TOP > ブログ一覧 > 山と川と土と人と > カタログダウンロード

プロフィール

山梨の山と川と土と人とをテーマに自分にとって何であるのか?どのように関連付けて生きているのかを書いてみたいです。

ブログ内検索

カレンダー

<< 201911  
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

ダウンロード

  • 鳥もつ煮1

    みなさまの縁をとりもつ隊のグランプリ優勝後の新しいパンフレット

  • 鳥もつ煮2

    とりもっちゃん  と えんまる君

  • 鳥もつ煮3

    最新と思われるパンフレット

  • 青年小屋3

    登り返して擬帽子岳への途中です。
    この峠付近はそんなに古くない昔、森林を伐採した跡があります。

    青年小屋の設置の為景観を広く見渡せる為に整えたものか?
    用材として樹木を切り出すには、麓への林道がありません。

    山小屋の存在を含む十字路としては周囲への見通し、及び周囲からの十字路の確認に相応しい。
    山岳における適切な森林の使い方と思う。

  • 青年小屋2

    この青年小屋は十字路になっています。
    ①編笠岳へ
    ②観音平への下山
    ③擬帽子岳から権現岳へ
    ④西岳へ

    青年小屋の入り口に赤提灯がぶら下げてあります。
    なかなかお洒落です。

  • 青年小屋1

    ここは山梨県の地籍です。
    編笠岳と権現岳を繫ぐ中継基地です。

  • 擬帽子岳1

    宮中で被る貴族の帽子に似ている処から擬帽子だと思う。
    今日では神主も被っている。

  • 擬帽子岳2

    ギボウシ

▲Page Top