TOP > ブログ一覧 > ペットショップのオーナは山梨県の観光産業振興に目を向け始める > january 2009

ペットショップのオーナは山梨県の観光産業振興に目を向け始める

山梨に来て、はやくも23年経とうとしています。山梨を愛し、山梨の女性を終身の伴侶にし、また山梨に骨を埋めたいとする者で御座居ます。
今から、山梨を全世界へ発信しようとしています。

プロフィール

はじめまして。
 有限会社CandyHouseというペットショップを営んでおります代表取締役です。トラという愛称を親からもらったので、以来40数年間トラとして生きて参りました。
 実はトラではなく犬が好きです。
 さて、第二の故郷-山梨の観光業を振興するためにこのたび「第1期やまなしインバウド観光教育プログラム」に参加させていただきました。

陰暦正月と父親

2009.01.25 22:29  

久日ぶりのブログ。

明日は中国のお正月。
陰暦大年初一と言います。

中国では旧暦は陰暦、西暦は陽暦といいます。
おめでとうとお祝いしたいが明日は父の命日にあたる為、お祝いは割愛。

でも、生も死も世の中の摂理でありますので、亡くなった父はあの世できっと
私達の幸せを祈っているではないかと考えます。

清の皇女の末っ子であった父が日本の3つの大学を卒業し、満州建国大学の助教授として終戦を迎えた。

その後、毛沢東の甥の毛大迅という大連市の初代目市長の秘書を経て、小学校、中学校、高校の先生に。つづいて学校追放、農村下放、人民公社の羊飼い、豚の放牧人、倉庫の番人、画師、写真屋、傘の修理屋、桶の製作屋、南京錠の修理屋、、、そして大連市政府特命経済法律顧問、大連鉄道学院終身教授として、人生を終えました。

一方、日本と密な関係があった為、50年間批判と圧迫の日々を送っていました。

非人的な生活を家族全員が強いられました。

「ワイールド・スワン」というベストレラーがありますが、あのぐらいの受難ならへっちゃら。

父は8歳から日本の教...


>>続きを読む


コメント(1) | この記事のURL | カテゴリー:甲州人のひとり言

▲Page Top