TOP > ブログ一覧 > 山と川と土と人と

プロフィール

山梨の山と川と土と人とをテーマに自分にとって何であるのか?どのように関連付けて生きているのかを書いてみたいです。

ブログ内検索

カレンダー

<< 201704  
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

甲府城の紅葉

2011.12.09 11:39  投稿者:ootaminoru

甲府駅に最も近い都市公園、舞鶴城公園(甲斐府中城址)の紅葉が終わりました。
遠くに行かなくても近場でこんなに素晴らしい秋が堪能できます。
入場無料。但し近くに駐車場が無いのが最大の難点ですが。

紅葉の最盛期は11月29日頃でした。
パソコンの調子が悪くブログ掲載が遅れてしまいました。


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

12月3日B級グルメ ヨッチャバレ市in甲府に冬の到来

2011.12.06 19:44  投稿者:ootaminoru

12月3~4日は甲府駅周辺会場と小瀬会場の二箇所に分かれてB級ご当地グルメ よっちゃばれ市in甲府が開かれました。
12月3日は朝から氷雨が降り、午後からは小降りになったもののバス乗車の人出はまばら。12月4日は快晴なれど風強し。まずまずの天気。新聞によると当局の発表では二日間で11万の人が出たそうな。
4日の朝、会場への通勤途上の北岳を始め周囲の山は真っ白でした。

私は当よっちゃばれ市のスタッフとして駅前会場から小瀬会場への往復シャトルバスに乗車してバス観光案内を仰せつかりました。
その為、会場には殆んど足を入れることが出来ませんでしたので会場内の様子はいまいち分かりません。
二日間で10往復しました。仲間20人と12台のバスで運行しました。
平均乗車50人として10×2往復×12台×50人=120000人が乗車した事になります。

そうした数字からは開催本部の11万人はある程度サバを呼んだ数字では?と思われますが、20のブルメ食品ブースの評判は上々ですし、シャトルバスの無料運行の評判は良かったようで...


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:食事ショッピング

十月桜

2011.11.07 16:53  投稿者:ootaminoru

11月2日満開の桜を見てきました。

桜と言えば春に咲くものと思っていました。
秋に咲く桜は狂い咲きだとばかり思ってきました。
狂い咲きは夏のお盆前後に来年の花芽が形成されますが通常ならば寒さを経験して翌年の春に咲くものが、秋の何らかの気象条件を受けた場合に、春を待たずに栄養成長が刺激されて発芽や開花が進むものだと思う。
その多くは台風で葉をむしりとられたり、アメリカシロヒトリの被害を受けて栄養成長が刺激されて秋に開花したり発芽したりする現象が多いようだ。

写真の「十月桜」は毎年10月頃から11月に掛けて開花し満開を迎える桜の品種らしい。
毎年、夏のお盆前後に出来た花芽が寒さを経験しないで秋に開花する種類なのだそうです。
小彼岸桜と何かの雑種だそうです。
春に咲く花の多くは低温にさらさないと花が咲かないものが他にもあるそうだ。

群馬県館林市つつじが岡公園第二公園の桜並木が現在満開です。
この公園は館林藩の城址に鶴生田川沿いに植えられています。
2001年12月5日植樹をしたものだそうです。

このような桜を山梨県に...


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

ガブリエルさようなら

2011.11.04 20:56  投稿者:ootaminoru

3.11以降、沢山の在日日系ブラジル人家族とその生徒がブラジルへ帰って行った。
11月2日も2年生のガブリエルが最後の授業を受けて少し早めに迎えに来て両親と一緒にお別れの挨拶をして帰って行った。

この後も11月末に2人が帰国する。他に一人迷っている家族があると言う。
ブラジル人学校は11月末が学年末になります。

ここ南アルプス市藤田にあるアルプス学園は母語であるポルトガル語で授業をしています。その両親もポルトガル語を母語としています。
在日外国人に安全と安心の正確な情報を流しているとは言えないと思う。
だから風評被害なのか否かは日本人以上に判断が難しいらしい。

これは全国的な傾向なのかどうかは分からない。
たまたまの局地的な現象なのかもしれません。


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

リニア新幹線山梨中間駅

2011.11.04 09:22  投稿者:ootaminoru

11月2日甲府市大津に山梨中間駅の候補地が決まった。

山梨県が地元地方自治体の意見として候補地を決めたもので、リニアの経営主体であるJR東海が幾つかの資料を参考に今後最終的に決定する権限を持つものだ。
しかしながら、JR東海は、ほぼ山梨県の候補地の線で決めるだろうと予想される。
いよいよ、リニアの建設が現実味を帯びて語られるようになって来ました。

山梨県民の関心ごとはリニアが建設され開通して、果たして山梨県として、又自分の居住する市町村レベルで経済的効果があるのか、逆に過疎化がいっそう深まるのか?
そこが知りたいとこなのだ。

経済的効果が上がって山梨県はいっそう繁栄するかもしれないし、ストロー効果で空洞化が進み過疎化に拍車が掛かる可能性もあるだろう。
しかし、そのキーポイントは両極へのどちらかへの道を決める綱引きは、これからの県民の取り組み次第であり、県民の総合力だという事だろう。
その最後の決め手は県民の熱いソフト面だろう。

私は唯一つリニア新幹線の技術面で責任ある立場の人にお聞きしたいと思っているのは...


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

愛宕山子供の国

2011.11.03 07:28  投稿者:ootaminoru

子供が自由広場でアスレチックを楽しむ。
この自由広場の使用は無料なので助かります。
アスレチックを好む年齢がありそうだ。

私の経験では幼児から小学生中年生までが特に好んで遊ぶように思う。
団体でも家族単位でも利用できて無料なのがありがたいです。
11月2日久しぶりに小学生を案内して自由広場に行って来ました。

少年自然の家は団体利用である事は理解できるが宿泊そして食事代として小中学生一人当たり1900円掛かるので、今まで地域の子供達と利用した事がありません。その内訳が食事代が1800円だそうだ。
牛丼が280円の時代に子供の食事代としては3食としてもやや垣根が高いと思うが、、、、。

愛宕山少年自然の家並びに科学館が山梨県の子供の登竜門として今後益々栄える事を希望します。

どんぐりころころどんぐりこ。
どんぐりがいっぱい転がっていました。


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

赤沢宿

2011.10.29 19:57  投稿者:ootaminoru

身延山と七面山を繋ぐ道、その中間に赤沢宿があります。
身延線が東海道から身延まで開通した大正時代、この赤沢宿は最も繁栄したそうです。
未だ自動車の時代ではなく身延駅から徒歩で身延山久遠寺へ参拝し、更に身延山奥の院に徒歩で登り、そこから裏登山道を歩いて感井坊に下山し七面山への尾根を歩き赤沢宿へ一泊。そして翌日、七面山へ。
最も繁栄した時代は年間10万人を超えたそうです。

モータリゼーションの時代に入り赤沢宿はその役目を終えました。
七面山への参拝者は現在もいますが、便利な自動車で七面山登山口の角瀬、最短距離の羽衣まで車で入ります。
伝統ある信仰の道も自動車社会には例外ではありません。

現在では一軒だけ民宿があるそうです。
近い将来、身延山から七面山へ歩いてみたいと思う。

写真1は七面山の登山道途中の展望台から赤沢宿全景を撮影しました。
写真3は赤沢宿の軒下に飾られた講元の札です。


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

七面山

2011.10.29 06:15  投稿者:ootaminoru

七面山は紅葉に染まっていました。


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

自然に身をゆだねる(七面大明神)

2011.10.28 06:21  投稿者:ootaminoru

七面山の二の池に石塔があって「大自然妙法神力」と彫られていました。
その言葉が身にしみて感じられ、自然に身をゆだねる事の大切さを改めて教えられた登詣でした。

10月26日七面山に一泊で出掛けた。
87歳の年輩者と同伴で羽衣から敬慎院まで5時間40分で到着しました。
12時00分羽衣出発、敬慎院17時40分到着。夕闇が迫り足元が暗くなりはじめての到着だった。
羽衣の標高は300メートル位と思われ、敬慎院の標高は1700メートルであるから1400メートルの高度さを登った事になります。
途中4つの坊を通過しての登山でしたが参道は全て山の中で自然豊かなものです。

敬慎院では6時半から七面大明神のご開帳式、それまでに精進料理をいただいて入浴を済ませて。7時から1時間夕のお勤めに参列。9時消灯。
翌日27日は御前5時半起床。6時半から1時間の朝のお勤めに参加しました。
そして朝食。

ご開帳式及びお勤めは日蓮宗の儀式及び読経によって行われますが、僧侶12名で行われ、他宗では味わえない迫力満点の積極的なもので感銘しました。

...


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

東花輪駅

2011.10.25 05:39  投稿者:ootaminoru

甲府駅北口の擬洋風建築(通称、藤村記念館)へ先般10月初旬に行ったら全国の古い駅舎モデルの写真展示がありました。
その写真展を眺めていると、ほぼ同じデザインであり、そのデザインは現在の身延線東花輪駅と似ている事が分かりました。

身延線の全線開通は1928年(昭和3年3月30日)で、市川大門と甲府間が最も遅く開業した事です。静岡県側から建設が進められ最初の開業は大宮(現在の富士宮市)から身延までの間を大正9年5月8日に開業している。
この事実に大変私は興味を持っています。
山梨県又は山梨県人にとって甲府盆地内の平野部分の甲府駅から市川大門間が身延線で最も遅く開業した事は嫌々ながらこの鉄道を建設したものと思われるからです。既に軽便鉄道が甲府と鰍沢間を走っていたからだろう。
鉄道利権の争奪、南甲府駅周辺の土地の値上がりを予測しての売り惜しみなどなど。

現在の東花輪駅は昭和3年の駅舎を建て替えてあるのかどうかは分かりませんが、恐らく開業当時の骨格をそのままにしたものであろうと推測します。
屋根瓦はスレート張り...


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

▲Page Top