TOP > ブログ一覧 > 山と川と土と人と > 愛宕山子供の国

プロフィール

山梨の山と川と土と人とをテーマに自分にとって何であるのか?どのように関連付けて生きているのかを書いてみたいです。

ブログ内検索

カレンダー

<< 201704  
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

愛宕山子供の国

2011.11.03 07:28  投稿者:ootaminoru

子供が自由広場でアスレチックを楽しむ。
この自由広場の使用は無料なので助かります。
アスレチックを好む年齢がありそうだ。

私の経験では幼児から小学生中年生までが特に好んで遊ぶように思う。
団体でも家族単位でも利用できて無料なのがありがたいです。
11月2日久しぶりに小学生を案内して自由広場に行って来ました。

少年自然の家は団体利用である事は理解できるが宿泊そして食事代として小中学生一人当たり1900円掛かるので、今まで地域の子供達と利用した事がありません。その内訳が食事代が1800円だそうだ。
牛丼が280円の時代に子供の食事代としては3食としてもやや垣根が高いと思うが、、、、。

愛宕山少年自然の家並びに科学館が山梨県の子供の登竜門として今後益々栄える事を希望します。

どんぐりころころどんぐりこ。
どんぐりがいっぱい転がっていました。


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

コメント

コメントを投稿する

ボタンをクリックしてもコメントフォームが開かない方は、
お使いのブラウザのポップアップブロック機能を解除してください。

▲Page Top