TOP > ブログ一覧 > 山梨 路線バスおたく的 旅日記  > september 2008

山梨 路線バスおたく的 旅日記 

バスに乗って 山梨の観光と マニア向けバスのお宝 を紹介
山梨交通HP http://yamanashikotsu.co.jp

プロフィール

48歳。路線バスマニアです。
私の集めた 山梨交通バスにまつわる ちょっといい話、バスに関係する観光ポイント、コレクションを紹介します。
各ページ紹介の 山交路線バス時刻検索は
http://yamanashikotsu.co.jp/jikoku/jikoku01.htm

ブログ内検索

山梨県のバス会社数

2008.09.28 14:34  投稿者:小 バカボン

 山梨県は人口約80万人とのことです。

 そこにバス会社はいくつあるのか。
 つい10年くらい前までは、山交と富士急くらいしか名井に思っていましたが、確かに最近はたくさんあるように思います。

 調べてみると、県内には80社近くのバス会社があるそうです。
 殆どが貸切バス会社です。

 路線バス会社は、やはり山交と富士急と思っていましたが、これも現在県内には17社もあるそうです。

 これらは平成12から13年にかけての、バス事業の規制緩和の影響だそうです。
 そう言えば、路線バスのサービス施策も良くなってきましたね。

 山梨県バス協会HP
  http://www.bus-yamanashi.jp/


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

山交タウンコーチ とは

2008.09.23 08:55  投稿者:小 バカボン

 山梨交通の子会社に「山交タウンコーチ」というバス会社があります。
 昨今、バス会社は分社化という経営手法を使い、効率化を目指しているようですが、おかげで様々な社名が登場します。

 例えば「〇〇シティーバス」名前の割には田舎に多い気もしますが、全国に誕生しています。「〇〇コミュニティーバス」というのもあります。
 
 我らが山梨交通が名づけた「タウンコーチ」というのは珍しい部類です。
 東京の自由が丘あたりを運行する東急バスが、「東急コーチ」という社名で運行している例があります。

 山交タウンコーチは、平成14年1月に出された事業改革案に登場し、某役員の発案によるネーミングだとのうわさです。
 タウンは町です。コーチはバスのこと、語源は幌馬車です。
 よって、タウンコーチは「わが町のバス会社」だそうです。

 平成14年10月に「山交タクシー」という会社を社名変更しできた会社です。それまでタクシー営業が主な会社でしたが、山梨交通からバス部門の一部を移管し本格的にバス事業を始めて改名したとのことです。

 バスは...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

秘密基地のような バス営業所

2008.09.21 17:58  投稿者:小 バカボン

 河口湖から富士山に向かう途中、山の中で富士急のバス営業所を発見しました。
 それにしても、こんな山(森)の中に。 周囲の景色とは全然なじみません。まるで秘密基地のようです。

 そしてバスの色も様々、トーマスの絵あり、JRバスあり、京王バスもあり、レトロバスもあるといった具合で、富士急バスの色を探すのが難しいほどです。

 こんな森の中、1年のうち9ケ月は凍っていますね。きっと。


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

山交でも 普通車の整備 やってます

2008.09.16 19:00  投稿者:小 バカボン

 山交バスの整備工場は、バスの整備だけかと思ったら普通車の整備もやってました。
 もちろんグループ内のタクシーも整備しており、燃料のLPガス車載タンクなんかもあり、珍しい部品も見つけました。

 山交の整備工場は、一般人の自家用車整備・車検もおこなっていて、随分安いので驚きました。
 しかも、1日車検OK。代車の貸し出しも無料、洗車やオイル無料クーポンなどの特典も充実し、なかなかの穴場です。
 もちろんガソリンスタンドの1日車検のように、不慣れな人がやるのではなく、整備のプロが行うので安心ですね。

 因みに私の軽自動車の車検は、自賠責保険・重量税・印紙代の法定費用を含めて 65,000円でした。整備保証書も付いていました。

 山交整備工場は 甲府市飯田町にあります。旧紫玉苑の前。
 問い合わせ電話は、055-222-3121だそうです。


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

バスのサイズ

2008.09.11 19:06  投稿者:小 バカボン

 バスの魅力はその大きさです。
 私も先般 テストコースで思う存分バスを運転してみました。

 でも大きいですね。見ている以上に運転している感覚は大きさを感じます。と言うより、タイヤや側面の感覚が自身のものになっていないのに気が付き、ちょっと怖い感じで 運転の最中震えてしまいました。

 路線バスの長さは、この辺で主流の中型で長さ約9m。 幅は、2.5m。
 大型路線バスだと、長さ10.5m。 幅は2.5m。
 観光バスの大型では、長さ11.9m。幅は2.5m。
 観光バスで一番高さのあるものは3.5mくらいです。

 自家用車だと長さは3.5~4.5mくらい。幅も1.5mくらいですから大きく違いますね。

 エンジンの排気量は、一番大きい高速バスで25000cc、路線バスで11000ccくらいです。
 因みにディーゼル自家用車だと3000から3500ccだから、その割にはあまり大きくないものですね。

 写真は中型路線バス。


コメント(1) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

バスのステップ

2008.09.07 11:25  投稿者:小 バカボン

 バスの乗り口・降り口の階段、最近はだいぶ改良されてきました。
 従来のバスは、地面から3段を登り降りし、これをツーステップ(2段)と表現していました。
 その後、ワンステップと呼ばれる地面から見ると2段のバスが登場し、今ではノンステップと地面から見ると1段、つまり階段がないバスが増えてきたわけです。

 このノンステップバスは障害者も健常者も格段に乗りやすいバスで、法律で導入が義務付けられているようです。
 障害者というか車いす用にはリフトバスというのも、平成5年ころから登場しましたが、ノンステップバスに取って代わっている状況です。

 東京など都市ではだいぶ普及してきましたので、山梨でも整備が進むことを期待しています。

 写真は最初のものがノンステップ。
 下の写真で上が ワンステップ。写真のワンステップバスはリフトバスでもあります。
 最後の写真が、従来型のツーステップ。


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

新しいバス停 続き

2008.09.06 18:48  投稿者:小 バカボン

 見つけました。 新しいバス停の形状違いの試作板。
 
 ちょっと盗撮です。 そのうち街角に現れそうです。


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

▲Page Top