TOP > ブログ一覧 > 山と川と土と人と > イベント・祭

プロフィール

山梨の山と川と土と人とをテーマに自分にとって何であるのか?どのように関連付けて生きているのかを書いてみたいです。

ブログ内検索

カレンダー

<< 201704  
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

ハロウイン

2010.10.29 17:30  投稿者:ootaminoru

 10月29日ハロウインのお祭(パーテー)を南アルプス市のアルプス学園で遭遇しました。

ハロウインの存在を聞いてはいましたがハロウインを見るのは始めての体験です。
午後から日本語の授業に行ったら大広間で仮装した子供たちが群れていて、時間になっても教室に入って来ません。
結局休校にしてハロウインを一緒に楽しむ事にしました。

ブラジル日系人の児童の学校で学校を挙げて今日10月29日(金)に行なわれました。本当は10月31日が正式なのですが前倒したものと思います。土曜日、日曜日は学校がお休みなので。

校舎内はコウモリやお化けかぼちゃ等の飾り付けをして西洋式お化け屋敷の肝試しをする区画とメイン会場は闇鍋みたいな彼らには馴染みの無いごった煮料理を食べさせます。そのゲテモノを食べるとご褒美にお菓子がもらえます。
コンニャク、レバー、ニワトリの足を蒸したもの(日本ではモミジという部位らしい)等など。それから青汁などです。
私はニワトリの足が美味しかった。ゼラチン質の軟骨をかじりとるもので豚のもつ煮が好きならば大好物...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

新しい公共の出現

2010.10.27 09:31  投稿者:ootaminoru

新しい公共の姿が浮上して来ました。

みなさまの縁をとりもつ隊が中核となって活動3年目でB-1グランプリで第1位になりました。
本当におめでとう御座います。本当に御苦労様でした。

この甲府鳥もつ煮のグランプリ第1位を祝って既に幾つかのブログが掲載されていますが、ここでは優勝した鳥もつ煮そのものを対象とした紹介や考察ではなく、優勝に導いた「みなさまの縁をとりもつ隊」の果たした社会的な役割について考えて見たいと思います。

地域活性化、限定した範囲では都市圏の中心部分の地域活性化が叫ばれて著しい。
県や市や商工会議所、各種業界団体、観光協会等、自治会、町内会などがそうしたテーマに人的エネルギーや資本をつぎ込んで引き潮のような空洞化、ドーナツ現象、形骸化を食い止める対策が採られてきました。これ等の団体をはここでは公共団体と一括して縛っておきます。
しかし、こうした公共団体の活動で、なかなか一つや二つの対策では効果を挙げていないのが現状だと思う。
今までに公共団体がつぎ込んだお金は莫大なものだろう。つぎ込んでもつ...


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

交響3部作「甲斐」

2010.04.19 18:10  投稿者:ootaminoru

特別記念演奏会「甲斐の春」

4月18日県立文化会館で演奏会が開かれました。

山梨の自然を交響曲に凝縮し表現したものです。
過去、山梨県に絡む愛唱歌「花かげ」がありますが、山梨の自然や文化をテーマにした音楽は皆無に近く三波晴夫が歌う流行歌「武田節」があるくらいでしょうか。

山梨を音楽として表現する。これには気が付かなかった。


交響3部作「甲斐」です。
第1曲 .交響詩「富士川」

第2曲.交響詩「甲斐の道」

第3曲.交響詩「甲斐のやまなみ」

この交響曲の作曲は東京藝術大学名誉教授佐藤眞氏に依るもので作曲に先立ち作品のテーマとなる「富士川」や「甲斐の道」「甲斐の山々」を実際に見ていただいたそうです。

その佐藤眞氏が今回の記念演奏会に来甲されてオーケストラの指揮者としてタクトを振られました。

写真2と3は平成21年9月26日の小生が登山した北岳の
大樺沢にて撮影したものです。


>>続きを読む


コメント(1) | この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

稲荷曲輪カフェ

2010.04.12 12:19  投稿者:ootaminoru

舞鶴城公園稲荷曲輪に飲み物屋や食堂街が出現しました。
そしてそこで買ったものをテーブルと椅子ある一角で飲食しながら談笑するお客さん。

私の頭は古くてカフェと言えばフランス語のコーヒーの事だと思っていました。カフェオーレーもフランス語でコーヒー乳飲料と翻訳するのかな?
転じてヨーロッパの特にフランスの街角で店の外や広場にテーブルと椅子を並べてコーヒーなどの飲食物を採りながら談笑をしたり新聞を読んだり、、、。最近ではグリーンカフェなんて造語が出現したり、、、。
カフェが大流行。出会いや待ち合わせの場所。休憩場所。

稲荷曲輪カフェと言っても良いのかな。
信玄公祭。 平成22年4月11日 舞鶴城公園の稲荷曲輪にて

ここは山梨県の歴史史跡であると共に都市公園法の公園でもあるんです。
城内にこんな場所が常設であっても良いような気もするし、ないほうが良い気もする。
わかんない。


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

甲府盆地に雪が降る(名残雪)

2010.03.13 22:15  投稿者:ootaminoru

年に一度あるかなしかの雪が降った。
天気図を見ると西高東低の冬型だ。しかし春の太平洋型ドカ雪だと思う。
冬とお別れの名残雪だ。これで冬を乗り切った。
3月9日の夕暮れから夜に掛けて静かに降った。
寝る前、世間様には大きな声で云えないがワクワクして何度か外に出て雪降りの状況を観察した。家も道も綿帽子を被っている。
翌日のニュースに依ると甲府市15cm

目出たし目出度し。
お正月やドンド焼きの日は決まっているが雪降りは天気任せ気分任せ。

その目出度い雪景色を写真になんとしても留めたい。
10日朝、近所の裏通りに出て行き交う人の雪景色を撮ることにした。
通学路になっていることを始めて知った。小学生や中学生が嬉々として雪の塊ををぶつけ合い追っかけあい登校して行った。

低学年の小学生、高学年の小学生、中学生が混在し群れとなって三々五々登校して行った。みんな聡明で健康そうだ。
カメラを向けるとにっこりピースをしてくれた。やっぱり女の子だ。

気温が高いらしく太陽が出る前から道路はビシャビシャ。水溜りが出来ています。
昼には融けて...


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

甲府駅イルミネーション来年も

2010.02.09 20:20  投稿者:ootaminoru

甲府駅南口のロータリー、イルミネーションを来年も継続出来る見通しがついたそうです。よかった。

甲府駅南口のロータリー、イルミネーションの来年度の継続が危ぶまれていましたが山梨県と甲府市からの補助金で何とか継続できる見通しがついたそうです。
このイルミネーションは1997年度から開始されて今シーズンで13年目になります。99年度には約1400万円の予算を計上したそうですが、その後は行政からの補助金が打ち切られたのと不況の影響で企業などからの協賛金も減り年々縮小し2009年には約240万円となり来年度は継続を打ち切る予定だった。
山梨日日新聞2010年2月1日より要約する。


写真1と2は1月16日残照が残る夕方の甲府駅ロータリーです。
写真3は県庁入り口付近からファンシーロード(商店街)と平和通りの道路を挟んで向い側の証券会社などのビル街の闇です。
こうした官庁街やビル街は夜間は人のたむろしない大過疎地になります。
その分、駅前が明るい事はホッとします。

特に市役所から先の平和通りの両側は共に相生の交差点ま...


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

双体道祖神

2010.01.20 21:35  投稿者:ootaminoru

双体道祖神

長野県安曇野へ行きますと昔の村落ごとに道祖神があります。
その多くは村の入り口にあります。
その殆どが双体道祖神です。
中でも東筑摩郡の朝日村や山県村には素晴らしく美しい双体道祖神があります。

道祖神の石造芸術の極みまで村落ごとの競争で競い石工の腕が上達したものと思います。
もう40年以前になりますが何度か写真を撮影する為に松本平、安曇野の村落を廻った事がありました。

山梨県にも双体道祖神がありますが、仏像を彫る専門の石工がいなかったのでしょうか。芸術作品とまでは行きません。どちらかと言えば泥臭く素朴な彫りこみです。
顔を描くとその石工の技量が明確になります。
海岸寺の守屋貞次の観音菩薩像が有名なのはその為です。守屋貞次は信州高遠藩の石工で海岸寺の甲州におけるステータスを今に高めて残しています。


中央市にある道祖神の中からモデルを紹介します。

写真1 双体道祖神 中央市新町    平成元年    

写真2 円球石道祖神 中央市東花輪  文政八年

写真3 自然石道祖神 中央市布施   明治二十三年

その他...


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

道祖神祭(幕絵3)

2010.01.19 17:04  投稿者:ootaminoru

春日モールに10張りの応募作品幕絵があります。
その内2張りが県内の作品です。

櫛形中学校からのエントリーで高尾山穂見神社のお祭りです。
昨年は富士川舟運を増穂、鰍沢、市川から河岸から静岡県の駿河湾までを描いた大作でしたが今年もなかなかの力作です。

付近の地名が記載されていて親近感が抜群です。


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

道祖神祭(幕絵2)

2010.01.18 22:02  投稿者:ootaminoru

大阪の天神祭り

大阪天満宮のお祭を描いた作品です。
三枚で一つの作品です。

お神輿が河の船に乗って花火をみています。
天満宮は菅原道真をお祭した天神祭りで淀川に船を浮かべて花火を観るのだそうです。
出品者は大阪市の 板谷重宏 氏です。


甲府(甲斐府中)の幕絵も歌川広重の江戸の東都名物「目黒不動之滝」等で各地のお祭などの絵が描かれています。

何故?甲府の城下町は幕絵を商家の軒下に張って道祖神祭りとしたのでしょうか。
県立博物館がオープンした時の一番最初の特別展は甲州の道祖神祭りでした。
道祖神祭りは甲州だけでもいろんな行事の仕方がありますが、この甲府の幕絵が極めて珍しいデスプレーな訳ですが、どうして幕絵なの?の説明がありませんでした。
私は学芸員の方に質問すると繁華街でドンド焼きなどの火を焚くと火事になりやすいから代官所から禁止したのだろうとの事でした。
幕張は良いにつけ悪いに付けて神聖な場所を表します。
昔、子供の頃に紅白の幕、白黒の幕がありましたが最近は見なくなりましたね。入学式や卒業式も紅白の幕が張られてい...


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

道祖神祭り(幕絵)

2010.01.18 21:14  投稿者:ootaminoru

幕絵

江戸時代、甲府市中の繁華街は小正月に道祖神祭が行なわれ商家の軒下に丈1.6メートル幅10.6メートルの長い幕絵が飾られた。
その幕絵が現在山梨県博物館に保存されていてレプリカが常設展で見ることが出来ます。
歌川広重作の東都名所「目黒不動之滝」です。他に「東海道五十三次」「洲崎の潮干狩り」も保全されているそうです。
当時は物凄く沢山の幕絵が飾られたそうですが明治時代に入ると道祖神は呪いみたいな邪教として政府で禁止したので町場では廃れてしまいました。
時代が移るに従い幕絵も処分されていったようです。

小正月の道祖神祭りに幕絵を飾る風習は最上川の酒田に残っていて現在も尚続いているようです。私の調べた範囲では日本広しと言えども甲府と酒田だけみたいです。
酒田は西回りの北前船の港で大変栄えた船着場でした。

現在甲府市の繁華街、春日モールで甲府市の商店街の復活を祈願して第三回幕絵コンテストを開いています。
1月8日から2月14日までで応募した10張りが飾られています。


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

山梨学院サッカー優勝

2010.01.12 19:18  投稿者:ootaminoru

山梨学院サッカー優勝おめでとう
平成22年1月11日国立競技場にて全国制覇を果たす。


高校サッカーも装置工業の時代はとっくに去り、組み立て工業の時代になったことを改めて認識させられた思いです。

地の素材を煮て焼いて晒して干して加工し箱に詰めて製造する装置産業構造から、今や全国から光る優秀な素材を選抜し部品を集めて組み立てる。その優秀な部品は優秀であるが故に有機物であるから組み立て部品の納まりや連携や取り合いに物凄く苦労するだろう。そして組み立て製品は物凄く高い総合力を発揮する。
そんな組み立て工業の時代になったのだろう。

横森監督は韮崎を率いて1980年から5年連続のベスト4入りを果たした。その後鳴かず飛ばずの時期に入った。どうしても装置産業では全国レベルに達する製品の製造が出来なくなった。
そこで製品製造から商品開発に切り替えた。

地の素材にこだわることを諦めて山梨学院から初出場を果たし県政として26年振りにベスト8を果たして更に勝ち進んで優勝に結びつけた。県勢初の全国制覇。現在67歳だそうです。
今...


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(1) | この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

ミステリーツアー

2009.12.24 21:31  投稿者:ootaminoru

12月に入ってほぼ毎日の午後、甲府市国母の20号線沿いの甲府市中央卸売市場に隣接する中卸しのビルの前に観光バスが停まるようになりました。
一台の場合や二台の場合もあります。

中卸しビルの1階は凍結品や塩蔵品、乾燥品などの魚介類がいっぱい並べられていて、そこへお客さんを誘導し買い物をしていただいています。皆さんは沢山買い物をされています。
ナンデこんな内陸部の甲府盆地で魚介類の買い物を?
考えてみたら山梨県内で買い物をする特色ある特産品売り場は極めて少ないように思う。葡萄の丘、カイテラス?インデン屋?豊富道の駅鳴沢道の駅?

バスの前に廻ってみますと「ミステリーツアー二つの夜景を競う」とありました。
バスのナンバープレートは神奈川であったり品川であったり世田谷であったりです。

有名な観光拠点を外し訪れた事のない場所へ。
行き先も秘密にしてご案内する。それがミステリーツアーなのだろう。

二つの夜景の見える甲府盆地の場所はどこだろう?
この冬の時期、午後5時過ぎには暗くなります。
三珠の湯であったり、上積翠寺の要害温...


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

山梨インバウンド観光講座プログラム発表

2009.12.21 21:25  投稿者:ootaminoru

インバウンド観光講座企画力養成講座プログラムの2009年度第三期生企画提案発表及び全体のブログ表彰式に出席しました。

12月18日県立大学飯田キャンパスにて今年度の最終の講義で過去の受講生を含めて行なわれました。一期生、二期生からも数名参加しました。

第一部は2009度年の受講生による企画提案の発表です。
  4件ありました。
①来て、見て、食べて、山梨満載ツアー
②湯村温泉と甲府駅をつなぐ周辺地図の作成
③個人観光客が甲府のまちを自由に見て歩くためのレンタルサイク活用と受 け入れ構築
④ユニバーサルデザインのおもてなし館内表示、指差し会話帳
 

第二部はこの三ヵ年のブログ(山梨観光わいわいねっと)の優良グロガーに対する表彰とブログ記事投稿後アクセス数の増減の傾向と考察の解析です。後者は県立大学の国際政策学部学生田村直哉氏が十名を代表して発表して下さいました。

第三部は三年間の山梨インパウンド講座の総評と今後の展望
(主催者側からの発表)

1 山梨のインバウンド観光に対して底辺の底上げになった。受講者の意識  ...


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(2) | この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

村落の小さな秋祭り

2009.10.11 13:21  投稿者:ootaminoru

鎮守の森を出て村落の中をお神輿が通ります。
小学生以下の子供神輿が通ります。
年に一度のお祭で神様が神社を出て産生神様として村落の民家の中を巡幸して回ります。
収穫祭を意味しています。

鐘太鼓の音、ワッショイの掛け声が聞こえたら家の前に出て神様にお賽銭を奉納する。
神輿はそこで大きく上下に持ち上げられ大きな声でワッショイワッショイと掛け声を唱和する。
お神輿担ぎの小さな集団ですが心を合わせて共同作業をします。
心を合わせて共同作業を行なうその身をもって体験する実績が大切なのです。
かつて私達は地域社会のそして人間社会の絆を伝統的に体験学習して育ちました。

そうした仕来りが昔から日本の村落に伝わっています。
そうした風習を過去の手かせ足かせとして忌み嫌うか、はたまた人間社会の根本的な絆として社会の発達、平和、幸福の根本として発展的に捉えるかは幅広い国民の夫々の価値観の中にあります。

後者の極端な例で言えば国連でCO2の25パーセント削減や核爆弾のない世界目標を言わしめた根源的な原点ではないかと思います。

今年も子...


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

勝沼葡萄まつり

2009.10.03 22:00  投稿者:ootaminoru

雨後晴れの葡萄祭り

勝沼葡萄祭りのメイン会場は田植前の田んぼのようになっていました。
その泥田に1時間並んで甲州種葡萄を一房頂きました。
受け取った時は本当に嬉しかった。
何か物凄く努力をして得た対価のような感じになりました。
それにピカピカのお嬢さんの笑顔が何よりも素晴らしいです。

開会式のセレモシーが1時間あって雨降りのグランドに長蛇の列の一員として静かに待ちました。
屋根のある舞台の上でセレモニーの半分は大国主命のような白いコスチユームの服を着た神主から受け取った榊をお神輿に奉納する儀式です。沢山の関係者がはじめの内は一人ずつそして、その内に複数前に出て榊奉奠をします。何度も何度も繰り返します。
開会式の挨拶があり、関係者の祝辞があり、祝電が披露されてやっと式典が終りました。

葡萄そしてワインに代表される稔りの秋の収穫祭なのだ。収穫を感謝すると共に来年も豊作であることを神様に祈願するのが葡萄祭りの意味なのだ。
中央市の稲穂祭りも秋の稔りの感謝祭なのですが神事を行ないません。
神事をやったほうが私は意味が...


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(2) | この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

法螺貝と護摩焚き

2009.08.20 15:04  投稿者:ootaminoru

法螺貝と護摩焚き

法螺貝と護摩を焚く行事は密教の真言宗と天台宗系に多い。
護摩焚きの宗教儀式の核心部分で長谷寺では法螺貝吹きが行なわれました。
一方、法螺貝は山岳宗教にとって、野山に散らばった修験者に連絡や広報の手段だった。
法要が始まる前に本堂外の境内に出て近隣の山岳(主に春日居の里方面)に向けて法螺貝を吹いておられました。
法要が始まるよ、の合図だと思う。

護摩を焚く行事は大乗仏教の密教系にだけ伝わった仏教行事の一つです。

①供物を薪木の火炎で焼いて姿を変えて煙として天におわします仏様に供物を差し上げます。
そして仏様から現世ご利益を授けていただくようにお願いする為の儀式です。外護摩。

②煩悩や邪悪の業を薪木の火即ち仏の智慧の火で焼き払う。拘らない空の世界に至る宗教行事でもあるそうです。内護摩。

護摩焚きはそれら外護摩、内護摩二つの性格を踏まえた五つのご利益を求めて行なうインドのバラモン教から取り入れられた儀礼で大乗仏教の一派に取り入れられ、それが日本に伝えられたものだそうです。真言宗と天台宗で行なわれ...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

菩提山長谷寺の笈焼き

2009.08.20 14:59  投稿者:ootaminoru

笈焼き(おいやき)

旧春日居町の菩提山長谷寺のお盆のトレードマークは笈焼です。
笈焼きの物語は昔々、勝沼の大善寺と諍いになり、相手の僧侶や修験者の笈を剥ぎ取って焼き払っい懲らしめてやったとする証だそうです。
相手の大善寺では長谷寺及びそれを応援した山岡神社の鳥居を焼き払って懲らしめてやったとするのが大善寺側の鳥居焼きの説明です。

そうした物語は観光向けの味付けであって、お盆を盛大に祝う為の風物詩の物語として捉えたい。もう昔々の説話なのです。
長谷寺は真言宗で本来の山岳宗教の香りが強く残っているように思います。
山野を修行の場として修験道に励む山伏に近い。

私は無知で密教の解説書や曼荼羅の本を読んでもちんぷんかんぷん。
密教の難解さ奥の深さを日頃感じているものでして、あまり大口は叩けませんが加持祈祷を行い、護摩を焚いたり、法螺貝を吹いたり、、、、自然崇拝のアミニズムと習合した部分の強い仏教のように思う。一方、大日如来を頂点とする宇宙哲学には難解そのものです。
唯一つ般若心境のお経は日本人にはかなりポピュラー...


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(2) | この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

▲Page Top