TOP > ブログ一覧 > 山と川と土と人と > november 2009

プロフィール

山梨の山と川と土と人とをテーマに自分にとって何であるのか?どのように関連付けて生きているのかを書いてみたいです。

ブログ内検索

カレンダー

<< 200911 >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

舞鶴城公園(甲府城跡)の晩秋(5)

2009.11.25 17:20  投稿者:ootaminoru

石垣からのお話。流れ流れてどこどこ行くの?

甲府城址は、つい最近まで城に関する建築物(建物)はありませんでした。
明治の初年に全て壊してしまったからです。
城址の範囲も内堀(二の堀、三の堀が別に外側にあった)の内側の1/3しか残っていません。2/3は都市に飲み込まれて県庁になったり百貨店になったり甲府駅、中央線になったり、堀を埋めて周辺道路になったりしています。
辛うじて石垣だけが残されていました。

しかし築城以来そのままの石垣が残されていたのは真に幸運でした。
甲府城の自慢の種はこの石垣です。

建物については12年ほど前から山梨県は甲府城に多額の予算を投入して修復整備して史跡としてリュアールしました。
現在復元された建築物は
1内松陰門
2鍛冶曲輪門
3稲荷門
4稲荷櫓です。

それから甲府駅の北口東に甲府市が昨年山の手御門を復元しました。
県庁東側の門の舞鶴道路を北に進み中央線弧線橋を渡り終えた右手に見える門がそれです。
その山の手御門を入れて5つになります。

それから最近のニュースとして近い内に鉄門(くろがねもん)...


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(1) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

舞鶴城公園(甲府城址)の紅葉(その4)

2009.11.24 10:18  投稿者:ootaminoru

秋です。
都市とは「第一次産業従事者の住民に占める割合が少なく絶えず人と物そして情報が出入りしている場(機能)」をいうらしい。
人と物が出たり入ったりしていなくて人だけ定着している場所は住宅地であり住宅団地だ。そうした場所はものが流入し消費されるのみの場であり都市の一つの側面ではあるが必ずしも都市全体の場とは言えない。
都市の繁栄を考える場合、都市の機能、構造からもう一度考え直す必要がありそうだ。はたしてリニアが県内を通り県内駅が出来てもそれに耐える都市の場や存在する山梨県の場を確保できるのかどうかが問われている。
その場を確保できるかどうかは自らが創造することであり、国から、叉は天から、神様から与えられるものではない。

地域活性化、地域観光増進、経済再建化などなど毎日の新聞にそれらに関連した記事が掲載されていますが人々の記憶に留まることなく走馬灯のように過去という闇に葬られて行きます。

県内いたるところでいたる人達が明日の山梨に期待を寄せて今の生を頑張っています。しかしその多くは情報の垂れ流し過ぎ...


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(6) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

舞鶴城公園(甲府城)の晩秋(3)

2009.11.18 18:22  投稿者:ootaminoru

甲府城の稲荷曲輪に山梨(ヤマナシ)の原木があります。
いまだ10個以上の果実を枝にしっかり付けています。
果実は茶色で赤梨の典型です。
日本の梨は赤梨と青梨があります。

甲斐の国から朝廷に梨を献上したとの記録が延喜式(西暦927年)延喜5年の平安中期にあります。
青梨五担を貢進したとの事です。青梨である事に注目。姿形は記載なし。

甲斐国志には要約すると「山梨郡勝沼の上岩崎村及び北山筋長塚五箇村に梨が産する。いろんな種類があるが皆、青梨ではない。その形は紡錘形で上下が細く胴が太い。」
甲斐国志は文化11年(1814年)に編纂された甲斐の国の地誌です。

甲斐叢記、嘉永元年(1848年)に峡中八珍果として甲州の代表的な果実八種類を絵入りで書かれています。
林檎 柿 石榴 栗 葡萄 梨 銀杏 桃ですが梨の図は丸く球形に書かれています。赤梨か青梨かは判りません。

写真1から甲府城跡にある梨は赤梨です。
大きさはピンポン玉より一回り大きくしたくらいです。
はたして日本古来からの梨なのだろうか。

写真2は天守台に向って撮影しま...


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

舞鶴城公園(甲府城跡)の晩秋(2)

2009.11.17 21:39  投稿者:ootaminoru

私は甲府城御案内仕隊の隊員としてボランテアで甲府城跡を訪れたお客様に山梨県の観光案内をしています。お客様のニーズに合わせて守備範囲は多岐に渡ります。解からない事や知らない事には聞き役になる事もしばしばです。持ち場が甲府城ですので主に甲府城に関することが多いのですが、最小限度ご説明するのは

①甲府城は武田信玄公の城ではないこと。
 武田を滅ぼして甲斐の国を占領した勢力によって築かれた城である事。
 
②時代は1600年の関が原の天下分け目の戦いの直前に豊臣秀吉の配下の浅野長政幸長親子によって築かれた。
以後徳川方の城となりました。

③石垣は野面積であること。

④1705年から1724年まで柳沢吉保吉里親子が城主であったがその時代が最も城下町及び城郭を整えた時期であった事。以後は天領(幕府直轄領)で甲府勤番支配であった。

写真1は坂下門跡:大手門から入場して坂下門を経て鉄門から本丸に至る重要な通路。黄色い樹木は榎木です。

写真2は本丸にカラスが運んで来た柿の種からの実生です。渋柿です。
どうして実生からと解かる...


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

舞鶴城公園(甲府城跡)の晩秋(1)

2009.11.17 18:14  投稿者:ootqaminoru

舞鶴城公園が秋本番となりました。
城郭のない城跡の秋の気配は寂しくてなりません。



「舞鶴城公園」は都市公園法の公園の名前です。
その公園の中に県指定史跡「甲府城跡」があります。
舞鶴城公園の「舞鶴城」とは江戸時代後期から明治時代初期に市民によって名付けられた愛称です。愛宕山から眺めると鶴が舞っている姿に見えるからだそうです。

しつこい表現になりますが都市公園法の「舞鶴城公園」と県の史跡「甲府城」は別のものです。同じ敷地内に違った性格のカテゴリーがダブってあるのです。

前者は公園として癒しの場であったり、防災上の避難地であったり、緑地帯であったりします。仮にブランコがあっても滑り台があっても噴水、ベンチ、売店、駐車場、野球場、プール、陸上競技場、動物園があっても差し支えありません。小瀬の運動公園を想定して下さい。
後者は歴史的史跡として、その当時の状況を出来るだけシンプルに保存した古い建物や遺構(旧跡)で日本の文化財の種類の一つであり歴史上叉は学術上価値が高いと認められた場所です。日本国及び地方公共団体...


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

蔦の紅葉

2009.11.13 16:45  投稿者:ootaminoru

蔦(つた)が紅葉していました。
笹子駅から笹子川沿いに下り吉久保の村落を抜けた中央自動車道の陸橋フエンスに絡まっていました。
私は何時も山梨県庁の議会議事堂の隣の旧本館の外壁に這う蔦の紅葉を見ていますが今年は発色が宜しくありません。

葉の形や紅葉して落葉する事、黒くて丸い果実の姿や蔓性であるところから葡萄に近い植物であると想像しています。

山梨にはブドウとワインに詳しい人がワンサと居られるであろうから控えめに、、、発言をします。
明治時代以前は葡萄のことをエビカズラとも言ったようです。江戸時代には既に甲州種葡萄は江戸に生食用として出荷されていましたが、葡萄と言えば野生の山葡萄が一般的だったので山葡萄の事をエビカズラと言ったのかもしれません。
明治13年(鉄道はありません。)に明治天皇が東京から甲州街道を馬車で進み(但し、笹子峠は籠)甲府を経て長野県に至るご巡幸をされていますが、巡幸後東京へ帰って山梨の葡萄を思い出して詠んだ詩が残っています。明治天皇は葡萄と言わずにエビカズラと言っています。この場合、明...


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

野良の秋

2009.11.12 04:23  投稿者:ootaminoru

小雨上がりの野良道を歩きました。其処にも秋があります。
子孫の繁栄のために強かに生きています。

映画「沈まぬ太陽」を観て来ました。
人間は子孫の繁栄だけが人生の目的や目標ではない。
思いの通りにならない人生ですがその場その場でどのように生きるかが大切なんだと言っているようです。くさらずに、現実を受け入れて最善を尽くすことが大切だと映画は言っているのかな。


山梨の女性史を学ぶ
「地域でお産を支えた山梨の助産師たち」

ここにも職業として一生懸命格闘し仕事をしてきた女性の匠がいます。


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

庭の小菊

2009.11.07 06:30  投稿者:ootaminoru

庭の小菊が見頃を過ぎました。
ご苦労様でした。
叉来年お会いしましょうね。

小菊を観光のメインに据えて取り組んでいる自治体?観光協会?があります。検索して主催を調べたら京阪電鉄でした。
大阪「枚方大菊人形祭り」です。
この季節、大阪人や関西人は枚方大菊人形を見に枚方へ行ったものです。
過去形なのは100年続いた菊人形祭りは2005年で幕を閉じたそうです。
表向きは造り手の高齢化を挙げています。
真相はもっと複雑な価値観の多様性とかで集客力を失ったのかもと想像しますが、、、、。

私は小学生(昭和27年頃?)の秋の遠足で先生に連れられて学級児童の皆でぞろぞろ枚方菊人形祭りに行きました。
小学生ですから今から60年くらい前になります。
兵庫県芦屋市に住んでいた時分です。
今ではその枚方大菊人形祭りは辞めになったそうですがインターネットで検索しますと記事が出て来ます。
是非「ひらかた大菊人形」百科事典ウイキペデイアで検索して見て下さい。

何が言いたいのか?
そうです。庭の小菊では観光の主役として人は集まらないと思えますが小菊...


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

滝子山(山梨百名山25)

2009.11.04 15:55  投稿者:ootaminoru

明治35年笹子峠にトンネルが開通して明治36年に甲武鉄道の終点八王子から延長して東京~甲府間が供用開始しました。その笹子トンネルは4656メートルで当時としては東洋の最長のトンネルだったそうです。明治29年から6年の歳月を掛けた難工事でした。

笹子駅にある笹子隧道記念碑には当時の内閣総理大臣桂太郎の筆による大きな記念石碑が立っています。この記念碑は平成4年までは甲府城に立っていましたが甲府城を戦国末期のお城として県の史跡にする為に笹子駅に移動して頂いたとのことです。

その笹子トンネルの上は江戸時代からの旧笹子峠で国中と郡内を隔てる要塞でした。武田勝頼はこの笹子峠で大月の岩殿山に落ち延びようとしましたが小山田に裏切られて通せんぼに会い田野で果てます。武田の終焉です。時は1582年です。

笹子峠は奥秩父山塊(秩父多摩甲斐国立公園)の大菩薩連峰の最南端にありますが山脈は更に南につながり本社ヶ丸、清八峠、三つ峠山、を経て今度は西に向って御坂山、三方分山を経て蛭が岳に至る長い山脈が繫がっています。
笹子峠...


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

メープルリーフ

2009.11.01 18:29  投稿者:ootaminoru

カナダ国旗は白地に赤のメープル(楓)リーフ旗です。

そのカナダ産メープル(楓)の樹木が山梨英和大学の構内に沢山あります。
この季節、一見の価値があります。

私は平成21年10月31日に英和大学で講義があったパブリックテーマ講座(日本人と宗教)に出席しました。
この季節、山梨英和大学では公開講座を開いてくれています。毎年楽しみにしています。
英和大学は人間文化学部人間文化科の大学です。

楓の種類は沢山ありますが、カナダ産の楓は日本にはない種類です。
私が知る限りでは山梨学院大学の西側の敷地内街路樹にも良く似たメープルが数本植えられています。厳密にカナダ産のものかどうかは知りませんが。

ここ英和大学はカナダ系のキリスト教メソジスト派の学校です。明治22年に開校しています。大変歴史の古い私立英和女学校を前身にしています。歴代の教師や校長先生はカナダ人でした。
私が英和大学を懇意にしているのは赤毛のアン(著者モンゴ コメリー)は1908年に刊行されましたが1868年当時の日本の明治維新の時期のカナダのエドワード島の農村の...


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

みずがき山自然公園

2009.11.01 07:35  投稿者:ootaminoru

もう十年以上前になりますかね。植樹祭があった場所の跡地が「みずがき山自然公園」です。
植樹祭には天皇陛下が来られたそうです。

北杜市須玉の塩川上流地区は従来、その支流である本谷に増富ラジューム温泉郷がありその上流に金山平に山荘キャンプ施設があり更に少し登った地点が瑞垣山と金峰山の登山口で瑞垣山荘がありました。
現在もそれらの施設はありますが、最近ではみずがき湖が出来て以来この辺りの観光施設は充実し見所、休息場所、森林浴の遊歩道が揃っています。
その目玉施設は「みずがき山自然公園」です。
ここは山梨県で植樹祭を行なうために造成開発した広場です。
天皇陛下が来るので大変な力の入れようで山梨県が開発した施設や取り付け道路です。
勿論全国的な植樹祭記念行事ですから国民体育大会みたいに各県の持ち回りだと思われ中央政府からの指示で動いたものでしょう。

植樹祭を行う為に広大な森林を伐採しブルトーザーで掘り返した自然破壊を山梨県が行なった場所です。
必要最小限度の必要悪であったかどうかは解かりませんが山地の開発と有効利用...


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

▲Page Top