TOP > ブログ一覧 > 山梨 路線バスおたく的 旅日記  > november 2008

山梨 路線バスおたく的 旅日記 

バスに乗って 山梨の観光と マニア向けバスのお宝 を紹介
山梨交通HP http://yamanashikotsu.co.jp

プロフィール

48歳。路線バスマニアです。
私の集めた 山梨交通バスにまつわる ちょっといい話、バスに関係する観光ポイント、コレクションを紹介します。
各ページ紹介の 山交路線バス時刻検索は
http://yamanashikotsu.co.jp/jikoku/jikoku01.htm

ブログ内検索

高速バスに 新冊子が

2008.11.29 10:37  投稿者:小 バカボン

 山交の高速バスには「ターミナルカクテル」という車内冊子がありますが、今度もう一つ小型の冊子が入っていました。
 NPOが作ったもののようで、「バス旅」という冊子です。

 甲府の街中の見どころ紹介とか、レトロな山交バスについて、それに関連して昭和の山梨、などのちょっとした読み物です。
 簡単に読めて、なるほどなと思わせるような面白い冊子でした。

 このNPOは、「まちやミュージアムを楽しむ会」というグループも運営し、街中の魅力を発掘しています。どうなっているんだろうと思うような建物や街並みでも、一人では入っていけないものですが、このグループはその事情をよく知る人物を講師に、いろんなところへ出かけます。
 私も何度か参加しましたが、雑学知識の欲求を満たしてくれるユニークなグループです。

 このグループは、山交のボンネットバスでいくつかのツアーも企画していますので、この冊子の問合せ先に確認してみてください。


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

敷島営業所に怪しい建物出現

2008.11.27 18:32  投稿者:小 バカボン

 う~ん。怪しい建物です。山交の敷島営業所敷地の西北端に四角い物置風の建物です。
 シャッターには 大きな路線バスのイラストがかわいく、山梨交通の漢字ロゴも入りました。

 以前そのあたりは、廃部品の置場だったような気がしますが、今ではフェンスで区画され整然としています。
 建物には蛍光テープで鉢巻きがされ、バスがぶつかるのを予防しています。
 電気や水道も引かれ、機械も搬入されたとの噂を聞きました。
 
 先週末には大勢の人が集まっておりましたので、必ず重要な建物です。
 そう言えば以前、山交がBDFのプラントを作るという新聞情報がありました。
 もしかするとそれかもしれません。そう言えば、正面の上部に文字が書かれています。
 早く中を見たいものです。楽しみです。


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:甲州人のひとり言

日野 製 観光バス

2008.11.13 19:36  投稿者:小 バカボン

 山交は いすゞ製バスばかりのはずですが、最近はそうでもないのです。
 山交は、故小佐野賢治氏が創業した国際興業という会社の傘下にありますので、同じ傘下のグループ会社「北海道いすゞ自動車」からバスを購入します。

 でも、昨年 高速バスに日野製バスが登場し、今度は観光バスにも日野製が投入されました。
 いずれもリリーフ投入のようですが、マニアの間では話題です。
 いずれ消えていくと思われますが、そのうち韓国製バスも投入されるのでしょうか。


コメント(1) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

韓国製のバス

2008.11.08 14:31  投稿者:小 バカボン

 韓国の現代(ヒュンダイ)社製バスで旅行をしました。
 展示会では見たことのあったバスですが、実物で1白2日の旅行です。

 あまり高級なタイプではありませんが、言われなければ日本のバスとほとんど変わりません。
 内装も大きく変わっている点はありませんが、日本の感性とは少し違う感じです。後ろに乗っていたせいか、エンジン音の遮音性は多少気になりました。

 でもこれで日本製バスの2/3の値段で1千万円も安ければ、やはりお得な感じです。
 これから少しつづ増えてくるかもしれません。
 気になるところは、経年後の耐久性の変化。そしてメンテナンス体制の整備です。
 高速バスなどの用途には向いているかもしれません。

 


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

▲Page Top