TOP > ブログ一覧 > ペットショップのオーナは山梨県の観光産業振興に目を向け始める > 読・ぶどうおばちゃんの「3つの城跡めぐり」有感

ペットショップのオーナは山梨県の観光産業振興に目を向け始める

山梨に来て、はやくも23年経とうとしています。山梨を愛し、山梨の女性を終身の伴侶にし、また山梨に骨を埋めたいとする者で御座居ます。
今から、山梨を全世界へ発信しようとしています。

プロフィール

はじめまして。
 有限会社CandyHouseというペットショップを営んでおります代表取締役です。トラという愛称を親からもらったので、以来40数年間トラとして生きて参りました。
 実はトラではなく犬が好きです。
 さて、第二の故郷-山梨の観光業を振興するためにこのたび「第1期やまなしインバウド観光教育プログラム」に参加させていただきました。

読・ぶどうおばちゃんの「3つの城跡めぐり」有感

2008.10.14 19:57  

 今日のぶどうおばちゃんの記事を拝見。
 併せて、普段感じた事を書きます。

 甲府のシンボルの舞鶴城の石の大きさの事です。
 
 西側は誰が見ても古人の作品ではないね。

 基礎となる石垣には「石」を使ってないんです。
 
 あれは砂利です。

 砂利の積み上げですね。
 
 地質学でいうと~「砂利堆積」
 
 対象に東側の石垣は「石」を使っていました。

 東側は明治時代に修復したと聞きましたが。

 それは作品でした。

 西側は数年前、県内某建設会社が修復した工事です。

 コストダウンの為?
 
 数年間建設業不況ですね。
 なるほど、納得?

 いや、納得できない!

 築城費用は県民の血税ですね!

 安っぽい砂利の舞鶴城ではなく万古伝授できる石垣の舞鶴城は
 結局後世が自分で作るしかないかもしれないね。

 その時は日本の景気がきっと良くなる。
 そう願うしかない。
 


コメント(1) | この記事のURL | カテゴリー:甲州人のひとり言

コメント

お早う御座います。
甲府城に関する色々の角度からのご意見は楽しいですね。これがブログの長所であると思っています。
積み上げる事で深みを作る。
 
さて、事実確認をさせていただきたいのですが、西側の石垣(砂利の堆積部分)と東側の石垣の部分とは具体的に何処を指しますか?
教えて下さい。
投稿者:ootaminoru: at 2008/10/15 04:09

コメントを投稿する

ボタンをクリックしてもコメントフォームが開かない方は、
お使いのブラウザのポップアップブロック機能を解除してください。

▲Page Top