TOP > ブログ一覧 > 甲斐駒ケ岳の麓から   > 南部の火祭り 15AUG.2008

甲斐駒ケ岳の麓から  

山梨の身近な魅力を発信していきます。
ちょっと よってけっし~~。

プロフィール

2匹の猫と山里に暮らし始めて2年。
野菜を作れば猿に食べられ、猪も夜毎散歩する森。
自然は素晴らしい。

ブログ内検索

カレンダー

<< 201907  
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

南部の火祭り 15AUG.2008

2008.08.16 10:47  投稿者:ルン

毎年8月15日に催される「南部の火祭り」

今年から、内容を改めて、カラオケや盆踊りをなくして、花火大会・百八たい・投げたいまつ・灯籠流し・大たいまつが、催されました。

年々観光客も増え、数年前は某番組の「田舎に泊まろう」で、山田花子さんがこの時期に泊まったようです。

百八たいは、山沿いに流れる富士川沿いに、百八つ(たき木を山形に組んだもの)の山に火をつけ、いっせいにともる様は圧巻です。百八たいはもともと仏教の「百八煩悩を絶つ」ということに由来しているといわれ、富士川の両岸約2kmに百八つ並び、美しいです。

花火は、2尺玉が炸裂し・・・地響きがします。

何処でもそうですが、場所取り合戦は凄いです。が、打ち上げ場所と場所取りの堤防が近すぎるので、ポイントは中学校から見たほうが首が疲れませんよ。

詳しくは、http://www.town.nanbu.yamanashi.jp/kankou/himatsuri/h-tp.htm
をご覧ください。

自分としたら、盆踊りは地域活性化のためにも復活してほしいな!と思います。観光という目標だと必要ないのでしょうか?今までも観光客の方は参加されませんからね・・あくまでも「花火」目的ですので、観光バスも出ますしね。

地域活性・観光・・難しいな~と思いますね。

でも、地元民は、ご先祖様の迎え火を焚き、送りをし、いつものお盆を過ごしています。

備考:今回は、花火も見ずに帰宅したので、写真は準備のものです。ご了承ください。花火写真はホームページで見てくださいね。


この場所を地図から探す


近くのエリアの記事

南部の火祭りははじまっています。
From:富士川のんびり紀行

コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

コメント

コメントを投稿する

ボタンをクリックしてもコメントフォームが開かない方は、
お使いのブラウザのポップアップブロック機能を解除してください。

▲Page Top