TOP > ブログ一覧 > ペットショップのオーナは山梨県の観光産業振興に目を向け始める > 身延山久遠寺の写真集

ペットショップのオーナは山梨県の観光産業振興に目を向け始める

山梨に来て、はやくも23年経とうとしています。山梨を愛し、山梨の女性を終身の伴侶にし、また山梨に骨を埋めたいとする者で御座居ます。
今から、山梨を全世界へ発信しようとしています。

プロフィール

はじめまして。
 有限会社CandyHouseというペットショップを営んでおります代表取締役です。トラという愛称を親からもらったので、以来40数年間トラとして生きて参りました。
 実はトラではなく犬が好きです。
 さて、第二の故郷-山梨の観光業を振興するためにこのたび「第1期やまなしインバウド観光教育プログラム」に参加させていただきました。

身延山久遠寺の写真集

2008.11.13 18:32  

今日、尊敬する友人から身延山写真集を一冊送って下さいました。

家族に見せたら、皆が異口同音「凄い!」。
そう、それほど素敵な写真集であります。

数年前、身延山でお店を営むお客さんの愛犬を訓練するため、ほぼ半年間に渡って週三回、久遠寺聖地の回りに仕事をしたことがあります。また、先日、運が良く身延大学の教授の経営される宿坊に泊まらせていただきました。

行けばいくほど、身延久遠寺の魅力とその奥深さに惹かれます。

しかし、いただいた写真家の作品を拝見したら、今度芸術の角度から聖地の荘厳さ、美しさそして幽玄さに圧倒されました。

無論、中国にはたくさんの寺院、古刹があります。
それは間違いなく広くて圧巻。

しかし、日本の寺院の場合、決して広くとは言えない決まった空間に宗教人(私は無神論者)と建築職人の魂を嵌め込まれでおります。

宗教精神と信仰を抜きにしても、込めにしても、久遠寺へたくさんの国内、外国のお客様が見に来ていただきたい。・・・


写真集を送って下さいました友人に深く御礼を申しあげます。

写真集の作者と出版社を掲載し、皆様にお勧め申しあげたい一冊です。


コメント(1) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

コメント

最近出かけることが多く、ブログを拝見する機会が少なくなっておりました。
早速取り上げていただき有り難うございました。

約束の打ち合わせも、なかなか設定できず心苦しく思っています。
忘年会か新年会を兼ねて、如何でしょうか。
いつもお話しを聞かせていただいている、素敵な奥様やお嬢様にもお会いできたらいいなと思う次第です。
投稿者:パンダ: at 2008/12/02 16:55

コメントを投稿する

ボタンをクリックしてもコメントフォームが開かない方は、
お使いのブラウザのポップアップブロック機能を解除してください。

▲Page Top