TOP > ブログ一覧 > ペットショップのオーナは山梨県の観光産業振興に目を向け始める > april 2008

ペットショップのオーナは山梨県の観光産業振興に目を向け始める

山梨に来て、はやくも23年経とうとしています。山梨を愛し、山梨の女性を終身の伴侶にし、また山梨に骨を埋めたいとする者で御座居ます。
今から、山梨を全世界へ発信しようとしています。

プロフィール

はじめまして。
 有限会社CandyHouseというペットショップを営んでおります代表取締役です。トラという愛称を親からもらったので、以来40数年間トラとして生きて参りました。
 実はトラではなく犬が好きです。
 さて、第二の故郷-山梨の観光業を振興するためにこのたび「第1期やまなしインバウド観光教育プログラム」に参加させていただきました。

和田秀樹先生の講演を聴いて

2008.04.29 23:15  

 今日、幸運に恵まれて、長女と共に和田秀樹先生の講演会に参加させていただきました。
 一時間半の講演でしたが、和田先生のご本を一冊を拝読したと同じくらい収穫でした。
 和田先生について、ヤフーで検索すればすぐたくさんのことがおわかりになるかと思います。
 
 和田先生が言わば、本当の愛国者と言う物は、時たま日の丸の旗を振りかざし、背中に妙なデザインを背負ったがっちりした方ではない。
 きちんとした勉強、研究を日々こなす者こそが真の愛国主義者である。

 先生は日本の子供の国際社会においての将来を危惧する東大出身のお医者様です。

 世界のどこへ行っても、円周率のπは3.1415926...であり、まあ、一般的に3.14であるところ、なんか知らないところで、昨今はゆとり教育というものにより、3・・・になってしまいました。
 世界の笑いものになってしまいました。結果、30年前に世界高校数学の総合評価が常時トップである日本は一気に10位下の転落してしまいました。あの東大でさえ世界名門大学ランキングの13,14位をかろうじ...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

聖火リレーと日本人

2008.04.26 20:35  

 今朝、テレビで長野聖火リレーを見ました。
 素晴らしいと一語です。
 
 長野県警のショーに近い護衛ぶりに脱帽!
 
 今日の長野県警の護衛から、日本人の計画に緻密性、秘密の保持性、現場人間の規律、団結性を伺えられ、言ってみると日本人の民族性そのものの表れだと言っても過言ではないと思います。

 今日のリレーを見た善良な中国人なら日本人の努力に感謝するでしょう。

 衛星を通じて、日本政府が諸外国と違って、初めて中国の聖火護衛隊を採用せずに日本警察のみの護衛で、無事聖火リレーを完成させたことを自分の国が自分で守れることを全世界に発信したのではないでしょうか?!
 
 一方、いくら聖火はヒトラーが諜報の目的で発明した物としても、今、世界的にオリンピックの際に聖火がありと、もう既に定着したので、それをお粗末にするのは賛成しません。

 隣の町がお祭りです。
 平素に因縁があってもお祭りの時だけは邪魔しないのが親から教わることなくとも人間としての本能的な常識、ですね。

 
 


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

「風林火山後も自信あり」

2008.04.25 16:29  

 山梨県が23日に発表した2007の来県観光客動態調査によりますと:
 「山梨県へ訪れた観光客の昨年の実績は最高4828万人、連続8年の前年比増、昨年の大河ドラマ風林火山効果の貢献度がかなり大きく、一昨年より9.6%増の素晴らしい好成績でありました。」
 それに伴う経済効果の統計が難しいと思いますが、少なくとも前年比ヒットではないかと思います。
 一県民としてNHK関連が初めとして、ご来県の御客様に、武田信玄公、山本勘助に感謝するだけではなく、県の職員さんに深く感謝をもし上げる次第であります。
 一方、映画制作等で、年間数十回にも海外を赴き、ロケー研究をなさる山梨県立大学の前澤先生の講義によりますと、「映画ドラマロケ地の「賞味鮮度」が限られており、例として、韓流ブームを巻き起こす「冬のソナタ」のロケ地が今お客さんの面で「冬」の状態。
 よって、「風林火山」後、県の引き続きの努力が必要であり、「鮮度維持」にこれから頑張ってもらいたい」とおっしゃいました。
 
 そこで、県の観光部部長進藤一徳さんは心強い...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:オリジナル観光ルート

愛国者と狭隘なナショナリズム

2008.04.23 21:18  

 今、中国政府が反フランス学生運動を鎮火しようとしています。
 中国政府はデモからもたらした国益に与える悪影響がどのぐらいかを解っているからです。

 私は天安門事件の二年前に日本に来ましたので、もし30歳も若ければ、恐らく反フランス運動に参加するでしょう。
 でも、幸い私は30年の経験を積んだので、心にはこの類の運動を決して参加、賛成しません。
 私的な考えで恐縮ですがこのような運動は愛国心の名ばかりで、ちっとも愛国ではなく、その反対、狭隘なナショナリズムそのものの表れであり、危険で、売国だと思わざる得ません。
 なぜかというとカルフールに売っているものの95%が中国製の製品で、デモそのものは中国の労働者のご飯のお碗を壊したのです。
 フランス政府はチッベト独立を支持したから、今度俺等がフランス製品不買運動を起こすと。
 歯には歯を目には目を。
 
 3年前の反日デモも同じ事です。
 日系企業のデパートに売っているものの大部分が同じく中国製です。
 日本人の経営しているレストランや飲食店の御客が99.99%が中国...


>>続きを読む


コメント(2) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

続・狂犬病

2008.04.20 20:23  

 店で、よく御客様に「狂犬病の注射は何時ならいいですか。」、「今年、うちのワン子はまだ小さいから狂犬病の予防注射をしなくてもいいですね?」など問い合わせや質問を受けます。
 私は医者ではなくて薬事法に触ったら、命取りになります。
 
 でも、何時もこのように御客様にお答えをしています。
 
 「日本には狂犬病予防法という法律があります。それによりますと全ての飼い主は生後90日以上の犬に狂犬病予防接種をする義務があります。

 この法律を守らなければ法律違反にあたるだけではなく、万が一、予想外のアクシデントで愛犬が狂犬病に犯されると助かるしようが無いので、是非、役場の案内、連絡等をご確認なさること。若しくは、係りつけの獣医先生に聞いてください」とお答えしています。

 今、季節的に各動物病院において、この狂犬病予防法に則って、狂犬病の予防接種を行っています。
 
 下記のことを覚えて頂きたいと思います。

 世界的に日本と台湾その他極々僅かの国、地域には狂犬病は発生しないが、しかし、何時どのように日本に狂犬病が入っ...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

石鹸で口を洗います!

2008.04.18 18:55  

 昨日、パンダ様から私の「美味しいそうな山ですね!」について、コメントを頂きました。大変有難う御座います。

 コメントにはアメリカ教育について、ご感心なさる事をお書きになりました。
 私も同じ感心を持っております。

 十数年前のことでした。
 子供の通っていた幼稚園に英語教師としてカナダから男性の先生がいらっしゃいました。
 礼儀正しく、明るい先生でした。しかし、私から見れば先生がまだ20歳そこそこなのできっとホームシックではと思い、家に時々お招きをし、餃子や刺身などを作り、招待をしました。家内と食事を支度する間に、先生は英語で子供たちと遊び、大声でガヤガヤしていった場面は今も鮮明にしている。

 食事の間、自然にそれぞれの家族の事を話題にしました。
 
 「先生、親に怒られてすごく印象深く、忘れないことがありますか?」と私。
 「ありますよ。石鹸で口を洗われました。」と先生。
 「石鹸で?Unbelivable!」
  「そうなんです。小さい頃に、ある日兄弟喧嘩をした時、汚い言葉を使ってしまいました。...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

美味しそうな山ですね!

2008.04.15 22:18  

 先日の日曜日の朝、長女は家内と一緒にベランダで布団を干していました。
 途中、娘は全然仕事が進まず、呆然と目が西の方向を釘付けでした。
 家内は不思議で「お前は何を見ているの?」と声をかけたら、すると娘からこう返事が来ました。
 「美味しそうな山だあ!」
  
 びっくりした家内は思わず「へえ?!何が?」
 「美味しそうなやまですね!」と平然とした娘、「マミー、ほら、鴬餅みたいじゃん、あのお山」。
 「な・る・ほ・ど、たしかに鴬餅のようですね。」と家内。

 兎に角、娘は食べる事が好きで、嫌いな野菜や果物はありません。

 中学の頃、朝寝坊して、明らかに学校には遅刻しそうな時であっても、きちんとお腹一杯になるまで、食べてから学校へ行く。

 高校に入って、今度学校から帰ってきたら、「ただいま。マミー、今日の夕飯は何?」というようになりました。

 その分、やはり体が丈夫で、真冬でも靴下を家で穿きません。

 子供は宝です。
 一方、子供を作った以上その子が社会の普遍なルール、常識、マナーを身に付けられるような基礎訓練、教...


>>続きを読む


コメント(1) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

夢よう

2008.04.11 20:25  

 今日、北杜市明野町にある「夢よう」という日本料理店を訪れました。
 店はオーナーさんが長野から築100年位の古民家を買い取り、明野町に再建築した建物です。
 わざとやや小さめに作られたドアから中入ると、いきなり100年前にタイムスリップ。
 
 高さ12メートルの天井が太い柱と梁によって支持され、その上に斜めの梁が藁の縄でしっかりと固定されている。
 テーブルも水車の歯車、その他の物はほぼ古い材料を再利用。
 
 二階はまた別世界。
 オーナーさんの数十年の歳月をかけて、集めた伊万里の磁器の骨董品がずらりと展示してあります。
 大きな器から、小さな蓮華(れんげ)まで。 
 それらにアクセントを加えるのにオーナーさんの大好きなウサギのお人形がところどころに置いてあります、、、

 今日お願いしたコースは2000円の魚セット。

 骨を竪に剥きとられた平目の油揚げの美味しさに絶句!
 胡瓜、大根、人参の細切りを凍り水に付け、味噌とマヨネーズのブレンドした
ドレッシングを付けて食べさせる料理人の発想に脱帽。
 
 さすがに全国...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:食事ショッピング

狂犬病

2008.04.04 18:45  

 今日、私の本業に関連することをお話します。
 非常に大事なことです。
 犬の狂犬病の予防注射の話。
 
 狂犬病はあまりにも恐ろしい病気です。
 もし、狂犬病予防接種していない犬が罹患犬に噛まれると被害犬の生存率はゼロ%に等しい。
 狂犬病は人畜共通感染症です!
 もし、人間は罹患犬に噛まれると生存率がゼロ%に等しい。
 狂犬病ウイルスは性格上、肉食動物(人間は哺乳類肉食動物です!)の中枢神経系に親和性を示すため、罹患犬に噛まれると、被害犬が脳の中でウイルスが増殖し、のち、物を噛め!と呼吸神経に信号を出し、犬が攻撃的な神経症状を表し、犬或いは人間などを噛むわけです。
 罹患犬の唾液から、噛まれる物に感染性の高いウイルスを伝達し、結果は呼吸麻痺を起こし、死に至ります。
 
 確かに、日本にはいま狂犬病がありません。
 それは、昭和22に国が狂犬病予防法を実施した功績です。

 しかし、日本に何時狂犬病が発生してもおかしくないのです。
 
 その原因は世界にアメリカ、中国、東南アジア、ヨーロッパのたくさんの国では狂犬病が...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

内藤いづみ先生

2008.04.03 20:49  

 日曜日に風邪のため、ダウン。
 高熱、食欲なし、下痢。

 今日の午後にずいぶん前に約束した大事な打ち合わせがあるため、この調子ではと思い、緑が丘にあるフジ内科クリニックに行ってきました。

 内藤先生に係るのは7年ぶりだと先生は教えてくれました。
 診察した結果、脱水が重いようです。打ち合わせに間に合うように点滴をして頂きました。

 私は、頭痛以外はフジ内科であります。
 と言うことは私はこんなにひどい風邪を引いたのも7年ぶりです。

 内藤先生は内藤いずみ先生であります。

 先生のHPアドレスが解らないので、ご紹介できません。というより忙しくて書く時間がないかもしれません。
 しかし、yahooで「医者内藤いずみ」と検索してみてください。
 
 そうです。
 生命、生きる、死、ガン、生命の価値、生命の意義などについて、日本のホスピス医療最先端に立つあの内藤いずみ先生なのです。
 たくさんの著書があり、診察、往診以外に永六輔さん、鎌田実先生と全国各地に「命」についてご講演なされる。

 先生は相変わらず綺麗て、優しく、...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

昇仙峡火事

2008.04.02 13:20  

 山梨の昇仙峡は今火事に見舞われています。
 もの凄い勢いの風のため、連日空は自衛隊、地上は消防署との連携プレーの消防活動が難航している模様です。

 自然発火か人為放火かこれから警察と消防の関係機関で詳細に調べるのでしょう。
 
 私は昇仙峡の火事で泣きました。
 23年前初めて昇仙峡に入る時の感動の涙と違う悔しい涙であります。
 私は月曜日に数年ぶりに風邪を引き、高熱を出しました。
 夜、高熱の為一晩中頭が朦朧状態です。
 もっと雨が降れ!もっと雨が降れ!と念じました。
 願いは届きません。
 
 昨日から、強風のため、自衛隊のヘリーが出動できません。
 地上の消防車のみになります。

 火事について、ずっと気にしている事があります。
 
 私は、仕事の関係でほぼ毎日高速を利用し、ほぼ毎日悲しい思いをさせられます。
 それはドライバーがタバコの吸殻を平気に窓から投げ捨てるのです。
 時にはその吸殻が明らかに赤いままの状態です。
 
 日本の場合、高速は殆ど山の中や景色のいいところを抜けて、作っていたわけで...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:オリジナル観光ルート

天網恢恢、疎而不漏

2008.04.01 19:37  

 山梨県の自民党政治界が今、地震の如く揺れています。
 震源地はUさんと言う自民党のベテラン議員は去年、横内知事を誕生させるに際して、他の候補者を中傷するビラを130万部余りを一部の地域にばらまいた罪で、甲府地方裁判所はUさんを選挙法違反の罪で罰金20万円、選挙権と被選挙権を3年剥奪の判決を下しました。その後、Uさんが記者会見をし、罪を自ら起こしたと認めないものの争う用意がない。裁判所の判決に従い、速やかに罰金を支払った発表であります。
 Uさんも次第いに県議員を失職しました。
 詳細は本日(4月1日)の山梨日日新聞をご覧になってください。
 
 公民権を年数を問わず、剥奪される自身は中国ではかなり重い判決です。日本は選挙制度だから、重いかどうかはご本人しか解らない。

 地元の事を数十年間案じてくれたお方で、例えば河口湖水害の時、自らボートに乗り被災地を視察し、復旧に尽力してくださるシーンを私は今も覚えている。正直に言って、残念にやみません。
 
 しかしですが、地元のことを一生懸命にやるからと言って、...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

▲Page Top