TOP > ブログ一覧 > 山梨 路線バスおたく的 旅日記  > 四季・レジャー

山梨 路線バスおたく的 旅日記 

バスに乗って 山梨の観光と マニア向けバスのお宝 を紹介
山梨交通HP http://yamanashikotsu.co.jp

プロフィール

48歳。路線バスマニアです。
私の集めた 山梨交通バスにまつわる ちょっといい話、バスに関係する観光ポイント、コレクションを紹介します。
各ページ紹介の 山交路線バス時刻検索は
http://yamanashikotsu.co.jp/jikoku/jikoku01.htm

ブログ内検索

身延山の桜

2010.03.25 17:14  投稿者:パンダ 1号

 雨の中、身延山に行ってきました。

 樹齢数百年と言われるしだれ桜も、写真のとおりきれいに咲いておりました。
 今週末、晴れの天気で満開となり、さらに美しい姿を見せてくれると思います。
 以前のように自家用車の渋滞で身動きの取れないもどかしさも、ここ数年定着したパークアンドライド方式でシャトルバスが運行されるため、イライラせずに済みます。

 もう一度 週末に行ってみたいと思います。
 


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

風林火山号 三度発進

2008.08.02 12:29  投稿者:小 バカボン

昨年度放送の大河ドラマ「風林火山」により来県する観光客のための二次交通として運行された武田史跡めぐりシャトルバス「風林火山号」。
 湯村温泉と甲府駅・石和温泉・塩山駅間の史跡にバス停を設け、乗り降りしながら移動できる手段として人気がありました。
 1日乗車券が500円で手軽さも受けました。

 大河ドラマも終わりましたが今年の春は「大型観光キャンペーン」に合わせ4~6月に復活。週末運行でしたが、赤・青・緑の3兄弟バスはかなり目立つ存在でした。(○○レンジャー みたいで結構気に入っています)

 それが また 復活しました。
 余程 成績がいいのか、それとも何か訳があるのか。
 どうせなら 始めから運行期間を予定しておくほうがよさそうに思うのですが。

 停留所もなかなかユニークですね。
 
 甲府市内シャトルバスのレトボンは、バス停も存在そのものも色あせている中、けなげに頑張っている風林火山号を応援します。


運行期間
  平成20年8月2日~11月30日までの土日祝日運行
詳細案内
  山梨交通HP  ...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

高速バス 新バス停の開業です

2008.07.18 18:23  投稿者:小 バカボン

 高速バス 身延山~新宿線に新しいバス停が二つできました。
 
 野次馬根性で見に行きましたら、大勢の人で開業を祝っていました。
 開業用のお土産のご相伴にあずかり、早起きは三文の得でありました。

 本日開業したのは、同線の身延町「西嶋」バス停。といっても旧中富の和紙の里前です。六郷町の人も含め便利になります。
 もう一つは、甲斐市の「かいゆうパーク」前に設置された「西八幡」です。こちらも旧竜王町の方には便利に使えます。

 山交系の久々のイベント まあまあでした。


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

開発バス の痕跡

2008.02.05 18:15  投稿者:小 バカボン

 現在甲府盆地を走るバスは「山交バス」、たまには「じゃまこうバス」などと陰口が聞こえますが、乗客が少ない割にはガンバッテいます。

 ところが、戦前の甲府には山交バスは無く、「開発バス」が走っていたのです。
 この開発バス、正式には「株式会社 山梨開発協会 バス」と言います。
 協会なのに株式会社とは何かしっくりいきませんし、開発とバスが結びつくのもよくわからない気がしますよね。
 
 会社組織の山梨開発協会は、当時バスを運行していた山梨自動車運輸㈱・山梨公衆自動車㈱・御岳開発組合の3者が合併してバス運行を行うために発足しましたが、これと同時に昇仙峡の開発・山梨県内の開発を志す同志の集まりにより発行された「開発」という雑誌と不可分の関係にあり、山梨を開発し発展させるという大志に燃えた命名であると推察されます。

 もちろん山交バスは、この開発バスが土台となり戦時統合命令によりできた会社ですから、親子関係にあるといえます。

 しかし、開発バスという呼び名を知る人も少なくなり、その痕跡も段々なくなってしまうこ...


>>続きを読む


コメント(1) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

▲Page Top