TOP > ブログ一覧 > 山と川と土と人と > 甲州人のひとり言

プロフィール

山梨の山と川と土と人とをテーマに自分にとって何であるのか?どのように関連付けて生きているのかを書いてみたいです。

ブログ内検索

カレンダー

<< 201705  
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

リニア新幹線山梨中間駅構想

2011.07.06 06:22  投稿者:ootaminoru

リニア新幹線の山梨中間駅の場所がほぼ決まった感がする。
JR東海が示した駅の候補地は中央市と昭和町のJR身延線の常永、小井川、東花輪に至る畑と田んぼの市街化調整区域を含む半径5k圏内としている。
JR東海が示した候補地選定のデーターを公表されていないがその条件の一つに人家が少ない、即ち土地取得が容易な場所を選んだと思われます。
ここから先の駅の具体的な場所の絞込みは地元市町村と山梨県が話し合って決める手はずのようだ。

次はその中間駅構想についてである。
平成23年6月12日山梨日日新聞に山梨産業文化研究所代表の坂本宏氏が「二眼レフは困る」と題して構想を発表した。
中間駅と盆地の既存都市とを15分くらいで結ぶ放射状のモノレールで
繋ぎ中間駅周辺は新たな都市化をしない。
モノレールはリニア新幹線のホームで直結し中間駅で乗客が限りなくゼロに近づけるのが理想である。
八ヶ岳北麓へのアクセスを良くするためにモノレールの終点を韮崎もしくは北杜市当たり置いて大きなモータープールを設けてシャトルバスやレンタカーを配備する...


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:甲州人のひとり言

(一期一得)×90

2010.03.31 19:37  投稿者:ootaminoru

織田信長は人生50年、現代は人生90年。

桜を見るのは最大90回。
繰り返しの多重記憶がその人の原風景となって定着して行くでしょう。

映像や写真も重要な表現の媒体です。
理屈や物語を語彙や文章で表現するのも一つの表現の媒体だ。


決定的な瞬間ではないけれども桜を毎年見る事の出来る山梨県は、やがてその人の原風景として焼け付いてゆくでしょう。

写真で私の山梨原風景を紹介しています。


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:甲州人のひとり言

びっくりしたなモー

2010.03.12 20:10  

誤ってIDとパスワードを3月2日消してしまった。
何処かにメモをしていたのですがどこに書いたか忘れてしまった。

迷子の迷子の子猫さん、あなたのおうちはどこですか?
ドングリころころドングリコお池にはまってサー大変。困ってしまってサー大変。

その間、改めてブログの効用を考えた。
巷にある観光情報は掃いて捨てるほどある。

観光情報の嵐だ。そんな情報過多の時代に改めて情報を出すことの意味は何か?
現状のブログでは情報が顧客に結びつく可能性は限りなく少ないのではないか?
顧客に結びつく可能性を高めるブログとはどんな内容だろうか?

観光資源や観光拠点が有るか否かではなく、どんな内容であるか叉読者に読んで理解していただいた特典として特権なり何らかの利益を高める仕掛けを考えると良いのではないか?

発地型から着地型観光、物見有山型から体験型観光へ。団体観光から個別観光へ。
そうは言っても情報は過多すぎる。

甲府城の紅梅の写真は赤にバックの緑のコンビネーション。
写真撮影は赤ければ良い、沢山咲いていれば良いというものではない。
背景...


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:甲州人のひとり言

もうすぐ春ですね

2010.02.12 21:42  投稿者:ootaminoru

♪もうすぐ春ですね♪

デジカメのパソコンへインプットするケーブル接続のジョイントが物理的に壊れてしまいました。
撮影は出来るのですがパソコンへ入力が出来ません。

カメラを買い換えるまで暫くブログを休む事にします。
古い写真での記事叉は写真なしのブログを作るかもしれませんが数は大幅に減るでしょう。
デジカメはオークションで中古品を購入したい。
それは現在使っている同じ品番の型番落ちを狙いたいからです。
操作に慣れているからです。

写真は平成21年4月2日撮影


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(4) | この記事のURL | カテゴリー:甲州人のひとり言

太宰治&松本清張&山崎豊子

2009.12.29 16:15  投稿者:ootaminoru

今年も残すところ、あと二日のみとなりました。
明後日は大晦日と言います。1年の大仕舞いの日です。
生きとし生けるのの命が滅する日です。蛙もヘビもトカゲも地上からいなくなり、植物は枯れて、小さな小さな硬い種子になりました。
その滅した命から再び生命が蘇ってくるのが元旦です。
12月31日恒例の行事として本栖湖の傍の竜ヶ岳に早朝登りに行きます。
富士山の頂上からのご来光の写真を撮りに行きます。
元旦は混み合いますので大晦日に行くことにしています。
静かにつつがなく平成21年は暮れようとしています。
元旦は生命の再生の日です。歳神様をお迎えする日です。
やがて春の七草粥を食べる日を迎えます。野には雑草の青い芽がちらほら萌えるようになりオオイヌフグリのサファイヤの宝石が見え出します。
まずは無病息災を祈りたいものです。

最近厚い本が読めなくなりました。
途中で居眠りをしてしまうからです。
テレビを見ていても居眠りをしてしまいます。


映画を観ていて居眠りをする事は一度もありません。
そこで段々映画を観に行く回数が増えてきました...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:甲州人のひとり言

国母工業団地

2009.12.25 21:46  投稿者:ootaminoru

戦後の山梨県の経済を引っ張ってきたのは工業だった。
その工業に蔭りが出たのはバブルの崩壊の時期だったでしょうか。
日本の工業は中国へ引越し本社機構だけが東京に残る構図が増えた時期だった。
現在、山梨県の工業もやや活発さはないらしいが、国母工業団地だって現在尚頑張っています。昭和51年の工業団地造成当時から創業した企業と比べて多少の入れ替えはあったものの、ほぼ空き地はないようです。
問題は稼働率であり出荷額だけれども、、、、、、。
甲府市、昭和町、旧玉穂町(中央市)に跨る85.8ヘクタールの巨大工業団地です。
平成の大合併時に昭和町がどことも合併しないで単独で存続すると決めた背景は釜無工業団地と国母工業団地を持っていたからだ。法人町民税は昭和町の財政を潤しているのでしょう。

工場の海外移転などで国内の工業に蔭りが出た頃から観光、観光と言い出した。
観光観光と掛け声を上げたって、それだけで県民全体が生活できる訳には行かない。

山梨県の将来を語る時、工業の占める位置はやはり主幹産業であるに違いないと思う。そうあ...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:甲州人のひとり言

雀は何処へ行った

2009.09.28 14:30  投稿者:ootaminoru

気が付いたら雀が田圃にいません。
案山子が一人暇そうに立っています。

稔りの秋、稲穂が日に日に黄金色に染まって行き、田圃一つ二つと刈取られて行きます。同じ風景を今まで何度も見て来ました。
毎年見飽きる事もなく今年も和やかな気持ちで眺めています。

しかしトンとスズメの姿を見かけません。ネットも張って無いし、不評だったカーバイトの音脅しだって最近は聞いた事がありません。

雀は一体何処へ行ったのでしょうか?

考えてみると水田にはドジョウ、メダカや小鮒、タニシ、ミズスマシ、アメンボー、ゲンゴロウ、ヤゴ、蜻蛉、カエルなどの魚貝類、昆虫や両生類を見かけなくなりました。
それらは何となくズイムシ、ウンカやヨコバエなどの害虫駆除や除草剤の影響と考えていましたが、どうもそうではないらしい。それだけではないらしいと思うようになって来ました。
梅雨から初夏に掛けて燕は子供を孵化し育てています。

一年を通じて雀の餌となる食べ物がなくなったということだろうか。
食物連鎖だろうか?
それとも繁殖に際して巣造りの場所がなくなったということ...


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:甲州人のひとり言

▲Page Top