TOP > ブログ一覧 > ペットショップのオーナは山梨県の観光産業振興に目を向け始める > june 18 2008

ペットショップのオーナは山梨県の観光産業振興に目を向け始める

山梨に来て、はやくも23年経とうとしています。山梨を愛し、山梨の女性を終身の伴侶にし、また山梨に骨を埋めたいとする者で御座居ます。
今から、山梨を全世界へ発信しようとしています。

プロフィール

はじめまして。
 有限会社CandyHouseというペットショップを営んでおります代表取締役です。トラという愛称を親からもらったので、以来40数年間トラとして生きて参りました。
 実はトラではなく犬が好きです。
 さて、第二の故郷-山梨の観光業を振興するためにこのたび「第1期やまなしインバウド観光教育プログラム」に参加させていただきました。

細雪

2008.06.18 21:31  

 先日、家内と帝国劇場にて、谷崎潤一郎の代表作の「細雪」を観劇しました。
 昭和初期の大阪・船場を舞台に代々木綿問屋を営む蒔岡家の盛衰を戦争と絡み合い、主人公およびその周辺の人々の振る舞いを見事に谷崎さんにより描かれ、そして、舞台俳優により華やかに演じされました。
 父から受けた家業を忠実かつ保守的に家を守る長女・鶴子(高橋恵子)、分家して神戸・芦屋に住み、何時も妹を優しく見守る次女・幸子(賀来千香子)、よく周りを観察し、数多くの縁談を断り続け、兄弟との調和を日々念ずる三女・雪子(檀れい)、末子の為、姉達、親に過保護にされ、一見思いやりが足りないがしかし何事にもチャレンジし、熱情溢れ、自立の道を切り開いて、幸せな結婚を実現した四女・妙子(中越典子)達の美しい生き方に共鳴しました。
 
 始終「美」を貫く3時間半でした。

 観劇の前にあらすじを予備練習のため、妻は原作の上、中、下を購入。
 しかし、毎日二頁も行かず、寝てしまいます。
 私も読もうと思いましたが古い日本語で、半頁位で頭がダウン。
 
 しかし...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

▲Page Top