TOP > ブログ一覧 > 山と川と土と人と > 竜ヶ岳(山梨百名山26)

プロフィール

山梨の山と川と土と人とをテーマに自分にとって何であるのか?どのように関連付けて生きているのかを書いてみたいです。

ブログ内検索

カレンダー

<< 201704  
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

竜ヶ岳(山梨百名山26)

2009.12.31 14:50  投稿者:ootaminoru

大晦日の早朝、本栖湖の傍に聳える竜ヶ岳に登って来ました。
竜ヶ岳は1485メートルの山で本栖湖の水面が900㍍ですから標高差585メートルになります。頂上までは約2時間掛かりますが富士山撮影には途中の吾妻屋以上の中腹から沢山の撮影適地があります。

数年前からほぼ毎年、元旦か大晦日に、この山からダイヤモンド富士の撮影に来ています。
今日もそのダイヤモンド富士の撮影でした。

登山口は本栖湖畔のキャンプ場からです。
今日、12月31日はすごく空いていました。
大きな駐車場に20台ぐらいしか自動車がありませんでした。
明日の元旦は大勢の人が詰め掛けるでしょう。
例年関東方面から観光バスが5台から10台くらいツアーで来るそうです。
大阪からも名古屋からも来るそうです。

本栖湖キャンプ場に年間契約でもう10年以上バンガロウを借り切っているT氏の弁です。彼は町田方面に居住していますが週末になると金曜日の夕方からほぼ毎週このバンガロウのセカンドハウスにやって来て寝泊りをしています。此処を基点に旅をされています。
かなりの富士山写真家でもあります。
毎年下山して彼のバンガロウに立ち寄り挨拶をします。
1年に一度この時期に再会します。




平成21年12月31日午前7時48分ダイヤモンド富士撮影をする。
但しその配信は明日の元旦に致します。お楽しみに、、、。



写真1は御来光3分前です。頂上付近が焼けてきました。
この瞬間は刻々と色が生き物のように変化します。
真に感動的です。

写真2は中腹の吾妻屋です。

写真3は本栖湖へ下山して千円札の撮影場へ向ったら富士山の頭は雲の中でした。明日は天気が崩れるらしい。
今日、撮影できて幸せです。



 


この場所を地図から探す


近くのエリアの記事

ダイアモンド富士
From:山と川と土と人と
平成23年元旦のダイアモンド冨士
From:山梨の山
宮城県で富士山ナンバー
From:山梨の山
太陽誕生 
From:山と川と土と人と

コメント(1) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

コメント

niBgiH <a href="http://ohvckfepucvk.com/">ohvckfepucvk</a>, [url=http://avclbdmsjzvs.com/]avclbdmsjzvs[/url], [link=http://lrzkexjqxjco.com/]lrzkexjqxjco[/link], http://hofywddnvvrx.com/
投稿者:pmajnul: at 2016/07/16 07:41

コメントを投稿する

ボタンをクリックしてもコメントフォームが開かない方は、
お使いのブラウザのポップアップブロック機能を解除してください。

▲Page Top