています。


円と方形を組み合わせた特徴的な模様の描かれた総門を入ると、四季折々に、梅•花桃•
ぼたん•ショウブ•あじさいが咲き誇る庭があります。  (上の写真は、放光寺総門)



この寺の特筆すべき点は、なんと言っても収蔵している仏像の見事さではないかと思い
ます。   •本尊の大日如来座像
      •不動明王立象
      •愛染明王座像
      •仁王門の金剛力士像2体   は、全て国の重要文化財になっています。

これほどの仏像達が、1つの寺の中に在るのは驚きで、さらに宝物館のような形で展示
されているのではなく身近に拝観出来るので、感動を覚えます。
   個人的には、甲斐源氏の安田善定毘沙門天像も、彩色のほどこされた美しい像
   だと思います。



放光寺は、平安時代に創建された真言宗の寺で、武田氏滅亡の折り1582年に恵林寺
と共に焼かれました。現在の建物は、徳川家康の援助で再建された...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

桜の恵林寺•考

2008.11.30 19:41  投稿者:ぶどうおばさん

山梨を訪れる外国人観光客に、案内したい寺の1つは、恵林寺だ。

山梨県在住の人なら、1度ならず訪れたことのある、親近感を感じさせる寺なの
ではないだろうか?



恵林寺は、1330年、夢窓国師により開かれ、武田信玄が菩提寺と定めた寺だ。

県の文化財に指定されている三門は、武田氏滅亡の折、快川和尚をはじめ約百人の
僧侶が、織田信長の軍勢に封じ込められ、火を放たれた場所である。
快川和尚がその際唱えた
     「滅却心頭火自涼」(心頭滅却すれば火おのずから涼し)という言葉が、
門の柱に書かれている。
荒れ狂う炎の中、すさまじいまでの自己制御。禅の究極の悟りの境地とでも言える
のではないだろうか。                        (上の写真は、桜越しに見る三門)


庭園は...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

山梨,花の季節•考

2008.11.30 16:38  投稿者:ぶどうおばさん

甲府盆地は、四月になると、山の麓から中腹まで、いっせいにピンクのじゅうたんを
敷き詰めたようになる。


四月は桜も勿論だが、桃の花が、濃い鮮やかな色を添える。

笛吹市、山梨市、御坂町、勝沼町等、桃の生産地の開花は見事だ。

笛吹市の”桃の花まつり”は、今年は4/1〜4/15に開催されたそうだ。
この時期、桃の濃いピンク色だけでなく、スモモの白い花(薄いピンクもあるようだ
が)、サクランボの白い花も混ざり、山すそは、ぐるりと花に満ちる。



山梨県を訪れる外国人観光客の方々に、できれば四月の花の季節に来県することを
おススメしたい。


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

ころ柿作り体験

2008.11.09 18:16  投稿者:ぶどうおばさん

甲州百匁柿(こうしゅうひゃくめがき)を干し柿にする干し柿作り体験をしました。


場所は、甲州市塩山の甘草屋敷。    
  柿は、収穫して3日程追熟させヘタの枝はT字型に残しヘタ付近の皮を少しむいて
  整えた状態にして頂いたものを使いました。
  1個300〜400gの大ぶりな百匁柿です。
  追熟させてあるためか外皮付近は柔らかく、皮はスムーズに剥けます。
                     

  皮を剥き終わった柿には、ヘタのT字の枝にヒモで作った輪を掛けます。反対側も
  同様に掛けヒモの両端に柿をつけた状態にします。この輪の作り方はアヤ取りの要
  領で作るので慣れるとスムーズにできて面白かったです。 


  次は、燻蒸(くんじょう)という作業です。
  硫黄を燃焼させ生じる亜硫酸ガスにさらします。これは殺菌のためとのこと。
         (この作業は、主催者が一括してやってくださいました。)


  燻蒸が済み係の方が柿をおおっているシートをはずすと、辺りは途端にムワッと
  硫黄の匂いに満ちます。少...


>>続きを読む


コメント(2) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

おつけだんご何処で!?

2008.11.08 12:49  投稿者:ぶどうおばさん

    きょうは

    寒いーーーー

    こんな気候には

    あったかい食べ物が欲しくなる

    そこで、
    『おつけだんご』!


今年11月の福岡での、郷土の名物料理の祭典「B1ーグランプリ」で、見事
特別賞に輝いた、大月の『おつけだんご』

小麦粉を水で溶き練って、一口大のだんごにしたものを、味噌汁の中に入れて
煮込んだ料理、と聞く。

大会では、団子の直径は2センチにした、と新聞で読んだが、大月市内で販売
している店では5センチくらいある、とも、5百円玉くらいの円盤状、とも、
手でちぎった形のもの、ともネット上には出ていて、球なのか円盤状なのか、
練ったままの形なのか、いまいち判らない。
味は、味噌あじとのことで、具は、大根◦人参◦白菜◦ジャガイモ◦シイタケ◦ごぼう
◦ねぎ◦油揚げ等から、作り手が選んで作っているものらしい。


『おつけだんご』の語源は、
  【大月のだんご汁】がなまったもの
  【おみおつけ《御御御付け←漢字にすると》(みそ汁)の中のだんご】から来て
            いる、 などの説...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

学祭お笑いライブ

2008.10.26 21:35  投稿者:ぶどうおばさん

上の写真は、お笑い芸人のライブ会場と、そこに集まってゆく人々。

今日(26日)は、山梨学院大学の学園祭最終日。

16:00P.M.から、特設ステージで、お笑い芸人の方達によるライブが行われた。

ライブが始まる頃には、会場は黒山の人だかり!
トレンディエンジェル、チョコレートプラネット、タカダ•コーポレーションの後、


インパルス!
彼らが登場すると、会場はより大きな拍手と、期待感に包まれた。
そして、トークは期待を裏切らない楽しさ、軽妙さで、会場は沸きに沸いた。


最後に登場したのは、麒麟!
今、旬で人気絶大な彼らに対して、またも観客は大拍手!
メンバーのひとりの低音は、健在だった。


TVを通してよく見る、こうしたタレントの方々を10m先に見るのは何やら不思議
な感じ。
        (ちなみに、去年は、ペナルティとフットボールアワーが出演する
         ライブだった。)


インパルスと麒麟の、余裕のあるステージは、貫禄を感じさせて、オーラがまばゆ
かった。

        (下の写真は夜に入っても催しが続く学祭のス...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

外国人の身になって

2008.10.21 22:23  投稿者:ぶどうおばさん

   外国人観光客の立場になって考えてみる、


   という感覚が


   さっぱり解らないので

        。
        。
        。
        。

   しばらく放浪の旅に




   というわけにはーーーー

       ×
       ×
       ×

   何とか 解る方法が

     ないものか
       :
       :
       :
       ?
           
                     
      


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

3つの城跡めぐり番組

2008.10.14 12:58  投稿者:ぶどうおばさん

昨日の夜、NHK教育TV「趣味悠々◦地形図片手に日帰り旅」という番組で、
”城下町探訪 甲府城跡を歩く”という内容を放送していました。

かって甲府には3つの城が在った、ということで、それらを訪れる日帰り旅です。

1つ目の城の跡.........舞鶴城公園(甲府城跡)
            遊亀橋→坂下門を通り門や櫓や石垣を見ながら→本丸跡
            →天守台  と歩き、天守台からは南に富士山と甲府の
            街を見渡す。
                (上の写真は復元された稲荷櫓。 
                 2枚目の写真は、奥のほうに天守台。
                    HPからお借りしました)
2つ目の城の跡........武田神社(武田氏館跡)
            堀に囲まれ石垣も残っているので、当時は城が在り館と
            なっていたと考えられる、大正時代に今の神社が建てら
            れた、という説明でした。
3つ目の城の...


>>続きを読む


コメント(2) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

外国人ツアー番組

2008.10.03 21:40  投稿者:ぶどうおばさん

昨日の夜、TV(NHK)で、「ジャパン通リスト」という番組を放送していました。

日本に来る外国人観光客をもっと増やそう!
日本の良いところを発掘して、もっと知ってもらおう!  
                       という主旨の番組とのこと。


昨夜は、浅草がテーマでした。
浅草を訪れる外国人観光客は、 雷門→仲見世→浅草寺 と歩き、それ以外には
行かない。
浅草寺が、夕方5時に閉まるので、仲見世の商店も6時くらいには閉店し、ガランと
した人けの無い通りになる。


そんな中で、外国人観光客でにぎわっているのが、近辺の外国人向けホテル。
何軒かあるようですが、『サクラホステル』が取り上げられていました。
        (番組では名称は言ってないのですが、外観の英語文字を読むと)
「このホテルは、あい部屋形式で2段ベッド•トイレは共同•風呂は無くシャワー•
1泊約3000円とリーズナブル」と紹介されていました。

そして、ホテルの利用客が、東京のどんな所を歩いているのかも、リサーチされて
いました。


以下、番組の内容を...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

五湖にホテル

2008.09.30 21:19  投稿者:ぶどうおばさん

9月19日のブログ記事 ”この夏閑散とした五湖周辺” で、
「富士五湖周辺に観光客が来ず、富士山だけがこの夏人気で、人がごったがえしてい
たようだ」という内容を、私は書きました。


ところで、その五湖周辺、詳しくは河口湖周辺では、今、ホテルの建設計画が進んで
いる、という記事が、新聞(9/27付 山梨日日新聞)に、載っていました。

計画の中には、外国人客をターゲットにしたホテルもあるとのこと。


河口湖町に昨年1年間で宿泊した外国人は、約18万7千人とのことで、急激に増加
の傾向にあるようです。

町内に建設予定の3カ所のホテルは、
       *アジアを中心とした外国人客をターゲットにしたホテル
       *富裕層向けの高級リゾートホテル
       *幅広い年齢層の家族連れや個人客を目指す一般的なホテル
                               とのことです。


そこで思い出すのは、インバウンド東京研修で訪れたサクラホステルです。
安い滞在費で日本を旅行したい外国人観光客に、超人気の、ホステ...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

この夏閑散とした五湖周辺

2008.09.19 21:19  投稿者:ぶどうおばさん

今年の夏、富士山は過去最多の二十四万七千人(7月、8月で)の登山者でにぎわった。

一方、ふもとの河口湖や山中湖の観光客は、昨年に比べ激減したという。
行楽シーズン最盛期の8月にも、閑古鳥が鳴く状態だったとのことだ。

これは、大人気の富士山に登る人々は、登山目的だけで訪れている「直帰型」が多い
からなのだそうだ。


例えば、新宿からバスで富士山に行き、登山し、下山したらまっしぐらに帰宅、と
いった、寄り道をしないケースが多いらしい。
富士五湖周辺には目もくれず帰って行くわけだ。

登山が目的なので、下山後ふもとを観光しようとは思わない、という観光客も多い
ようで、登山とふもとの観光を別々に考えている様子だ。


インバウンド東京研修でインタビューした外国人観光客の中には、
  「新宿からバスで富士山五合目まで行き、六合目まで歩いて登り、五合目から
   バスで新宿に戻って来た。」と、日帰りコースで富士登山した人や、
  「マウント フジは知ってるけれど、まわりの湖は知らない、聞いた事ない。」
   と言う人もいた。



富士山人気...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

山梨県立文学館の庭

2008.09.04 14:55  投稿者:ぶどうおばさん

山梨県立美術館と山梨県立文学館がある敷地は、”山梨県芸術の森公園”という
のだそうですが、「県立美術館の◦◦◦」「県立文学館の◦◦◦」と表現するほうが、
一般的にわかり易いようです。


上の写真は、県立文学館に近いほうの芝生スペースに、今年4月に設置された、
『ザ•ビッグ•アップル No.45』。
甲府市出身で、ニューヨーク在住の現代美術作家である、佐藤正明さんの作品で、
直径3mほどの球体です。

”ビッグ アップル” は、ニューヨークの愛称でもあります。
こちらの作品は、円錐の穴が365個空いているそうで、巨大な”りんご”に見え
ます。


国際的に高い評価を受けている佐藤さんは、故郷甲府の県立美術館で、1990年に
「佐藤正明展」をされました。
その時は、油彩や版画中心で、ニューヨークの地下鉄を幾何学模様で表現しておられ
ました。数式のように整然と、完璧な透視法に基づいて配列された模様は、画面の
1点を目指していて、作品を見た時私はその1点に吸い込まれるような錯覚を感じた
のを覚えています。


真ん中の写真は、県立文学館玄...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

超人気!富士山

2008.09.02 14:58  投稿者:ぶどうおばさん

この7•8月に、山梨県側から富士山に登った登山者数は、過去最多となった、と、
今日(9月2日)の山梨日日新聞に載っています。
7•8月で、約24万7千人で過去最多。
8月だけでも14万8千人で、1ヶ月間としては最多記録だそうです。

富士吉田口登山道六合目を通過した人数は、8月18日に21年ぶりに20万人を
突破したとのことで、8月のお盆の頃は、毎日5千人以上だったそうです。

まさに「富士山銀座」の名の通り混雑していたようです。

最近TVのニュースでもやっていたように思いますが、登山者の中には、信仰の対象
として山に入り、一合目から登山するひとや、五合目から始めて六•七合目で終了す
る人がいるなど、それぞれが自分に合わせたルートで、楽しみながら登山している
ようです。


団塊の世代の登山者も多く、そう言えば「週末は山梨にいます」のキャンペーンは、
シニア世代をターゲットにしたものだったそうで、成功に終わっています。
今や、20〜40代ではなく、50〜70代の人間が、あちこち旅行する時代。
元気なシニア世代が大移動する世...


>>続きを読む


コメント(4) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

ワイン列車調査結果

2008.09.01 16:13  投稿者:ぶどうおばさん

過日、10月に走るらしい「ワイン列車」について調べて欲しい、との御要望を
頂いたので、調べてみました☆

今年は、10月25日、26日に、快速「ワインエクスプレス号」が運行される
そうです。これは、ジョイフルトレインという種類の、お座敷列車で、このお座敷
列車には、上の写真『宴』(うたげ)と下の写真『華』(はな)があるそうです。
               (写真はJRのHPからお借りしました)

JR東日本は、このお座敷列車を使って、新宿発着のパックツアーを販売しています。

ツアーの内容は、現時点で分かっている範囲では、
   ◉ 新宿ーーワインエクスプレスーー石和温泉……ホテルで昼食、ワイナリー
     ……ガラス館……勝沼ぶどう郷駅ーーワインエクスプレスーー新宿
   ◉ 新宿ーーワインエクスプレスーー甲府……登美の丘ワイナリー、シャトレ
     ーゼ……甲府ーーワインエクスプレスーー新宿
                    (……は、バスで移動)
の2つのタイプがあるようです。

ツアーの過去3年間くら...


>>続きを読む


コメント(3) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

驚嘆、「風林火山」越え!

2008.08.26 13:59  投稿者:ぶどうおばさん

山梨県とJRが協力して今年(2008年)4月〜6月に行った大型観光キャンペーン
「山梨デスティネーションキャンペーン(DC)」の実績が、今月(8月)22日に
発表され、翌日の山梨日日新聞に掲載されていました。

昨年は、TVの大河ドラマ「風林火山」放映で、大幅に観光客が増加しました。
今年は、ドラマは終わってしまっていますが、しかし!、昨年同期よりさらに増加し
た、という内容でした。
4月〜6月の間に県内を訪れた観光客数は、1200万人とのことで、「風林火山」
放送時の観光客数を0、3%超えた、という驚くべき結果です。

経済波及効果は、昨年同期より5億円、一昨年同期より172億円増加したとのことです


山梨県観光振興課とJR八王子支社が行った「山梨デスティネーションキャンペーン」
は、確実に成功したわけです。

JRが運行した「SL山梨号」などのイベント列車には、昨年の6倍の乗客。
JRや旅行会社が販売した商品の利用者は、昨年の9割増、とのこと。


主なイベントでは   笛吹市の桃の花まつり   に   33万人
    ...


>>続きを読む


コメント(4) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

▲Page Top