TOP > ブログ一覧 > ペットショップのオーナは山梨県の観光産業振興に目を向け始める > 欲速則不達

ペットショップのオーナは山梨県の観光産業振興に目を向け始める

山梨に来て、はやくも23年経とうとしています。山梨を愛し、山梨の女性を終身の伴侶にし、また山梨に骨を埋めたいとする者で御座居ます。
今から、山梨を全世界へ発信しようとしています。

プロフィール

はじめまして。
 有限会社CandyHouseというペットショップを営んでおります代表取締役です。トラという愛称を親からもらったので、以来40数年間トラとして生きて参りました。
 実はトラではなく犬が好きです。
 さて、第二の故郷-山梨の観光業を振興するためにこのたび「第1期やまなしインバウド観光教育プログラム」に参加させていただきました。

欲速則不達

2010.01.29 20:33  

品質、安全を売り物とした自動車の世界トップメーカーの
トヨタが北米で大規模なリコールを発生。

アクセルの材質の選択に欠陥があり、その材質で出来た
アクセルを踏むと、最悪の場合アクセルが戻れない。
恐ろしい話。

どうしてあのトヨタが?

アメリカが引き起こした世界的な不況が原因で、
どの業界でも販売価格競争にしのびを削る。

当然、自動車業界にも。

コストダウンを図るために材料、部品等を現地調達方式を取らざるえません。

十分な耐用試験や安全試験を行わないままに製品化、そして市場投入。
安売り競争、数字上の売上高を追及。

結果、今度のトヨタリコール。

リコールに伴うトヨタの本業に膨大な悪影響発生。

それだけではない。

一週間の販売店での自粛販売を実施することによって販売店側から本社への賠償請求。
ダブルパンチ。

せっかく今期こそトヨタの黒字達成に
予想もないアクシデント・・・

しかし、私はこれも必ず起きることだと思います。
自然に、必然に。

欲速則不達だからです。

春秋戦国時代に遡る。

ある日、孔子が弟子の顔回の馬車で外国に遊説。

途中、顔回は猛スピードで馬車を御し出す。

訳はと孔子が聞いたら、「時間がないからそうするしかない」と顔回の答え。
すると孔子は「欲速則不達」と教える。

すなわち、
この速度ですと馬がやがて疲れる。
もっとひどいことが馬は疲れる前に馬車の車輪が壊れ、車体が解体。
目的地に到着前に人馬が自壊。


今回のトヨタのリコール事案はまさにそうではありませんか。
    ・・・
私も商売人ですが、安売りにいまもなじめない。
嫌いであります。
最高にかわいい子犬を仕入れ、最高に健康な子犬、猫を繁殖。
その後、万全な生体管理を施す。

仮に販売後の瑕疵が発見したら、どことんまでにお客様にお詫び、
治療代の弁済。

業界で常識的でない生体返品を実施。

お客様に迷惑を掛けたくないからです。
信用を落としたくないからです。
会社の看板を汚したくないからです。

もっとも欲速則不達からです。


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:甲州人のひとり言

コメント

コメントを投稿する

ボタンをクリックしてもコメントフォームが開かない方は、
お使いのブラウザのポップアップブロック機能を解除してください。

▲Page Top