TOP > ブログ一覧 > ペットショップのオーナは山梨県の観光産業振興に目を向け始める > october 2008

ペットショップのオーナは山梨県の観光産業振興に目を向け始める

山梨に来て、はやくも23年経とうとしています。山梨を愛し、山梨の女性を終身の伴侶にし、また山梨に骨を埋めたいとする者で御座居ます。
今から、山梨を全世界へ発信しようとしています。

プロフィール

はじめまして。
 有限会社CandyHouseというペットショップを営んでおります代表取締役です。トラという愛称を親からもらったので、以来40数年間トラとして生きて参りました。
 実はトラではなく犬が好きです。
 さて、第二の故郷-山梨の観光業を振興するためにこのたび「第1期やまなしインバウド観光教育プログラム」に参加させていただきました。

金の鐘

2008.10.29 18:24  

甲府商工会議所創立125周年のために、県内に在住する
一流貴金属名工や職人の方々が黄金の鐘を作りました。

この鐘が高さは32cm 直径42cm 重さは16.7㎏。
18Kで、使われた純金は12.7であります。

世界一の大きさのため、今ギネスブック登録を申請中。

この歴史に残る山梨のお宝は見ることができ、触ること
ができ、さらに叩くことができるのは11月3日までで、
場所は山梨地場センターです。

その他、時価300,000,000の水晶玉も展示してありま
すので、ぜひ地場センターへいらしてください。

暗いニュースに煩わらされる毎日、世界一鮮烈に輝いて
いる黄金の鐘を触ったら、自分にとって来年が必ず素晴
らしい一年になることを今、もう既に実感しています。


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

円高、日本経済そしてインバウンド

2008.10.24 16:51  

 今、世界的に経済状況が悪い方向に向かおうとしています。
 起因はアメリカのサブプライム問題だと言われ、
 連鎖的に、リーマンの倒産、
 ビッグスリーの販売不良、
 ヨーロッパ大銀行の破綻。

 全世界が頼りになる「工場」の中国も十数年間も続いた高成長が
 来年にはじめて一桁以下の成長しか見込めない。

 日本はどうなっていますかと言いますと、
 連日、東京株式市場は8千円台に転落、
 当然、投資家が戦々恐々。
 市場は資金が集まらない。
 金の流通遅滞、、、
 加えて、
 円高。

 円高で、ソニーのような代表的な輸出企業は57%の利益減。
 実はソニーばかりではない。
 この数年、成長し続ける企業がいずれ輸出で日本経済をけん引。
 円高で、これらの企業は、日経の報道のように
 減収、減益。

 いよいよ株主総会の時期がやって参ります。
 経営側と株主との対立には懸念。

 一方、円高はまったくの悪ではない。
 私は日本経済の強味はむしろ円高によっての
 功績だと思います。中国語で表現すると千錘百錬。

 20数年前、円高が困ると日本中は嘆きなが...


>>続きを読む


コメント(1) | この記事のURL | カテゴリー:甲州人のひとり言

講・考

2008.10.20 21:04  

 講。 
 説き明かす。

 社寺で神・仏の信者が集まって来る集合。
 学校や公会堂で講義を聞いたり行事を行ったりする場所を講堂。
 そこで、講義、、講習、講演をする。
 
 10月20日に入ると全国に恵比須講。
 それは商人たちがえびす様を祭る行事であります。
  
 山梨では「無尽」という習慣があり、毎月参加するメンバーが集まって、
 あらかじめ決まった金銭を出費し、食事会を行う。
 会の内容として、もっぱら姑、嫁、妻、旦那、会社の上司、部下の悪口、それで日常のストレスを解消。
 しかし、絶対に選挙を言及するまい暗黙のルールがあります。
 選挙が近つくと自主的に会を前倒しか、後回し。
 これぞ甲州人潔い。
 集まった金銭は毎回違うメンバーに配当し、商売や経済の困った時に当てる。
 この「無尽」はどうも国内にて山梨しか現存しない風習であり、
 山梨は全国一の長寿県となる理由ではないかと山梨大学医学部の山縣先生が数 十年、医学、心理学、統計学に基づいた調査結果で明らかになった事実。
 先生の研究発表がきっかけで海外で「mujin...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:甲州人のひとり言

最後の初恋

2008.10.17 19:28  

 今日、家内と東宝8にて、リチャード・ギアとダイアン・レインの主演する
 映画を見ました。
           「最後の初恋」

 美しくて、せつなくて、
 高尚な物語。

 ギアの演じるお医者様は医療ミスの為、
 妻も、同じ医者の息子も、豪華な家も全て失いました。

 過去と決別する為に、気持ちが清算されていないまま、
  フロリダ経由で息子が勤める水も電気もガスもないエクアドルに向かう。

 途中、飛行機待ちの際フロリダに宿泊し、そこで友人の経営する海辺に建つ
 小さいペンションで留守番する二児の人妻エイドリアンと邂逅。

 知らない同志が少しの時間に互いに抱える問題と葛藤を酒の勢いで打ち合い、
 ギアは自分の今まで傲慢かつ冷血に近い境界から救われ、レインが正直に自分 と人生と向き合うように悟られました。

 やがて、嵐の夜、二人が結ばれました。
 
 その先、ギアは自分のミスで亡くなった女性患者の遺族にお詫びをし、許され、
 後、息子のがんばる外国のエクアドルで慈善医療を献身的に没頭しながら、
 エイドリ...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:甲州人のひとり言

鈴廣さん

2008.10.15 22:58  

昨日、義母のお誕生日。

私は日本に来た時は義母まだ若かった、
今は合計4人孫もいるおばあちゃん。

自分の本業の会社勤めをしながら、
数十人の生徒を抱えるお琴の先生。
年数回、都内の演奏会に出る為に、
音痴の私も暗唱できるくらいの保留曲を
一日十数回も練習。
よくも飽きないなあと聞いたら、
「ファンはこれを聞く為にずっと待っているの」と。

毎年、義母の誕生日祝いは洋食だが、
今年は敷島にある割烹料理の「鈴廣」に。

住宅地の真ん中に位置するお店を暗闇の中で探すのに一苦労、
でも、噂によると地元で知る人ぞ知る人気。

入る前、
特に味に対する期待は別に。
魚料理だから、きっとどこでも皆が似たり寄ったり。

しかし、実際に頂いたら、
同じ和食でも、ここの味の特徴がはっきり。
   まろやか 繊細
魚料理も口のなかでとろけるほど
美味しい。

ゆば、柚子、白子、
白魚、マグロ 、、、
山の幸、海の幸、
マツタケいりの茶碗蒸を頂いたら、
次は土瓶蒸し。

成長中の子供は食べ放題のマツタケご飯を何杯も御替り。

和食の為、値段はそれなりに高い、
それに夜のため、サービ...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:食事ショッピング

読・ぶどうおばちゃんの「3つの城跡めぐり」有感

2008.10.14 19:57  

 今日のぶどうおばちゃんの記事を拝見。
 併せて、普段感じた事を書きます。

 甲府のシンボルの舞鶴城の石の大きさの事です。
 
 西側は誰が見ても古人の作品ではないね。

 基礎となる石垣には「石」を使ってないんです。
 
 あれは砂利です。

 砂利の積み上げですね。
 
 地質学でいうと~「砂利堆積」
 
 対象に東側の石垣は「石」を使っていました。

 東側は明治時代に修復したと聞きましたが。

 それは作品でした。

 西側は数年前、県内某建設会社が修復した工事です。

 コストダウンの為?
 
 数年間建設業不況ですね。
 なるほど、納得?

 いや、納得できない!

 築城費用は県民の血税ですね!

 安っぽい砂利の舞鶴城ではなく万古伝授できる石垣の舞鶴城は
 結局後世が自分で作るしかないかもしれないね。

 その時は日本の景気がきっと良くなる。
 そう願うしかない。
 


コメント(1) | この記事のURL | カテゴリー:甲州人のひとり言

再談・ ヒラリア&呼びかけ

2008.10.11 18:33  

 ヒラリアともフィラリアとも日本語になっています。
 要は犬のミクロ・フィラリアの事で、昭和30年代まで、日本の飼い犬は
 これでたくさん犠牲になっていたと義父から聞きました。

 今はヒラリアの予防と治療が進んでおり、全世界の犬は助っております。
 その功績は諏訪出身の日本人の学者で、私の認識ですとこの薬の発明にも
 ノーベル賞を与えるべきだが、残念な事で誰もその渡辺さんは知らない。

 閑話休題!

 実は、一年中、もっともヒラリアに気をつけなければならない時期はずばり
          今から11月下旬迄。です。
 原理は:
 キャリアーのメス蚊が寒くなる事が知り、その前に子孫を懸命に残そうとする 本能のため、懸命にしかも無差別に動物を刺す
 であります!!!
  
 従いまして、「もう、蚊が居ないから薬もう良いね。」は駄目です◆

 覚えてください!
 うちの犬の今年のラスト ヒラリア投薬はまだですよ。


コメント(1) | この記事のURL | カテゴリー:甲州人のひとり言

夫婦はなんという素晴らしいものでしょう!

2008.10.09 18:00  

 いよいよ、日本人の家内と結婚して20年。
 
 20年間、随分家内を苦労させた。
 
 日本のトップ重機械メーカーを辞め、なんヶ月も給料をもらえない
 町の一介のペット屋さんに。

 中国に行って、祖国に恩返しと思って1億9千万を銀行から融資を貰い、
 工場を2ヶ所も作り、頂いた報酬は厖大な赤字と兄貴の死。

 東予で研修した40日の間、どうしても大型バイクの免許を取りたくて
 喧嘩でも中止してくれた妻の恩を忘れない。
 でなければ、せっかちな私の性格だから、特にあの世で疾走。

 東京にに住んでいたころ、清潔好きな家内が私の作業服を必ず毎日洗う
 ので(今も)、ポケットを確認し忘れた為、外国人登録証を紙玉に。
 家内は後悔で泣き崩し、私にごめんなさいと土下座。
 
 その事を思い出す度に、逆に妻に申し訳ないと涙ぐみ。
 そもそもあんな証明が私にとって意味がなし、
 それに新婚間もない妻がそれで泣いたから。
 
 子供が肺炎の時、妻が病院の赤ちゃんベッドの下に寝泊り、
 泣いてた毎日。
 
 喧嘩する時、
 今度こそ浮気をしてやると思い...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:甲州人のひとり言

猫バスに乗りました

2008.10.04 21:00  

 今日、宮崎 駿さんの「となりのトトロ」に登場した猫バスにほぼ一日中乗りました。
 とは、うそでした。あれはアニメです。

 今日、山梨交通のレトロバスに乗ったのは本当。

 そのバスはアニメの猫バスとそっくり!

 年に数回しか出動しない山梨交通さんのこのバスは今日、地域アカデミーに参加する県外のお客様のために、特別動いて下さいました。

 山梨交通のこれ以上ない御もてなしに受講者の皆さんがとっても感動しました。
 
 有難う御座います。

 さて、バスについてです。

 昭和45年のいすゞ製で、4段マニュアル。
 でっかいハンドル。

 120Kmのメーター表示ですが、40kmを出すのに、精一杯。
 坂を登るのに受講生は皆が降りてバスを押さないといけないのじゃないか  も・・と揶揄したが実際今の車に劣れないほどのスピード。

 ただ、坂を下る時、一番低いギアに入れないとなかなかコントロールできない。
 夜の運転は、車の車体の構造上、後ろの車幅を判断しにくい為、運転手にとって悩みです。

 昔の車の為、車内はエンジン騒音が強烈。33人...


>>続きを読む


コメント(1) | この記事のURL | カテゴリー:オリジナル観光ルート

6人の日本人

2008.10.03 20:37  

 一つの100%予約済みのホテルに宿泊者の中には日本人は6人、
 あとは全部中国人。
 これは中国の某ホテルですね。

 いえいえ、間違いですよ。
 このホテルは平日の今日の河口湖のルードーイン。
 
 今朝、用事で7時に河口湖町に入りました。
 まず、湖畔に30人以上の中国人が写真撮りに、散策に。

 ホテルに入ったら、ロビーに中国人チェックアウトの列。
 レストランを覗いたら、全部中国人。
 手を洗いにトイレに入ろうとドアを開けたら、中国メロディーの鼻歌が漂って来た、、、

 一瞬、あれ?私は何時実家に帰ったかと思うくらいでした。
 
 あとで聞いたら、昨夜このホテルで宿泊したお客様には日本人がたた6人のみ!

 各業界が不景気の日本国内、このようにたくさんの外国人のお客様が来て欲しいね。これこそインバンド立国!
        ・・・
 中国人は20年前より着る洋服や身の回りの用品などがかなり質が高くように見えました。
 
 ただ、大声に喋る習慣が相変わらず。

 私も同じかもしれません?


コメント(1) | この記事のURL | カテゴリー:オリジナル観光ルート

知的資産家、長寿と生命の品質

2008.10.02 21:55  

 資産家といえば、想像できるでしょう。
 金をいくら使っても、使いきる心配がない。
 
 そのような境界を求めるために、一部の方々がこの手あの手のように、
 智恵をしぼり、精力を尽くし、
 経営、ギャンブル、株投資、IT革命の旗手、堀江モン、リーマンプラザーズ、 埼玉東松山市関係株投資、、、
 
 その結果、資産が豊になった、
 同時に、精神が貧乏になった。
 場合によって、倒産してしまいました。

 古今中外、無一例外。
 
 今日、縁があって、健康科学大学学長の
 折茂先生のお話しを聞くことが出来ました。

 斬新で、開闢。
 私にとって、生き方の救世主。

 それは、知的資産家を求めなさい!と
 先生が厖大なデータに基いての科学的な忠告。

 長生きを求めると同時に、
 命の密度、品質を追求。
 裏表、一つも欠かせない。
 
 GUALITY OF LIVE  。
 

 「健康とは身体的、精神的、社会的に安定かつ良好な状態。」(WHO)
 三要素、一つも欠かせない!
 
 また、「くよくよするな!小さい事で。」(リチャード・カールソ...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:甲州人のひとり言

▲Page Top