TOP > ブログ一覧 > ぶどうおばさんの山梨見どころ記

プロフィール

山梨が好きなのに、とっさには山梨の
良さを言えなくて、少々焦る甲府在住
の人間です。
山梨に関する事、甲府に関する事を
調べてレポートしてゆきます。
そうした中で、山梨の魅力を見つけ伝
える事が出来れば、と、考えています。
 ジャンルは? ....いろいろデス☆


     

ブログ内検索

カレンダー

<< 201704  
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

厄除け地蔵尊祭り・続篇

2017.02.16 17:09  投稿者:ぶどうおばさん

厄除け地蔵尊のおられる塩沢寺は、甲府市の湯村温泉郷にあります。

今から約1200年前、弘法大師が厄除け地蔵を訪ねられた折り、道路の真ん中に大きな石があり旅人が通行に難儀しているのを見て杖で石を寄せたところ温泉が湧き出した、それが湯村温泉郷の始まりと言われます。
湯村温泉は「信玄の隠し湯」としても知られています。


弘法湯
 湯村温泉郷の中でも老舗。湯質は弱食塩泉。
 効能は神経痛・筋肉痛・疲労回復・関節のこわばり・慢性消化器病 等。

旅館明治 
 昭和の文豪太宰治が泊まった宿。昭和17・18年に逗留し「正義と微笑」
 「右大臣実朝」の二作を執筆したと言われます。
  


  (1枚目の写真 塩沢寺に続く参道の屋台)
  (2枚目の写真 弘法湯)
  (3枚目の写真 太宰逗留の宿 明治)

        2017年2月14日撮影


>>続きを読む


この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

厄除け地蔵尊祭り

2017.02.16 16:23  投稿者:ぶどうおばさん

「厄地蔵さん」の名で知られる甲府市湯村温泉郷にある塩沢寺の厄除地蔵尊大祭が行われました。

塩沢寺(えんたくじ)は808年に空海が開山し鎌倉時代には蘭渓道隆が中興開山となり、武田氏から厚遇を受けた真言宗の寺です。
2体のご本尊のうち1体は秘仏ですが、地蔵堂(国指定重要文化財)に安置されている開扉仏の石造地蔵菩薩像(県指定文化財)は毎年2月13日正午~14日正午までの24時間だけ耳を開き善男善女の願いを聞き入れ厄難を逃れさせてくれると言い伝えられています。特に厄年の男女がお参りして年の数だけ団子や一円玉をお供えすると、厄を除けると言われ毎年賑います。
入口右手の「舞鶴のまつ」は県指定天然記念物です。
13日は天気も良く昼から夜まで参拝客が列を連ねお参りしていたようです。

14日は朝早くから人々が訪れ、本尊の右手につながっている紅白の綱を揺らして鈴を鳴らし熱心に参拝しておられます。
折しも天気は快晴。屋台も通りの両側に長く続いてにぎわいを見せています。
寺側は5万人の人出を見込んでいるそうです。


  (1枚目...


>>続きを読む


この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

民話 画像・演奏付き朗読会

2016.11.16 12:56  投稿者:ぶどうおばさん

山梨の民話をスライドの絵と和楽器の演奏と共に朗読するという催しが行われました。
朗読は松井塾の塾長他計6名が、篠笛と和太鼓演奏は阿羅漢元メンバーの守山芳憲氏が担当され、画像は日本ネットワークサービス(CATV)で2年程前に放映された「やまなしの民話」の絵が映し出されました。

演目は全て山梨に関する民話で12話
   鷲の湯 鬼の湯    甲府市湯村
   強清水         甲府市右左口峠
   能蔵池の赤牛    南アルプス市
   足を切られた狛犬  市川三郷町
   よこどりの鐘      市川三郷町
   くもん淵        身延町下部
   甲斐のみずうみ   甲府市穴切
   河童の傷ぐすり    韮崎市釜無川
   うなぎ沢        市川三郷町
   長者窪        北杜市御岳
   猫檀家        甲斐市慈照寺
   鵜飼物語       笛吹市石和

ケーブルTVで放映された当時、これらの民話は一話につき4枚の絵がある絵本とし...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

県庁の建物

2016.11.06 13:30  投稿者:ぶどうおばさん

山梨県庁は、昭和初期に建てられた茶色いレンガの建物が特徴的で保存状態よく残されています。
今年になって平和通り沿いの出入口が広く整備され、県会議事堂や芝生の庭が見渡せるようになりました。


 (1枚目の写真 別館
      1930年(昭和5年)に地上3階建ての本庁舎として竣工され
      ここが本館となっていました。手狭になり地上8階地下1階の本館
      が敷地内に1963年に建てられ多くの機能は移動しました。
      去年4月に「近代人物館」が2階に開館し、山梨ゆかりの人物の
      紹介・内装を再現した旧知事室の公開がなされています。)

 (2枚目の写真 県議会議事堂
      1928年(昭和3年)に地上2階建てで竣工され現在も県議会が
      開かれる場所です。)

 (3枚目の写真 中庭
      県庁の敷地には他にも建物が複数あり県政の業務が行われています)

              2016年11月4日撮影
      


>>続きを読む


この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

甲府駅南口整備中

2016.10.22 08:21  投稿者:ぶどうおばさん

JR甲府駅南口周辺地区は、現在整備工事が進められています。
県都の玄関口としてふさわしい美しく風格のある景観とするためとのことで、総事業費30数億円をかけ行われています。


 駅前広場は 信玄公像の西側(一般車ロータリー・駐輪場))....完了
         信玄公像広場(山梨をイメージした水盤と滝・公衆トイレ)...工事中
         信玄公像東側の公共交通ロータリー中央工区
              (バス停を①~⑥まで屋根付きで設置)...完了
         駅前広場の東側工区(駅出入口の大屋根・バスターミナル)
                                ...工事中

新しいバス停は駅前広場を弧を描いて並び、以前に比べ広々として見通しが良くなっています。


平和通りの再整備は、駅前から市役所まで約460mで歩道を改修中です。
歩道橋撤去・八番街アーケード撤去は完了していて、計画では車道は現在の片側3車線を2車線にし中央分離帯を撤去、自転車道を設置するとのことです。
20...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

百万年を辿る旅

2016.10.17 11:49  投稿者:ぶどうおばさん

2016県民コミュニティカレッジ「八ヶ岳百万年の大地形成史を辿る旅」が15日に行われました。毎年大人気のこのバスツアーは抽選で当たった幸運な80名がバス2台に分乗して、県立大学の輿水教授同行のもと山梨県の大地形成においてポイントとなった場所を訪れるという地質観察会です。バスツアーの前週には座学
「八ヶ岳・茅が岳山麓一帯の見どころ」が行われ、
     ナウマン博士とフォッサマグナの発想
     大陸移動説以降、プレートテクニクス説が確立した過程
     最近(20世紀後半~)の科学の進歩による形成史の解釈の変化
等についての講義がありました。

観察会バスツアーの日程は
   甲府駅
    ↓
   野辺山高原しし岩展望台
    ↓
   三分一湧水
    ↓
   昼食
    ↓
   七里岩・屏風岩
    ↓
   桐沢の断層
    ↓
   道の駅 にらさき
    ↓
   黒富士火砕流を車中から見学
    ↓
   銀河鉄道展望台
    ↓
   明野サンフラワー公園
    ↓
   甲府駅


 野辺山高原平沢峠し...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

早朝の浅草仲見世

2016.07.17 08:34  投稿者:ぶどうおばさん

浅草仲見世を朝早く歩く機会がありました。
地元の方が犬の散歩をしている姿に時折出会う程度で、昼間の賑いが嘘のような静かなたたずまいです。
シャッターを下ろした仲見世はシャッターに描かれた祭りや侍や役者絵が次から次へと目を楽しませてくれ、たどって行くといつのまにか浅草寺に着きます。
伝法院通りも人がいないので、時代ものの軒が並ぶ落ち着いた雰囲気の通りが見通せます。


雷門前に位置する浅草文化観光センターには、観光案内所や展望テラスがあります。 こちらは 午前9時からの開館ですが便利な総合案内所です。
   1F 4カ国語(日本語・英語・中国語・韓国語)による観光案内所、
   2F 観光情報コーナー、    3・6・7F  
           は午前9時~午後8時

   8F 展望テラス、  4・5F 会議室
           は午前9時~午後10時


  (1枚目の写真 伝法院通り)
  (2枚目の写真 仲見世のシャッター)
  (3枚目の写真 展望テラスから仲見世を望む
             一番奥が浅...


>>続きを読む


この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

台北街歩き・続篇

2016.07.13 15:57  投稿者:ぶどうおばさん

台北市内での様子をもう少し紹介したいと思います。


  (1枚目の写真 朝食を売る店
           人々は自宅で朝食を作るという習慣があまり無いようで
           店頭に並ぶサンドイッチや饅頭類や他の食品を通勤途中
           に買い求めています)
  (2枚目の写真 路地
           大通りから一歩入るとオートバイが並ぶ路地です)
  (3枚目の写真 台北駅)
             2016年7月4日撮影


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

台北街歩き

2016.07.13 15:12  投稿者:ぶどうおばさん

今月初旬、台湾に行って来ました。

台北市はMRTが縦横に走り、東京の地下鉄さながらの便利さがあります。
路線の案内板もわかり易く、乗り換えのために歩く遠さも同様です。ホームは広く電車の乗降口に安全扉が設置してある駅も多く、車内は飲食禁止なので清潔です。

街なかではバスと黄色のタクシーが頻繁に往来し、信号が変わるとオートバイが一斉にスタートする様子は壮観です。


今回は目的地だけを自由行動で訪れたので、観光というよりは人々の日常の暮らしに接することが出来ました。
台湾を訪れて3~4回くらいになると、漢字の文化圏だし地下鉄も分かり易いし都市部には何となく住めそうな気がして来るのですが、その後何回か訪れてみると、日本で使われていない漢字も多く地名の位置を周知していないとバスを利用することはかなり困難だという事に気付きます。
他国を観光で訪れる事と住んでみる事には大きな違いがあるということを改めて感じた訪台でした。


MRTの駅がある地下街は庶民的な店が並び、衣類・レストラン・靴・本・アクセサリー・土産物の店は若者...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

バードカービング作品展

2016.05.12 17:10  投稿者:ぶどうおばさん

今年も「甲斐バードカービングクラブ」による野鳥の彫刻展が開催されています。
主宰の吉沢氏の作品をはじめ、会員の方達のこの一年の切磋琢磨が伺える作品が展示されています。

吉沢氏は2010年~2016年にかけての世界大会部門別入賞作品や全日本バードカービングコンテスト中級クラスでの受賞作品等、数多くの彫刻を出品しておられます。


会員さん達の作品は基本的に同じ鳥には同じ型を使い制作されるそうですが、とまる枝や向きを工夫して展示したり彩色も微妙に異なるので同じシジュウカラでも各々が個性的で可愛らしく、賑やかなさえずりも聞こえて来そうです。
木の角材を削る→形をやすりで仕上げ→下塗り→彩色 という過程で作られるそうですが、羽の柔らかさや鳥の体のぬくもりさえ感じさせるこれらの作品を作るには、さぞ根気と集中力が要ることでしょう。



吉沢氏の作品は形も自在で、首をかしげたり両翼を広げて羽ばたく鳥の一瞬の場面が表わされていて素人目にも熟達した力作だと分かります。
このバードカービング作品展は、毎年楽しみに観に来られる方...


>>続きを読む


コメント(1) | この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

▲Page Top