TOP > ブログ一覧 > ぶどうおばさんの山梨見どころ記 > ワイン・フルーツ

プロフィール

山梨が好きなのに、とっさには山梨の
良さを言えなくて、少々焦る甲府在住
の人間です。
山梨に関する事、甲府に関する事を
調べてレポートしてゆきます。
そうした中で、山梨の魅力を見つけ伝
える事が出来れば、と、考えています。
 ジャンルは? ....いろいろデス☆


     

ブログ内検索

カレンダー

<< 201711  
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

鳥もつ煮スナック

2012.10.28 17:59  投稿者:ぶどうおばさん

山梨が「甲府鳥もつ煮」で知られるようになってから鳥もつ煮関連のグッズやスナック類が多く見られるようになりました。
デパートの食品売り場や駅ビルの土産品コーナー、高速のサービスエリアや道の駅にあります。


  (1枚目の写真 鳥もつ煮スナック
           鳥もつ煮柿の種、鳥もつ煮ふりかけ、鳥もつ煮チップス、
           鳥もつ煮ポテあられ、鳥もつ煮ばかうけ)
  (2枚目の写真 道の駅とよとみの鳥もつ煮スナック等のコーナー)
  (3枚目の写真 鳥もつ煮ドロップス
           道の駅とよとみで販売。
           味はまさに鳥もつ煮のタレの味、甘からい醤油ダレの味です。)
            2012年10月27日撮影
              


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:ワイン・フルーツ

キノコ

2009.03.05 21:55  投稿者:ぶどうおばさん

過日の産業観光ツアーで訪れた秋山種菌研究所でお聞きしたキノコの話をしようと
思います。

キノコは菌床栽培でなく原木栽培のほうが安全•無添加•栄養豊富という内容を以前
ブログに書きましたが、栽培手順について、その時詳しく説明してくださいました。


【シイタケの原木栽培(秋山式椎茸簡易栽培法)】
   原木.......コナラ•ミズナラ•クヌギが最適
        太さ5㎝以上長さ90〜100㎝が標準的な原木
     ↓
   原木に穴開けをする
     ↓
   植菌.........種菌は、木片を埋め込むコマ菌と、菌を植えて封ロウを塗るタイプの
         オガ菌とがあるそうで、収穫時期や回数がそれぞれ異なるとのこと
     ↓
   初期の管理....ビニールや針葉樹の葉でおおって適度の湿気を保つ
     ↓
   本伏せ...........菌が活着した原木を暖かく水はけ◦風通しの良いところに積む
     ↓
   秋には自然発生....シイタケが生えて来て収穫出来る
  ...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:ワイン・フルーツ

甲州ぶどう 減産

2008.10.30 15:51  投稿者:ぶどうおばさん

10月に勝沼を訪れると、ぶどう棚には甲州ぶどうがたわわに下がり、ピンクがかった
うす紫色の房が頭上を埋め尽くします。
その、日本独自の品種「甲州ぶどう」の収穫量が減少の一途をたどっている、という
内容の記事を新聞(10/15付の山梨日日新聞)で読みました。
                          


栽培面積が、ここ15年程で半分に減ったとのことで、収穫量もピーク時の半分以下に
なっているそうです。
減少した理由は、 •高級品種への転換
         •生産にたずさわる方の高齢化      によるとのことです。


確かに、値段は大違いです。
  ピオーネや巨峰は取引価格が1kg 約1000円
  甲州ぶどうは取引価格が  1kg 150〜200円    だそうです。



甲州ぶどうは、生食用にもワイン用にもなりますが高級品種と言われる他のぶどうとの
値段の差は、あまりにも大きいと言えます。
生食用のぶどうは、近年、大粒で大房のものが増えており、1房1000〜3000円
のぶどうも多く見られます。
      瀬...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:ワイン・フルーツ

ぶどう、日本一

2008.10.17 15:09  投稿者:ぶどうおばさん

今日の新聞(10月17日付 山梨日日新聞)に、笛吹市についての記事が載ってい
ます。

笛吹市は、2006年の 桃の収穫量が日本一
            ぶどうの収穫量も、甲州市を抜いて日本一
となった、ということで、【桃•ぶどう日本一と温泉の郷】というキャッチフレーズの
のぼりを、石和温泉駅にたてて宣伝しているそうです。


同市は、日本一早い桃の花見や、ぶどう狩りや、周遊バスの整備に努力して来たそう
です。
フルーツと温泉を絡めて売り出そうと、石和温泉のホテルや旅館では、フルーツで客を
もてなしたり、夜のワイナリーを巡るツアーを行ったりしているそうで、「官民が連携
して誘客を図ってきた」とのことです。


新聞の記事を読んで、驚いたのは、ぶどうの収穫量(一昨年のものではありますが)の
日本一が、勝沼のある甲州市ではなく、笛吹市だったことです。
桃に関しては、一宮町や御坂町の桃の花畑を見ると、”日本一”がうなずけます。

近年は、山梨県の多くの場所で、桃やぶどうや、さらにはサクランボやイチゴまで、
人々がフルーツ作りに努力し...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:ワイン・フルーツ

ボトル缶ワイン発売

2008.10.13 17:36  投稿者:ぶどうおばさん

今日(13日)、モンデ酒造からボトル缶ワイン「プレミアム缶ワイン」が
発売されました。

石和のモンデ酒造に行き、実物を見てみました。


世界で初めて作られたキャップ型のボトル缶ワインは、赤•白の2種類。

「プレミアム缶ワイン•ルージュ」が、赤い容器のもの。 ¥500
                   (上の写真 左側)

「プレミアム缶ワイン•ブラン」が、緑の容器のもの。  ¥500
                   (上の写真 右側)


  -------------------------------                ----------------------------
  ::   プレミアム缶ワイン  ::        ::       世界初   ...


>>続きを読む


コメント(3) | この記事のURL | カテゴリー:ワイン・フルーツ

山梨のワイン•考

2008.10.09 21:21  投稿者:ぶどうおばさん

山梨県のワインは、日本全国に知れ渡っている、と言っても過言ではないでしょう。

そして、世界にも知られるよう努力しつつある、という現状にいます。

外国人観光客に対して、日本にもワインが有ること、その中でも山梨のワインは美味
しいことをアピールしてゆくことが、山梨のセールスポイントになるかと思います。


全世界で収穫されるぶどうの8割はワイン生産用に、
             1割が食用に、
             残りが乾果用に、 使用されているとのことです。

日本では、9割が生食用に、
     1割が醸造用に、   使用されるということなので、
ワインの生産量としては、日本は世界の生産国に比べると、かなり少量という事に
なりそうです。

そういう中、世界に ”日本のワイン” ”山梨のワイン” を印象づけるためには、
何が必要なのか........。


ソムリエの田崎真也氏が講演された内容をネットで拝見すると、
 「海外は、寿司に代表される和食ブームに沸いている。......これを追い風にして.....
  フランスに...


>>続きを読む


コメント(2) | この記事のURL | カテゴリー:ワイン・フルーツ

桃の保存

2008.09.21 09:57  投稿者:ぶどうおばさん

十日程前の話になりますが、桃を生のまま長期保存することが可能になりそうだ、と
いう記事が新聞(9/9付山梨日日新聞)に載っていました。

りんごを長期保存する時のやり方「CA貯蔵」で桃を保存する試みがJAフルーツ山梨で
進行中だそうです。

CAとはControlled Atmosphere(調整された空気)の略です。

果物は収穫後も生きており、人間と同じように呼吸(酸素を吸って二酸化炭素を排出)
しています。従って酸素の供給を減らせば呼吸が不活発になり熟したり傷んだりする
のを防げる、という考えです。

なら例えば、二酸化炭素を充満させたままにしておけば酸素が吸えず呼吸を不活発化
させられるのでは?

実際には、呼吸を抑制できても二酸化炭素は果実障害を起こす(CO2障害)事が判り
改良を重ねた結果、窒素濃度を高くするという方法になったようです。
調整された空気、というのは窒素•酸素•二酸化炭素の割合を調整した空気、という事
になります。



JAフルーツ山梨では青森県の会社と共同で実験しCA貯蔵で1ヶ月保存した桃を試食
したと...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:ワイン・フルーツ

ワイン用ぶどう

2008.09.08 15:02  投稿者:ぶどうおばさん

今年(2008年)8月、山梨で、『国産ワインコンクール』が開催された。
それは、「国産原料果実から製造したワイン」の品質を競うコンクールだということだ

山梨県は、日本の在外公館にコンクール入賞ワインを売り込み、その結果、18の在外
公館から26銘柄の発注があったそうだ。その中で山梨県産は15銘柄で、外国の公館
に購入され、行事等で振る舞われることになった、と、最近の山梨日日新聞に出ていた。
購入したのは、アジア•中南米•アフリカ等で、ワインの本場である欧州からの注文は、
さすがに少なかったようだ。


発注のあった山梨県産ワインのうち、7銘柄が甲州種とのことだ。


そこで、ワイン用ぶどうはどんなものが有るのか、調べてみた。
フランス、イタリア、ドイツなどの、舌を噛みそうな名前の欧州種ぶどう
     カベルネソーヴィニヨン•メルロー•ピノノワール•サンジョヴェーゼ
                               (赤ワイン用)
     シャルドネ•セミオン•ソーヴィニヨンブラン•リースリング(白ワイン...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:ワイン・フルーツ

ぶどう農家の努力

2008.09.05 15:50  投稿者:ぶどうおばさん

季節はいつのまにか秋で、街を歩くと桃ではなくぶどうが店頭をにぎわせているのを
見かけます。

最近の天候は、天変地異かと思われるような、落雷や局地的な豪雨や、台風の激しい
爪あとなど、かって経験したことの無いような状態の連続です。

これはやはり、地球温暖化に起因するもののようで、CO2を削減しようという試みはあ
るものの、毎年の気温上昇は避けられそうにありません。



年平均気温が上がるということは、果樹や野菜の生育にもダイレクトに影響を及ぼすと
いうことです。
今年の山梨県のぶどうの出来は、高い気温のせいで、糖度は良いものの色つきがあまり
良くない、と、述べられる農家の方もいるようです。


そんな、避けられない地球の温暖化を、逆手にとって、愛媛県のみかん農家は、気温が
高くても育つイタリア産のオレンジの育成に挑戦し成功している、という記事を新聞(
9月4日付 山梨日日新聞)で見ました。
これまでの温州みかんの栽培適温を1℃上回る最近の年平均気温17℃は、浮き皮や
着色の悪化をもたらす。それで、17℃以上で栽培可能になる品...


>>続きを読む


コメント(1) | この記事のURL | カテゴリー:ワイン・フルーツ

石和 モンデ酒造

2008.07.29 14:16  投稿者:ぶどうおばさん

JR石和温泉駅から南へ7分の所に、モンデ酒造があります。

ワイン作りの工場もみられ、試飲もできます。

女性に人気なのは、玉露リキュールだそうです。世界洋酒コンテストで金賞を受賞した商品で、
水で割っても牛乳で割っても良し、とのこと。
そのままなら甘〜くて、これも美味でした。
もちろん、辛口のワインも多種、そして、エゾウコギ等の薬草入りのヘルシーロゼなど、味の面
でもヘルシー面でも充実。

お酒がダメな方には、ソフトクリームがおススメ。
写真は 白桃ソフト。 桃の味がはっきり味わえます!
    巨峰ソフト
    白桃&ブルーベリー  など、¥300 で種類も豊富。

暑い夏を乗り切るには、冷たくて美味しいものを食べるのもイイ、と考えるのは私だけ!?
お試しあれ。


>>続きを読む


コメント(1) | この記事のURL | カテゴリー:ワイン・フルーツ

▲Page Top