TOP > ブログ一覧 > 山と川と土と人と > 朝霧の発生

プロフィール

山梨の山と川と土と人とをテーマに自分にとって何であるのか?どのように関連付けて生きているのかを書いてみたいです。

ブログ内検索

カレンダー

<< 201904  
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

朝霧の発生

2011.10.16 06:29  投稿者:ootaminoru

富士五湖などではこれから急激に夜間の気温が下がる頃、湖面の暖かい水蒸気が立ち上り朝霧となる現象が見られるだろう。又もっと寒くなると湖面の水蒸気は氷結して周囲の山に霧氷となるだろう。樹氷と言うのかな。
厳寒期に湖面が氷結すると発生は止まるだろう。

晩秋のある日、早朝精進湖から女坂に登り三方分山から王岳そして十二が岳へ御坂山塊を縦走したことがありましたが素晴らしい霧氷(樹氷)に出会ったことがあります。もう20年以上前になりますが、、、。
これからの富士山も期間限定で素晴らしいだろう。写真に表現する努力をしてみようと思う。


写真の場所は富士五湖ではありませんが尾瀬ヶ原の一泊二日の旅で二日の朝
共、朝霧が見られました。
尾瀬ガ原は高層湿原で表流水や地下水が流れています。
この時期、尾瀬ヶ原は朝晩の冷え込みは零度ないしはマイナス温度になりますが高層湿原は暖かで霧の発生となりました。

日中は気温が上がり朝霧は消滅しました。
10月9日


この場所を地図から探す


近くのエリアの記事

コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

コメント

コメントを投稿する

ボタンをクリックしてもコメントフォームが開かない方は、
お使いのブラウザのポップアップブロック機能を解除してください。

▲Page Top