TOP > ブログ一覧 > 山と川と土と人と > うわとの郷物語(2)

プロフィール

山梨の山と川と土と人とをテーマに自分にとって何であるのか?どのように関連付けて生きているのかを書いてみたいです。

ブログ内検索

カレンダー

<< 201901  
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

うわとの郷物語(2)

2010.01.07 21:15  投稿者:ootaminoru

甲斐国山梨郡表門と線刻の入った銘皿(平安時代:凡そ西暦1000年)

写真1  大坪遺蹟(甲府市横根町)11世紀初頭の平安時代。
     1982年に出土しました。1994年の調査では土器を生産した
     と思われる跡が確認されています。


奈良時代の甲斐国分寺、国分尼寺の瓦室跡等が発見されています。
奈良時代の聖武天皇が全国に国分寺及び国分尼寺の勅令を出しています。
写真2と3
此処で焼かれた瓦が笛吹市一円の寺社(国分寺国分尼寺)に供給されました。
上土器遺蹟(甲府市桜井町)

山梨県考古学博物館の冬季企画展「表門郷ものがたり」より。


この場所を地図から探す


近くのエリアの記事

山崎の処刑場
From:山と川と土と人と

コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

コメント

コメントを投稿する

ボタンをクリックしてもコメントフォームが開かない方は、
お使いのブラウザのポップアップブロック機能を解除してください。

▲Page Top