TOP > ブログ一覧 > 山と川と土と人と > 太陽誕生 

プロフィール

山梨の山と川と土と人とをテーマに自分にとって何であるのか?どのように関連付けて生きているのかを書いてみたいです。

ブログ内検索

カレンダー

<< 201704  
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

太陽誕生 

2010.01.01 00:15  投稿者:ootaminoru

太陽誕生

21世紀の地球規模の手詰まりな時代には新しい枠組みや新しい問題解決のルールが必要になって来た。
先進国が後進国をリードする。南北対立、宗教対立、東西対立、超大国、覇者の論理、核の傘、核の抑止力、など選ばれた国家によるルールから総当りの新しい時代の到来をCOP会議が証明していると思う。いまだ騒乱期だと思う。

昨年の暮れ、12月30日と31日にNHK総合テレビで合計6時間の「遙かなる絆」原作:城戸久枝 を観ました。
好むと好まざるとにかかわらず グローバルな社会に住む現代人にとって、叉直近の我が国のインバウンド観光に係わりを持つものにとって国際感覚が大切だ。
国と国を隔てるわだかまりを持つ国民感情と人間愛の絆の相反する両面を同時に同一の人が持っている。

東アジアからの外国人観光客、そして東アジア諸国の海外への観光やビジネス、国際協力などその交流はドンドン増えて行くだろう。

観光の世界で政治、歴史(戦争)と宗教の話しは厳禁だ。
その通りだと思う。

しかし、場を選んで将来は分かり合う努力と言うよりも折り合う努力とそれを可能にするコミニュケーション力が必要だと思う。
それが究極の国際政治、文化交流だと思う。


新しい時代に対応する努力を続けたいと思います。
少なくともその時代の風を読む力を持続したいものと思う。

まず新年早々、手始めに次の講座に参加する予定でいます。
公開セミナー 「報道が証言する戦争の記憶と現代」
一部 ジャーナリストの見た戦争 -戦前、戦中、戦後ー
二部 戦争の記憶から歴史へ -今日的展望ー

山梨学院生涯学習センター主催 小菅ゼミ公開セミナー
平成22年1月20日 19時~21時 無料


この場所を地図から探す


近くのエリアの記事

宮城県で富士山ナンバー
From:山梨の山
平成23年元旦のダイアモンド冨士
From:山梨の山
ダイアモンド富士
From:山と川と土と人と
竜ヶ岳(山梨百名山26)
From:山と川と土と人と

コメント(2) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

コメント

<a href=http://prednisone.pro/>preddisone no</a> <a href=http://buy-prozac.faith/>buy prozac online</a> <a href=http://kamagra-online.ru/>kamagra online pharmacy</a> <a href=http://seroquelgeneric.eu/>seroquel generic</a> <a href=http://buybenicar.bid/>benicar</a> <a href=http://cleocingel.top/>cleocin gel for acne</a>
投稿者:aseacuwcaz: at 2016/06/22 03:03
http://buy-tetracycline.party/ - where can i buy tetracycline http://arimidex-online.top/ - arimidex http://ventolininhaler.top/ - ventolin inhaler without prescription http://cleocinonline.ru/ - cleocin
投稿者:aseanizlzf: at 2016/05/30 03:28

コメントを投稿する

ボタンをクリックしてもコメントフォームが開かない方は、
お使いのブラウザのポップアップブロック機能を解除してください。

▲Page Top