TOP > ブログ一覧 > ペットショップのオーナは山梨県の観光産業振興に目を向け始める > 如雨露と可口可楽

ペットショップのオーナは山梨県の観光産業振興に目を向け始める

山梨に来て、はやくも23年経とうとしています。山梨を愛し、山梨の女性を終身の伴侶にし、また山梨に骨を埋めたいとする者で御座居ます。
今から、山梨を全世界へ発信しようとしています。

プロフィール

はじめまして。
 有限会社CandyHouseというペットショップを営んでおります代表取締役です。トラという愛称を親からもらったので、以来40数年間トラとして生きて参りました。
 実はトラではなく犬が好きです。
 さて、第二の故郷-山梨の観光業を振興するためにこのたび「第1期やまなしインバウド観光教育プログラム」に参加させていただきました。

如雨露と可口可楽

2008.11.21 17:54  

外国語を本国語に訳す時、好訳が結構あります。

このことを語る時は、いつもコカ・コーラの例を持ち出します。

コカ・コーラの原語はCoca Cola。
 
Coca Colaは日本語に音訳されて、コカコーラになりました。

これはたんなる音訳で、意味がない。

しかし、同じCoca Colaは中国で可口可楽と訳されています。
可はふさわしい、可口は美味しい意味。飲んで美味しく、爽やか、楽しい。Coca Colaはまさしく、可口可楽ですね。

日本語には好訳もあります。

例えば、如雨露。

これはなんでしょうか。
そう、ジョウロです。

字典によりますと元々Jarratoというポルトガル語からの由来だそうです。

漢字で表現されると如雨露になり、雨、露の如く。
音訳に意味を込めての好訳。
最初にこれを日本語に訳した人に脱帽。

では、じょうろの中国語は噴壷(Pen Hu)。それは訳語ではなく、その道具の意味、用途からつけた漢字。噴霧する壷。

でも、私見ですが、噴壷より如雨露のほうがはるかに写実的です。

くどい分析をすると、噴壷は主体からの命名、如雨露は客体からの訳、結果論であります。

一方、日本語でいうアメリカは「米国」と漢字で表現しますが、中国語で「美国」と書きます。

美しい国、これはおそらく最初にAmericaを憧れれた人が訳したと思いますが、果たして、Americaの行いそのものが美しいかな?

本題から離れますが、オバマ次期大統領が名実どもの「美国」に導いてくれればいいですね。


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:甲州人のひとり言

コメント

コメントを投稿する

ボタンをクリックしてもコメントフォームが開かない方は、
お使いのブラウザのポップアップブロック機能を解除してください。

▲Page Top