TOP > ブログ一覧 > ペットショップのオーナは山梨県の観光産業振興に目を向け始める > 円高、日本経済そしてインバウンド

ペットショップのオーナは山梨県の観光産業振興に目を向け始める

山梨に来て、はやくも23年経とうとしています。山梨を愛し、山梨の女性を終身の伴侶にし、また山梨に骨を埋めたいとする者で御座居ます。
今から、山梨を全世界へ発信しようとしています。

プロフィール

はじめまして。
 有限会社CandyHouseというペットショップを営んでおります代表取締役です。トラという愛称を親からもらったので、以来40数年間トラとして生きて参りました。
 実はトラではなく犬が好きです。
 さて、第二の故郷-山梨の観光業を振興するためにこのたび「第1期やまなしインバウド観光教育プログラム」に参加させていただきました。

円高、日本経済そしてインバウンド

2008.10.24 16:51  

 今、世界的に経済状況が悪い方向に向かおうとしています。
 起因はアメリカのサブプライム問題だと言われ、
 連鎖的に、リーマンの倒産、
 ビッグスリーの販売不良、
 ヨーロッパ大銀行の破綻。

 全世界が頼りになる「工場」の中国も十数年間も続いた高成長が
 来年にはじめて一桁以下の成長しか見込めない。

 日本はどうなっていますかと言いますと、
 連日、東京株式市場は8千円台に転落、
 当然、投資家が戦々恐々。
 市場は資金が集まらない。
 金の流通遅滞、、、
 加えて、
 円高。

 円高で、ソニーのような代表的な輸出企業は57%の利益減。
 実はソニーばかりではない。
 この数年、成長し続ける企業がいずれ輸出で日本経済をけん引。
 円高で、これらの企業は、日経の報道のように
 減収、減益。

 いよいよ株主総会の時期がやって参ります。
 経営側と株主との対立には懸念。

 一方、円高はまったくの悪ではない。
 私は日本経済の強味はむしろ円高によっての
 功績だと思います。中国語で表現すると千錘百錬。

 20数年前、円高が困ると日本中は嘆きながら、日本企業とりわけ
 自動車メーカーは円高の損失を生産のコストダウンにしのび削り、
 まったく斬新な経営、生産、販売モデルが全世界の前に樹立。
 そのごろ日本は全世界に絶賛され、
 「陽が東からのぼる」ほど。
 
 今、異口同音にて
 震源地はアメリカだと言われています。
 私は必ずしもアメリカが悪い、良いの問題ではないと。
 経済活動は波であり、人、国は常にこの波にさらわれています。
 その意味でアメリカの景気減は単なる世界経済不況のきっかけに過ぎないと認識。
 
 だからといって、
 円高はインバウンド事業には
 悪影響がないかと言うと、それは嘘。
 1ドルは90円台の現在は外国からの訪日客の激減が必至。
 特に、北海道、北陸、信州の一部は今からは雪で生計を立てる
 時期なので、いかにして外国客とくに豪、欧米のお客様を招致するのは肝心。

 また、この円高で
 中国の富裕層の来日に対して、
 二つの観点を持つべきではと考える。 
 
 一つ、円高で中国人は来なくなる。
 (現には河口湖への韓国人客、台湾人客はすでに減!)
 二つ、たくさんの中国人が来ます。東京にはね。

 その理由を申しますと
 ブランド品狙いであります。 
 中国では本物のブランド品が、という事。 
 円高のため、日本のデパートは安く欧米の
 ブランド品や贅沢品を仕入られ、それを狙い目に、
 中国の富裕層がやって来るという構図。
 
 我々インバウンド事業は、
 ずばり来日のお客さんは単に来都(東京都)
 (都留なら良いが)して帰るのではなく来甲府、
 来甲斐、来甲州、来北杜、来中央即ち来県できるように環境作る以外がない。
  
 使命的に、
 日本人、日本経済が
 再び円高の試練に立たされ、
 再び強くなり、飛躍し、
 そして、陽が再び東から昇る!
 
 こう強く信じ、それに向かった頑張る毎日です。
 
 
 
 

 


コメント(1) | この記事のURL | カテゴリー:甲州人のひとり言

コメント

日本人以上に日本の事を考えて頂きありがとうございます。公共の場での子供たちの躾についてもごもっともでしたが、今世界を取り巻く経済が大変な時期を迎えました。今一度日本の底力を発揮すべく、私たちも外国人旅行客を少しでも増やす努力をしていきましょう!
投稿者:Anちゃん: at 2008/11/03 22:40

コメントを投稿する

ボタンをクリックしてもコメントフォームが開かない方は、
お使いのブラウザのポップアップブロック機能を解除してください。

▲Page Top