TOP > ブログ一覧 > 山と川と土と人と > オバマ大統領に日本ワインを

プロフィール

山梨の山と川と土と人とをテーマに自分にとって何であるのか?どのように関連付けて生きているのかを書いてみたいです。

ブログ内検索

カレンダー

<< 201911  
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

オバマ大統領に日本ワインを

2009.10.17 18:10  投稿者:ootaminoru

オバマ大統領の来日に「首相官邸で催す供宴に日本ワインを」

オバマ大統領が11月来日します。その首相官邸で催す供宴に日本ワイン出してはどうだろうか。

以下の文章は私が書いたものではなく毎日新聞21年10月17日P9掲載の西川恵のグローバル EYE から抜書きしています。パクリです。

オバマ大統領が来月、来日する。鳩山首相に提案がある。
首相官邸で催す供宴に日本のワインを出してはどうだろうか。
外交の場における供宴で日本は何故日本ワインを出さないのだろうかと疑問に思って来た。

外国の首脳が来日した際、首相官邸の供宴は基本的にはフランスのワインだ。日本ワインが出されるのは極めて稀で04年のドピルパンフランス外相(当時)が来日した時、飯倉会館で山梨県産の赤ワイン「登美」が出された。
中略、、、。
これはワインに詳しい外務省職員のアイデアだった。
これは例外だ。

料理を請け負うホテル側の提案を殆どそのまま受け入れてきた。
そうなると無難に名のあるフランスワインとなる。

中略、、、、。
日本ワインを出すべき理由の一つは日本ワインのレベルの高さを知ってもらう事で販売拡大、農業振興につながるからだ。
日本のワイン造りは長年、大手メーカーがリードして来た。
土壌や葡萄品種改良など経験を蓄積し周辺農家に伝えて来ました。
こうして90年半ば頃からは中小メーカーが台頭し最近はワインに見せられた若者も参入し頑張っている。
首脳の食事会に日本のワインが常時出るようになれば大きな励みになる。

もう一つの日本ワインを出すことは供宴をコーデネートする力、ひいては日本文化の発信力に通ずる。
日本は料理、ワイン、陶磁器、工芸品、食を取り巻く素晴らしい文化をようしている。
ただこれを全体として練り上げ、より付加価値の高いものとしてアピールする力に欠ける。
供宴をコーデネーとする力を持った助言者が欲しい。

日本ワインを中心に据えるとおのずからそれに似合う食材や料理、器が決まる。
首相官邸が「食の観点から日本文化を総合発信する場」となったら素晴らしい。

写真は平成20年インバウンド観光研修講座「ワイン研修」
平成21年10月25日勝沼マンズワインにて撮影したものです。
上記文章と直接関係するものではありません。


写真1 各種原料と製法と原料によって製造された日本産ワインのテイス
    チング。

写真2 ワインの種類

写真3 私が気に入ったワイン

私は鳩山総理と親しくありません。首相官邸にも知人がいません。
どうかこの記事を見た人の中でコネクションのある人は政府首脳にこの事を伝えて下さい。
せめて、山梨県知事横内正明氏に伝えていただきたいと思う。[ほっとけない]


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:ワイン・フルーツ

コメント

コメントを投稿する

ボタンをクリックしてもコメントフォームが開かない方は、
お使いのブラウザのポップアップブロック機能を解除してください。

▲Page Top