TOP > ブログ一覧 > 山と川と土と人と > ハロウイン

プロフィール

山梨の山と川と土と人とをテーマに自分にとって何であるのか?どのように関連付けて生きているのかを書いてみたいです。

ブログ内検索

カレンダー

<< 201911  
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

ハロウイン

2010.10.29 17:30  投稿者:ootaminoru

 10月29日ハロウインのお祭(パーテー)を南アルプス市のアルプス学園で遭遇しました。

ハロウインの存在を聞いてはいましたがハロウインを見るのは始めての体験です。
午後から日本語の授業に行ったら大広間で仮装した子供たちが群れていて、時間になっても教室に入って来ません。
結局休校にしてハロウインを一緒に楽しむ事にしました。

ブラジル日系人の児童の学校で学校を挙げて今日10月29日(金)に行なわれました。本当は10月31日が正式なのですが前倒したものと思います。土曜日、日曜日は学校がお休みなので。

校舎内はコウモリやお化けかぼちゃ等の飾り付けをして西洋式お化け屋敷の肝試しをする区画とメイン会場は闇鍋みたいな彼らには馴染みの無いごった煮料理を食べさせます。そのゲテモノを食べるとご褒美にお菓子がもらえます。
コンニャク、レバー、ニワトリの足を蒸したもの(日本ではモミジという部位らしい)等など。それから青汁などです。
私はニワトリの足が美味しかった。ゼラチン質の軟骨をかじりとるもので豚のもつ煮が好きならば大好物だろう。子供には姿形で拒否反応が出るようだ。

子供たちは仮装し非日常の姿になります。魔女に変身している子もいます。

日本では東京で局地的に流行っているそうですが山梨県では馴染みが薄いようだ。
ハロウインは日本式の村の鎮守の秋祭りみたいなものだ。


都会では製菓メーカーがこぞって期間限定のお菓子を発売しているそうです。クリスマス、バレンタイデーについで第三の商戦に仕上げているらしい。
デズニーランドも2000年からハロウインを取り入れているそうな。

ハロウインの歴史はイギリス北部のケルト人の収穫祭が元でキリスト教圏に取り入れられ特にカトリック教徒に伝播して11月1日の聖人祭の前夜祭をハロウインに設定したらしい。ケルト人は11月1日が日本のお正月で新年だそうだ。だからハロウインは大晦日のお祭として定着しているのだそうだ。
アングロサクソン系の諸国で地域性が強いお祭として局地的に行なわれているそうだ。
アメリカに渡り宗教性は失われて単にお祭りとしてのハロウインが受容した。一方ラテンアメリカはカトリックの国が多いが、聖人祭は行なうが、あまりハロウインは盛んではないそうだ。

けれども、日本の地域社会から締め出されている日系外国人としては積極的に自分たちのお祭として取り入れているのかなと思う。


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

コメント

コメントを投稿する

ボタンをクリックしてもコメントフォームが開かない方は、
お使いのブラウザのポップアップブロック機能を解除してください。

▲Page Top