TOP > ブログ一覧 > ペットショップのオーナは山梨県の観光産業振興に目を向け始める > 無差別殺人と親

ペットショップのオーナは山梨県の観光産業振興に目を向け始める

山梨に来て、はやくも23年経とうとしています。山梨を愛し、山梨の女性を終身の伴侶にし、また山梨に骨を埋めたいとする者で御座居ます。
今から、山梨を全世界へ発信しようとしています。

プロフィール

はじめまして。
 有限会社CandyHouseというペットショップを営んでおります代表取締役です。トラという愛称を親からもらったので、以来40数年間トラとして生きて参りました。
 実はトラではなく犬が好きです。
 さて、第二の故郷-山梨の観光業を振興するためにこのたび「第1期やまなしインバウド観光教育プログラム」に参加させていただきました。

無差別殺人と親

2008.07.23 22:13  

 この頃、無差別殺人事件があまりにも多すぎる。

 学校の責任、社会の責任、国の責任、家庭の責任、それぞれ関連性があるように思います。

 大分の教員採用汚職事件。
 あのような背景で採用された教師は正しく生徒に人生観を教えることが出来るのでしょうか。

 日本の社会状況。
 「勝ち組み、負け組み」の社会風潮のなか、一時的に落ちこぼれた人に再起を促する環境がどこにあるのでしょうか。

 国の政治運営。政治家の悪事。官僚の汚職。
 庶民の模範とするべく人物がこの程度だから俺はもうどうでもいいと若者が自暴自棄していることは政治家、国、官僚が知っているはず。
 知っているならいまのうちに手を打たずに何時打つのでしょうか。

 家庭崩壊。
 親は我が子と会話も出来ず、子供の相談相手にならない。
 子供を作る以上、何時でも子供の良き先生、良き友人、良き相談相手であることを今の親は認識できているのでしょうか。
 子供に対する家庭内教育、しつけがきちんと出来なければ、親は子作りは単なる一時的な快楽を求む低級動物とまったく同じだ思う。

 昨日、無差別に人を刺し殺す男の親の言論を読んでみると二児を持つ私は親として責任の重さが益々強く感じます。
 
 


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:甲州人のひとり言

コメント

コメントを投稿する

ボタンをクリックしてもコメントフォームが開かない方は、
お使いのブラウザのポップアップブロック機能を解除してください。

▲Page Top