TOP > ブログ一覧 > ペットショップのオーナは山梨県の観光産業振興に目を向け始める > 夫婦はなんという素晴らしいものでしょう!

ペットショップのオーナは山梨県の観光産業振興に目を向け始める

山梨に来て、はやくも23年経とうとしています。山梨を愛し、山梨の女性を終身の伴侶にし、また山梨に骨を埋めたいとする者で御座居ます。
今から、山梨を全世界へ発信しようとしています。

プロフィール

はじめまして。
 有限会社CandyHouseというペットショップを営んでおります代表取締役です。トラという愛称を親からもらったので、以来40数年間トラとして生きて参りました。
 実はトラではなく犬が好きです。
 さて、第二の故郷-山梨の観光業を振興するためにこのたび「第1期やまなしインバウド観光教育プログラム」に参加させていただきました。

夫婦はなんという素晴らしいものでしょう!

2008.10.09 18:00  

 いよいよ、日本人の家内と結婚して20年。
 
 20年間、随分家内を苦労させた。
 
 日本のトップ重機械メーカーを辞め、なんヶ月も給料をもらえない
 町の一介のペット屋さんに。

 中国に行って、祖国に恩返しと思って1億9千万を銀行から融資を貰い、
 工場を2ヶ所も作り、頂いた報酬は厖大な赤字と兄貴の死。

 東予で研修した40日の間、どうしても大型バイクの免許を取りたくて
 喧嘩でも中止してくれた妻の恩を忘れない。
 でなければ、せっかちな私の性格だから、特にあの世で疾走。

 東京にに住んでいたころ、清潔好きな家内が私の作業服を必ず毎日洗う
 ので(今も)、ポケットを確認し忘れた為、外国人登録証を紙玉に。
 家内は後悔で泣き崩し、私にごめんなさいと土下座。
 
 その事を思い出す度に、逆に妻に申し訳ないと涙ぐみ。
 そもそもあんな証明が私にとって意味がなし、
 それに新婚間もない妻がそれで泣いたから。
 
 子供が肺炎の時、妻が病院の赤ちゃんベッドの下に寝泊り、
 泣いてた毎日。
 
 喧嘩する時、
 今度こそ浮気をしてやると思い、
 いざ綺麗な女性が目の前に現われたら
 妻の顔が浮かび、 
 やはりお前が一番!とあっさり。

 私の会社帳簿を管理する同時に、
 自分の勤める会社で本業の仕事に夢中。
 夢は子供が大学に入ったら、育児の為中断した正社員に復帰。
 昼間の仕事が終わったら、帰宅して全ての家事を。

 妻よ、
 毎日会っても飽きない
 なんとも不思議な顔。
 
 結局会社と家の舵を取るのはお前。
 男なんかは、
 勇敢、無謀。
 少なくとも俺の場合。
 
 妻よ、
 もう少し余裕が出来たら、北欧に連れて行き 
 お前の好きなオーロラを見に。
 ・・・

 
 

 


 

 
 
 

 


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:甲州人のひとり言

コメント

コメントを投稿する

ボタンをクリックしてもコメントフォームが開かない方は、
お使いのブラウザのポップアップブロック機能を解除してください。

▲Page Top