TOP > ブログ一覧 > 山梨 路線バスおたく的 旅日記  > february 2009

山梨 路線バスおたく的 旅日記 

バスに乗って 山梨の観光と マニア向けバスのお宝 を紹介
山梨交通HP http://yamanashikotsu.co.jp

プロフィール

48歳。路線バスマニアです。
私の集めた 山梨交通バスにまつわる ちょっといい話、バスに関係する観光ポイント、コレクションを紹介します。
各ページ紹介の 山交路線バス時刻検索は
http://yamanashikotsu.co.jp/jikoku/jikoku01.htm

ブログ内検索

中央高速バス アライアンス

2009.02.28 15:21  投稿者:小 バカボン

 中央道を走る高速バス各社がアライアンスを組んでサービス強化に乗り出した。利用者にとっては有難いことです。

 統一マークもできたようで、一部のバスには張り出されています。
 「CHANCE」と言うのだそうです。

 3月から始まるサービスは、Web上での回数券購入とか、女性専用席なのだそうです。
 昨年からは一部のバスで「パスモ」も利用でき、だんだん便利になっていく高速バス。

 私、小バカボンをキャラクターにCMでも作っていただけると嬉しい。パチンコ屋さんが、飛行機のスッチーバージョンでやる私、あんなのがいいですね。

 また、もっと安く利用できるサービスが出てくると良いなと思う次第です。


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

高速バス 専用時刻表

2009.02.25 18:01  投稿者:小 バカボン

 ここ数年、山交バスの時刻表は市内路線用が毎年3月にA5版で発行され、無料配布されています。(たぶん今年も発行されると思います)

 しかし、高速バス用の時刻表は車内誌としての「ターミナルカクテル」というA4版の読み物の後半部分に掲載され、四半期ごとに発行されています。
下の写真は今年の一月号で身延山やいすゞバスの製造過程の記事です。

 高速バスの路線によっては単発でカード型の時刻表も発行されますが、高速バス路線だけの専用時刻表は見かけませんでした。
 
 ところが今回発行されるようです。
 車内読み物誌だと大きすぎて携帯には不向きでしたが、今度は便利良さそうです。
 印刷屋さん情報ですが、3月初旬には無料配布されるようです。
 マニアとしてはゲットしておかなければなりません。なにしろ次回いつ発行されるかわからないものですから。
 因みに、中央高速バス共通のものは毎年発行されています。


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

やまなしバスマップ

2009.02.23 22:48  投稿者:小 バカボン

 「やまなしバスマップ」というウェブ上の地図があります。
 従来のバス路線地図は、行き先が良く分からないという声を聞きました。

 バス路線は鉄道と違い、複数路線が面的にサービスされているため、経路や行き先が不明確であったためと思われます。
 また、途中のバス停の位置も曖昧で、しかも道路上のどちら側のバス停が目的地方面に行くバスか分からないというような、課題までが積み重なったイメージであったかと思います。

 山梨ではこれを補うため、バス評論家の鈴木文彦氏の協力を得て、行き先方向別の識別色の採用、運行本数を太さで表現するなどの工夫をしたバスマップを県バス協会で発行してきました。

 それでも思うような改善効果が確認できない中、山梨大学の豊木研究室の協力で、ウェブバスマップを実用化できる段階まで進化させてまいりました。
 現在でも、下記のHPから 山梨県内の山交・富士急・市町村バスの大部分を網羅し、約3300ケ所のバス停やほとんど総ての運行系統が登録され利用されています。

 各系統ごとに表示される経路により、...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

バスジャック訓練

2009.02.17 21:23  投稿者:小 バカボン

 バスジャック対応訓練を見学しました。
 あってはならないことですが、警官の対応はきびきびとして素晴らしい。
 
 勇気と素早い行動で我々市民を守ってくれることを実感しました。
 それにしても凄い訓練でした。訓練用バスも相当壊れていました。


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

山交社員の防寒ジャンバー

2009.02.15 08:36  投稿者:小 バカボン

 厄除け地蔵尊の祭典、冬で最も寒いはずなのにどうしたことでしょう20度を超えてしまいました。
 これも地球温暖化と関係あるのでしょうか。ちょっと異常です。

 さて、恒例の「厄除け地蔵」の臨時バス運行の整理員の防寒具が、従来のドカジャンスタイルから変わっています。
 色も濃紺から薄茶とレンガ色の2色に変更となっています。
 もっとも運転手の防寒具は従来と同じです。

 新スタイルの防寒制服の社名はローマ字です。
 イメージはかなりスマートになっています。
 どうも昨年から変更になっているようです。


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

昔の甲府駅前

2009.02.04 21:38  投稿者:小 バカボン

 かなり昔の甲府駅前を写した絵葉書を見つけました。
 山交電車の前身、昭和のはじめころで山梨電気鉄道または峡西電鉄と呼ばれていたころかもしれません。
 路上を駅前広場に入ってくるところでしょうか。
 山交電車のころは、県民会館の前を通って今の甲府駅と山交百貨店の間にあった専用駅に入ってきたのですが、この写真は駅前広場に直接入ってきているので相当古いものです。
 
 駅前の商店の雰囲気も良くわかります。道路も未舗装のように見えます。
 数十年前の甲府駅前なのですが、今日からは想像できません。
 さらにその前は、甲府城の中であったわけで、その頃の写真も見てみたい気がします。


コメント(1) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

高速バス 羽田空港線 が増便?

2009.02.01 15:29  投稿者:小 バカボン

 山交の高速バスは10路線あるそうですが、一番小規模に運行しているのが羽田空港線です。
 おおみや線も2往復と小規模なのですが、こちらは山交だけで2往復です。平日はあまり乗っていないのでしょうがないかも知れません。

 ところが、京浜急行と1往復づつ計2往復を運行する羽田線は、かなりの高乗車率であることは間違いありません。
 それなのに今まで増便の話はありませんでした。
 聞くところによると、空港側の発着枠関係とか先方の京急の都合だとかいう話でしたが、利用があるのに勿体ない話だと思っていました。

 3月1日より目出度く運行回数が増えることになり、ご同慶の至りです。
 ますます便利になることを願って止みません。


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

▲Page Top