TOP > ブログ一覧 > 山と川と土と人と > 赤沢宿

プロフィール

山梨の山と川と土と人とをテーマに自分にとって何であるのか?どのように関連付けて生きているのかを書いてみたいです。

ブログ内検索

カレンダー

<< 201704  
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

赤沢宿

2011.10.29 19:57  投稿者:ootaminoru

身延山と七面山を繋ぐ道、その中間に赤沢宿があります。
身延線が東海道から身延まで開通した大正時代、この赤沢宿は最も繁栄したそうです。
未だ自動車の時代ではなく身延駅から徒歩で身延山久遠寺へ参拝し、更に身延山奥の院に徒歩で登り、そこから裏登山道を歩いて感井坊に下山し七面山への尾根を歩き赤沢宿へ一泊。そして翌日、七面山へ。
最も繁栄した時代は年間10万人を超えたそうです。

モータリゼーションの時代に入り赤沢宿はその役目を終えました。
七面山への参拝者は現在もいますが、便利な自動車で七面山登山口の角瀬、最短距離の羽衣まで車で入ります。
伝統ある信仰の道も自動車社会には例外ではありません。

現在では一軒だけ民宿があるそうです。
近い将来、身延山から七面山へ歩いてみたいと思う。

写真1は七面山の登山道途中の展望台から赤沢宿全景を撮影しました。
写真3は赤沢宿の軒下に飾られた講元の札です。


この場所を地図から探す


近くのエリアの記事

赤沢宿で時を忘れる
From:富士川のんびり紀行
赤沢宿のおそばやさん!
From:富士川のんびり紀行

コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

コメント

コメントを投稿する

ボタンをクリックしてもコメントフォームが開かない方は、
お使いのブラウザのポップアップブロック機能を解除してください。

▲Page Top