TOP > ブログ一覧 > 山梨 路線バスおたく的 旅日記  > may 2008

山梨 路線バスおたく的 旅日記 

バスに乗って 山梨の観光と マニア向けバスのお宝 を紹介
山梨交通HP http://yamanashikotsu.co.jp

プロフィール

48歳。路線バスマニアです。
私の集めた 山梨交通バスにまつわる ちょっといい話、バスに関係する観光ポイント、コレクションを紹介します。
各ページ紹介の 山交路線バス時刻検索は
http://yamanashikotsu.co.jp/jikoku/jikoku01.htm

ブログ内検索

山梨公衆自動車の 回数券 

2008.05.25 18:20  投稿者:小 バカボン

 あるところにはありますね。 大正時代に甲府盆地で営業していた「山梨公衆自動車㈱」という会社の回数券を見せていただきました。

 今時の回数券は、11枚で10枚の値段ですがちょっと違いますね。

 この山梨公衆自動車は、大正15年に櫛形と甲府を結んだバス会社で、その後の山梨開発協会バス・山梨交通バスの基礎となる会社の一つです。
 経営には、元代議士の金丸信氏のお父さんが参加されていました。

 それから、開発という雑誌も古いものですね。昭和の初めです。
 この協会が、株式会社山梨開発協会へと繋がり、甲府盆地のバス事業を統合運営していくことになります。

 それにしても、素晴らしい資料がご仁の所蔵です。中には「山梨県」の検印もありますが、どうすれば入手できるのでしょうか。羨ましい限りです。

 フォトアルバムにも掲出します。


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

バスの 降車ボタン

2008.05.18 11:46  投稿者:小 バカボン

 少し前、NHKの熱中人という番組で、バスの押しボタンマニアという方が出ていました。
 他人にはなんでもないものに興味があるというのは、あたりまえなことの中から新たな発見を与えてくれます。

 山交バスの 降車用押しボタン 集めてみました。
 路線バスで降りたいとき押すボタンですが、ハワイの路線バスにはありませんでした。世界的には不思議なものなのかもしれません。

 山交にもけっこうありますね。 ここに掲載する3点以外は、フォトアルバムに掲載しておきます。


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

バス停の礎石

2008.05.16 20:18  投稿者:小 バカボン

 最近 山交バスのバス停を支える礎石の角が黄色く塗られています。
 危険防止のためですね。他の地区ではあまり見かけませんが、違和感もないと思います。
 
 この際、バス停のデザインも新しくもっと明るいイメージにしたいところですね。


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

高速バス 甲府~新宿 30年

2008.05.14 19:07  投稿者:小 バカボン

 高速バス甲府~新宿線が運行をはじめて30年になるそうです。
 そう言えば、ちょうど東京で学生生活をしていた頃、安い値段の移動手段ができたと便利に使ったことを思いだしました。
 当時のキャラクターにダチョウが使われていたように記憶します。

 この高速バスは、中央自動車道が勝沼まで開通したことで実現したものです。今ではあたりまえの高速バスも、当時は斬新な感じがしましたし、何といっても安いのでいつも満員で、補助席はあたりまえ、しかもトイレも無かったですね。
 最近は、ゆったりトイレの車両もあり見違えるようです。

 昭和53年4月22日土曜日に始まったこの高速バスは、最初1日6往復片道の運賃は1300円でした。
 以後毎年のように増便され、現在では27往復+1往復の28往復となりました。この+1往復は新宿発早朝と甲府発夜間便を試験運行しているためです。
 でも便数的には最盛期30往復という時期がありました。

 運賃は、最初の頃JRの特急電車利用に比べ半額以下でしたが、JRの企画乗車券による実質値下げで差はそれほど...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

山交バスのデザイン

2008.05.11 12:59  投稿者:小 バカボン

 山交バスのデザインですが記憶にある最初のものは、オレンジと緑のボンネットバス。
 次はあせた桃色のバス、そしてクリーム地に紺のラインでブドウシールが貼られたもの。
 最近は、白地に緑と黄緑のカラー。
 知っているだけで4種類にもなります。一番最近のものは国際興業グループの統一カラーなので東京や東北のグループ会社も同じデザインを使っているそうです。

 でも、このグループ統一カラーにも3つのパターンがあるのに気付きました。
 オリジナルと思われるものは、国際興業というバス会社が以前から使用していたカラーの一部を薄緑から若草色つまり黄緑に変えたもので、下の写真となります。

 新しいデザインは、上の写真で旧来のものとは少し違います。
 山交の新車はすべてこのデザインとカラーになっています。

 ところが、東京他のグループ会社の路線バスは、この新デザインに良く似ていますが、曲線が直線になっているのです。
 今日はちょっと写真がないのですが、今度入手したら付け加えます。

 番外で観光バスや高速バスですが、やはり山交のグ...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

山梨県 測量基準点

2008.05.09 20:07  投稿者:小 バカボン

 ちょっとマニアックかもしれませんが、県庁の前庭で「測量基準点」というのを発見しました。
 道路の基準にもなっているのですかね。
 だとすれば バスにも関係してきます。(笑)
 なぜ県庁の庭なのでしょうか。

 これには標高273mとあります。
 とすると我が家は300mくらいかな。

 因みにこの石碑の横には、旧制甲府中学跡の小さな碑がありました。


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

▲Page Top