TOP > ブログ一覧 > ペットショップのオーナは山梨県の観光産業振興に目を向け始める > ラブ・レター

ペットショップのオーナは山梨県の観光産業振興に目を向け始める

山梨に来て、はやくも23年経とうとしています。山梨を愛し、山梨の女性を終身の伴侶にし、また山梨に骨を埋めたいとする者で御座居ます。
今から、山梨を全世界へ発信しようとしています。

プロフィール

はじめまして。
 有限会社CandyHouseというペットショップを営んでおります代表取締役です。トラという愛称を親からもらったので、以来40数年間トラとして生きて参りました。
 実はトラではなく犬が好きです。
 さて、第二の故郷-山梨の観光業を振興するためにこのたび「第1期やまなしインバウド観光教育プログラム」に参加させていただきました。

ラブ・レター

2008.08.22 20:46  

 いよいよ、家内と結婚して、20年になろうとするところです。

 そもそも20年前の国際恋愛はかなり困難な事でした。それに、私は中国の国家機構に所属する研究者のため、(所持のパスポートが一般人と違う)なおさらのタブー。

 しかし、愛しあった異国男女が最後に勝ち抜き、今の家族が誕生したわけです。

 今は、若い方皆が携帯を持っていて、おそらく交流が電波経由だろうと思いますが、当時、私たちは手紙、そう、ラブレターでした。

 互いに出した手紙は今だに大事にしており、また、私は恋愛の中、指摘された性格や身だしなみなど短所の克服に今も務めています。

 ある日、手紙を貰いました。
 
 愛情たっぷりの内容の最後に、こうのように書いてありました。

 「とっても言うのが恥かしくて、怒られると思いますが、でも、どうしても言って上げなければならないと思います。
 その鼻毛を切ったほうが良いと思うのですが・・・?切ったほうがもっと格好良いと思います」
 
 今、中国の人はだんだん鼻毛を切るようになりましたが、当時、鼻毛を切る習慣があまりありませんでした・・・

 つまり、私は鼻毛が伸び放題の状態で彼女と付き合って来たわけ。
 彼女は身長が小さく、私と話す時、どうも、目に入ったのは真っ黒な鼻毛しかなかったようでした。

 それ以来、私は何時も見だしなみや容姿をチェックし、接するお客様や取引先など相手に不愉快を与えないように心掛けて来て参りました。

 いろいろと妻に感謝するが、とりわけ、今日、鼻毛について、ここに記します。


コメント(2) | この記事のURL | カテゴリー:甲州人のひとり言

コメント

鼻毛に限らず国によっては、体毛は自然の状態がセクシーだと言われてます。
しかし取引先での商談等ある時は少し恥ずかしいですね…愛する奥様にしっかりと頭から足先までお手入れしてもらってくださいV(^-^)V
投稿者:yasu(^_^)v: at 2008/09/07 00:19
鼻毛に限らず国によっては、体毛は自然の状態がセクシーだと言われてます。
しかし取引先での商談等ある時は少し恥ずかしいですね…愛する奥様にしっかりと頭から足先までお手入れしてもらってくださいV(^-^)V
投稿者:yasu(^_^)v: at 2008/09/07 00:19

コメントを投稿する

ボタンをクリックしてもコメントフォームが開かない方は、
お使いのブラウザのポップアップブロック機能を解除してください。

▲Page Top