TOP > ブログ一覧 > ペットショップのオーナは山梨県の観光産業振興に目を向け始める > may 2008

ペットショップのオーナは山梨県の観光産業振興に目を向け始める

山梨に来て、はやくも23年経とうとしています。山梨を愛し、山梨の女性を終身の伴侶にし、また山梨に骨を埋めたいとする者で御座居ます。
今から、山梨を全世界へ発信しようとしています。

プロフィール

はじめまして。
 有限会社CandyHouseというペットショップを営んでおります代表取締役です。トラという愛称を親からもらったので、以来40数年間トラとして生きて参りました。
 実はトラではなく犬が好きです。
 さて、第二の故郷-山梨の観光業を振興するためにこのたび「第1期やまなしインバウド観光教育プログラム」に参加させていただきました。

道の駅-豊富(とよとみ)

2008.05.31 19:47  

 県内に数か所の道の駅があります。
 今日、豊富(toyotomi )をご紹介します。
 
 写真の通り、規模にしても品揃いにしても県内トップクラス。
 
 豊富近辺の町で採りたての野菜がたくさん陳列しており、値段も安い。

 写真に入ってないが、普通のスーパーで売っているレタスの倍くらいの大きさのものですと120円、130円前後。

 県内産のワインと酒コーナーも設置され、期間限定のレアー物もあります。

 時期的に、モロコシが人気。

 今、ゴールド・ラッシュは一番糖度が高く人気ナンバー1.
 次が甘甘娘(カンカン娘)
 ショッピング籠にモロコシを一杯に詰んだお客さんが数人もいました。

 午前中の11時頃でしたが、駐車場はほぼ満タン。
 県外ナンバーの車、外車も目立つ。

 場所は添付地図の通りです。
 
 朝、9時オープン。


 

 


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:食事ショッピング

壁がまた厚いようですね。

2008.05.30 13:28  

 今日のニュースで、自衛隊の輸送機が中国の意向で四川へ飛べそうもないと。
 替わりに、日本の民間輸送機がテントやその他の支援物を運ぶ見込み。
 やはり壁が厚いですね。
 
 その壁は中国政府ではなく、どう考えても政府が国民の感情を配慮した苦渋の決断のように伺えます。
 
 でも、自衛隊の話は中国から持ち出しただけでも、大いに注目、評価すべきではないでしょうか。
 
 先日胡錦涛主席の来日が日中政府、民間関係の「春暖花開」だと表現されました。なら、この自衛隊の話は日中軍隊関係(日本は自衛隊)は今「氷消雪化」段階に至り、いずれ「春暖花開」がやって来ると信じています。

 中国語には「好事多魔」という言葉があります。
 日本語にすると好事魔多しそのまま。
 いつか、日中の戦闘機が空中競演の航空ショーを見てみたいものですね。
 
 民間機で運ぶにしても、自衛隊機で運ぶにしても、四川地震被災地にとっては有難い事です。
 とりあえず、形を問わないことにしましょう。


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

結婚と同じくらい嬉しい

2008.05.28 19:12  

 今、偉い事件が起きようとしています。
 私の心境は大好きな彼女と結婚することが実現できたと同じ位嬉しい。
 「中国政府は日本政府に要請し、自衛隊機を物資運搬に来て欲しい」とのニュースです。

 これはどのSF小説家でも想像できないテーマ。
 普通なら、タブー中のタブーです!

 実は、日中戦争の時、日本軍が国民党の首府四川省の重慶市を連日連夜に空爆し、写真資料によれば、それもまた悲惨な風景でした。

 反日感情を持つって言えば、四川人はすごいです。
 どのぐらいかというと私は大学時代、第二の外国語を日本語にすると言い出すと、四川からの同級生に強く反対されました。
 彼の祖父祖母が空襲でなくなったわけです。

 今回の中国政府の要請は突発な行動ではないはず。
 個人的に次のような考えを記したいと思います。
 1、今回の地震の被害はあまりにも大きすぎる。外国の援助がなければこれから二次、三次、、、連鎖災害が目の前に迫ってくる。
 面子(メンツ)より実務。
 2、僅か後数十日経てばオリンッピックを開催。
 地震のことを片付けな...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

唐山大地震回想 その1

2008.05.28 16:56  

 中国は、実に地震の多いところです。
 国は広いし、人口も多い為、いざ地震が発生するとそれによる被害が想像できないほど大きくなってしまいます。
 あまり思い出したくありませんが、30年前の唐山大地震による被害状況を心の中からどうしても消し去る事が出来ません。
 
 1976年7月28日のことでした。
 河北省の唐山に2000㌔位も離れている私の都市の大連で、「ぐらっ」と人が立てないくらい強い地震を感じました。

 地震の翌日から、大連のありとあらゆる病院施設が室内、廊下どころか病院の外まで傷病者で溢れました。
 火葬場も・・・書きたくありません。(涙)
 
 その地震が唐山市24万人の命を奪いました。
 
 河北省の二番目の都市があっという間に瓦礫に化しました。

 当時、バックホンやユンボ等重機が中国になかった時代なので、人民解放軍は人山戦術で素手で余震と雨の中でどれほどの人命を救ったことでしょう。
 
 当然たくさんの解放軍兵士が他人を助けるため、自分の命までをも捧げました。
 
 悲壮!・・・

 当時、四人組の文化大革...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

中国に居る日本医療隊の近況その他

2008.05.26 17:56  

 四川地震後、数人の友達に私の実家の安否を案じてくれるお便りを頂きました。
 実家は東北のため、地震は感じませんでした。
 心配してくれた方に心から改めて御礼を申しあげます。

 今日、四川で今渾身の力を発揮していっらしゃる日本の医療隊の話しを個人の得た情報をお話し致します。

 実は、20年前、私の同級生の奥様は山梨医科大学(現在、梨大医学部)に医者として研修。帰国後、華西医科大学に教授職を携わっています。

 華西医科大学は丁度日本の医療チームが今活躍している病院にあたります。

 いま、同級生に電話をしました。公開できる事を2、3ご報告致します。

 日本の医療チームは今、大変活躍しています。
 直接患者さんを治療するだけではなく、現地医者の技術指導も丁寧に行っています。
 
 逆に、中国側は単なる日本人の技術の厳密さに感心するだけではなく、組織の連環、規律の徹底などに脱帽します。
 
 四川省の地方テレビだけではなく、他の局、中国中央電視台が連日、日本人の奮闘ぶりを報道しています。

 中央政府は勿論、国民が日本人に...


>>続きを読む


コメント(1) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

フィラリアの予防と日本人

2008.05.21 20:34  

 今日も、私の本業の話しをしてみます。
 今から11月までの間、ご愛犬のフィラリアの予防や治療に薬の時期がやってきます。
 農林水産省の統計によりますと、今の犬の平均寿命は13.8歳だそうです。
 家内の親父の話しには、2,30年前まで、日本の犬はせいぜい7,8歳の寿命で大低フィラリアにおかされて、死んでしまう時代がありました。
 すなわち、フィラリアの薬の発達で犬達が助けられたわけです。
 数年前ですと、ジエチルカルバマジンやレバミゾールを日本で使っていましたがキャリアに生存する幼虫とミクロフィラリアしか効かず、成虫には効かないだけではなく、感染期間中、毎日欠かさずに犬に与えなければならない面倒くさがありました。
 いま、世界的にフィラリアの薬が数種類ありますが、代表的なのはイベルメクチンで商品名はアイボメックと言います。

 このイベルメクチンはフィラリア幼虫にも成虫にも効くだけではなく月に一回、犬に与えるだけで済む便利さがあります。

 このイベルメクチンの世に誕生した事によって、全世界ではどれほど犬...


>>続きを読む


コメント(1) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

四川省地震から得るべき教訓

2008.05.16 18:48  

 何人かの方が、私の中国にいる親戚の地震による安否を聞かれました。
 お心遣いに深く御礼を申しあげます。
 
 私は東北大連生まれのため、大連と四川の距離は大連から成田空港までの距離の二倍くらいもあるため、当然親戚達は無事でした。 
 
 中国は大きいですね!
 大きすぎる。
 
 だけれども、今回の四川地震はあまりにも悲惨で、昨日NHKの夜のニュースの殆どが自国の報道同然、四川惨事の報道でした。
 いくら17年も前に日本に帰化したとしても、日本人の心の温かさに感動します。
 有難うございます。

 さて、今回の地震からは中国政府にしても国民にしても、沢山の教訓を得られたでしょうか?
 
 科学の発達する昨今でも、自然災害を防ぎようもない。
 だけれども、あんなに建物は倒壊したのは自然災害より人為災害ではないでしょうか?
 中国の到る所、日本の先般の耐震偽造の姉歯さんが存在し、その建物は全国規模に波及します。
 その原因の一つは担当サイドが金の為に手抜き工事を行うにあります。
 
 私の父が15年前に新しいマンシュンを国から...


>>続きを読む


コメント(1) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

旬 

2008.05.10 20:49  

 今日、山梨の話しではありません。
 東京のお話しです。
 
 先日、大学コンソ-シアムの講義を受ける際、東京に出かけ、調査やインタビューしたことを以前の記事にお書き致しました。
 
 その一環の中、東京千代田区岩本町にある貝印本社のショールムを見学しました。
 そこで、「旬」という包丁を購入しました。
 
 これは、すごい物!
 
 作りが通常市販の一枚板で出来た包丁ではなく、写真に見えるように職人さんが丹念を込めて、鍛造方式で仕上げたものです。
 柄は手の大きい人にも小さい人にも握り易いように配慮し、不規則の形をしています。
 
 切れ味が抜群という言葉で片づけられません。
 「すっ」っと。
 「すっ」。
 
 この包丁を一度使うとほかの包丁をもう握りたくありません。
 
 現時点、殆どアメリカの一流料理職人さん相手に輸出するので日本の国内での一般流通はしていません。

 ただ、もし東京の本社ショールムに行けば、運がよければ入手できるかもしれません。

 貝印株式会社 東京都千代田区岩本町3-9-5
 電話03-3862-6415 &e...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

「餡餅」の作り方 

2008.05.08 19:22  

 
 今日は。
 何時も私の変な日本語をご覧になって頂きまして、誠に有難う御座います。
 さて、先日甲府「正の木さん」の文章に書いてある「餡」は、飴ではなく、XIAN(シェン)と発音します。
 その食べ物は中国語で「シェンビィーン」(XianBing)と発音します。
  餡は中国語では、物事の中心となるものを指す。

 シェンビィーンは餃子の具をそのまま詰めても、小豆(日本の大福の中身と同じもの)を詰めても、またこれこそ砂糖を詰めても美味しくいただく事が出来ます。
 どちらかといえば野菜(キャベツ、韮(にら)少々、その他)と肉を主とする餃子の具のほうがヘルシーですね。
 食べる際に付けるタレも当然餃子に使うものは可。
 
 一方、皮の練り方について、さほど気にする必要がない。
 皮さえ出来れば、オーケー!
 でも、もし陶芸をおやりになった事があれば、粘土を回しながら練る技法で、麺を練れれば非常に腰のある皮が得られ、当然餡餅を焼く際に、具が漏れる事なく、出来上がる味も抜群でしょう。
 
 一度、チャ...


>>続きを読む


コメント(1) | この記事のURL | カテゴリー:食事ショッピング

1億円と400億円

2008.05.05 05:42  

 上野動物園のりんりんちゃんが先日22歳で亡くなりました。
 政府が子供の悲しい気持ちを案じて、丁度胡錦涛さんの御来日のタイミング的にも話し易いから、新しいパンダを中国に貸し出し要請を出したらしい。

 そこで、とある日本一番大きい都市の首脳さんがまたすかさずに登場し談話を発表しました。
「世界がどんどん狭くなっているから、見たければ他所の動物園へ行って見てもいい。」
「国の財政状況を考えると、1億円でパンダを借りるのは考える事だ!」
「あんな動物が亡くなっても悲しいも何もない。」
 
 首脳さんが中国を蔑視する急先鋒であることがだれでも知っている。
 それは結構な事。
 日本は自由主義国だから、反中でも親中でもその人の勝手。
 

 しかし、一普通の子供を持つ親として、「あんな動物が亡くなっても悲しいも何もない。」発言に悲しいすぎます。
 いや、酷過ぎます。

 十数年に子供の為にハムスターを1480円で買って来ました。
 子供はその子を「ミッフィー」と名付け、姉妹二人が世話の順番を決めて、毎日ウキウキ過ごしました。
 ...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

正の木祭り会場で餡餠を買いました 

2008.05.04 18:39  

 甲府では「正の木さん」、「大神さん」、「厄地蔵さん」という3大祭りがありまして、通常5月2~5日に甲府の遊亀公園で「正の木」を行い 、今年も例外ではありません。
 もともと「正の木」は、農家が種まきや苗の植えつけなど一年農作の前哨戦のような行事であって、江戸時代から続いているお祭りです。
 今では種や苗を買いに来る農家の姿はあまり見かけず、替わりに植木や花が一部で、一番賑わう所はむしろ露天屋台ではないでしょうか。
 
 昨日、「正の木」に行って来ました。
 いろいろと楽しんでから、屋台で郷愁心をくすぶられる「餡餠」という食べ物を買いました。
 
 製法は、いかに簡単。
 小麦粉に加水し練り上げ、皮にします。そして餃子の具の類を詰んで、焼きそばの鉄板の上で焼くのです。
 それだけ。

 ところが、あれは美味しいですよ。
 
 昨日、写真の女性のお店で下記の会話を交わしました。
 「お姉さん、どこからここへいらしたの?」
 「東京からです。」
 「暑い中、大変ですね!」
 「楽しいから、大丈夫。」
 「お客さんは?...


>>続きを読む


コメント(1) | この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

いなだ

2008.05.02 19:00  

 398円のいなだを買ってきました。
 新鮮で、ぷりぷりで、目も体も写真のように輝いています。
 
 このお魚の半分だけ、を使って、刺身一皿にしてみました。

 残った魚の半分はどうするの?
 
 明日、家内は魚肉を煮魚にし、そして頭部と骨を使って、スープにしてくれます。
 
 inadawa idouyoukadou de kaimasita.
  heijitu ni ippiki ikura ka wa zonnjimasennga, kinnyoubi desuto 498en matawa 398en nari.


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:食事ショッピング

Momoko

2008.05.02 14:54  

 今日、旧竜王町篠原にある美容室「Dari」にてMomokoという犬に出合いました。
 生後十歳のウェルシュ・コーギの雌の仔で、代々チャンピョンの由緒ある血筋だそうです。
 性格が温和で、人懐こく、いかに飼い主さんから愛情をたっぷり注がれたような優しい目付きで来店の御客様を癒しています。
 
 実はMomokoちゃんは「Dari」さんのところでずっと飼っていた犬ではありません。
 3ヶ月前に縁があって、オーナーの鈴木さんがMomokoの新しいお母として東京からMomokoを迎えたばかりです。

 Momokoの前のお母さんは、女性自身4月号の記事の主人公宮崎三枝子さんでした。
 
 宮崎三枝子さんについて私は記事からしか知りえませんが、素晴らしい方のようでした。
 
 東京で「ホワイト」という小さい喫茶店を営み、人柄の良さでビートたけしさん、山田邦子さん、役所弘司さん、松田優作さんなどなど・・・たくさんの有名無名芸能人の精神的な溜まり場になった存在でした。

 芸能人は無名の時、三枝子さんが...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

再論 長野聖火リレー

2008.05.01 15:10  

 長野聖火リレーの後、他国でまた混乱が起こりました。

 韓国で中国人留学生が他人を怪我させました。
 ゲーム(あくまでもゲーム)のために、両国関係に緊張感を与えることは愛国主義かな?(中国語で、無理取閙です。無茶をやる)
 
 一方、長野県の聖火護衛状況と他国での警備護衛状況を見比べるとどうでしょう。

 オリンピックと政治との関わりは、いくら別ものにしようとしてもなかなか難しい古今、なおさら、オリンピック組織委員会の決まった事項を守り、それを実行しなければならないのではないでしょうか。
 
 長野警察個人個人、長野市市民それぞれが色々複雑なお考えを持っていたに違いない。
 しかし、いざの場合、私欲を抑え自分の責任分担、役割分担を履行するのが日本人の素質です。
 
 フランスは自由民主主義の発祥地であります。
 でも、長い黒幕を掲揚して、聖火リレーを迎えるパリ政府こそが無政府主義の塊ではない否定ができようありません。

 「あんな物々しい雰囲気の中で走る長野聖火リレーが全然面白くない...」
 とある日本一番大きい都...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

▲Page Top