TOP > ブログ一覧 > ペットショップのオーナは山梨県の観光産業振興に目を向け始める > march 2008

ペットショップのオーナは山梨県の観光産業振興に目を向け始める

山梨に来て、はやくも23年経とうとしています。山梨を愛し、山梨の女性を終身の伴侶にし、また山梨に骨を埋めたいとする者で御座居ます。
今から、山梨を全世界へ発信しようとしています。

プロフィール

はじめまして。
 有限会社CandyHouseというペットショップを営んでおります代表取締役です。トラという愛称を親からもらったので、以来40数年間トラとして生きて参りました。
 実はトラではなく犬が好きです。
 さて、第二の故郷-山梨の観光業を振興するためにこのたび「第1期やまなしインバウド観光教育プログラム」に参加させていただきました。

観光立県と横内知事

2008.03.26 19:16  

 私は横内知事とは親戚でもないし、知り合いでもありません。
 しかし、
 今まで、横内知事ほど、故郷山梨のことをこれ程思うトップはなかろう!

 昨日、NHKのニュ―スを見ました。このような感じの内容。
 「これから、山梨諸産業において、観光と結びつけるように推進して行きたいと賢人の委員会8人のメンバーが異口同音となり、、横内カラーが強くではじまり、恐らくこれから県の方針と定めるでしょう。」
 
 まったく賛成致します。
 立派です。

 理由が色々あります。
 まず、富士山!
 日本のシンボル!の半分が山梨県に入ってあります。 
 それは充分自慢できるよ!
 
 いぇ、いぇ。まだまだです。
 
 水。
 富士山麓に、バナジウムのたくさんの入っている鉱泉があります。
 ご存じのようにバナジウムが三大生活習慣病の一つの、糖尿病の血糖値を下げる効能があるらしいです。(医者ではないので、薬事法を違反する発言なら、まずいです)
 
 また、白州町の水。それは大変に美味しいです。
 いま、全国のスーパーや薬局に行ってご覧。白州の水を置いてい...


>>続きを読む


コメント(1) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

エコ、私なりの習慣

2008.03.20 20:31  

 昨日、22年ぶりに仕事の関係でボランティアセンターへ行ってきました。
 センターの設備はさすがに古くなったが、職員さんは昔と同じように暖かい態度で接して下さいました。
 そこで、「もったいない!」との言葉の書いた紙が貼っていました。
 勿体無い!
 
 人間が自分の都合で森林を乱伐採、鉱物を乱開発、経済発展に伴う廃棄物の多量排出、、、
 その結果、森林面積の減少、地球温暖化、北極凍りの汚染、解氷、永久凍土の解凍、人間においての奇病難病の発生、、、
 
 我々を育むこの地球環境を我々の手で保ち、壊れた部分を修復しなければいけないと思います。

 それを実行するのにまさしく我々個人個人の地道な努力でこつこつとやっていかなければならないと思います。
 それを、私はエコの「草の根運動」が必要と考えます。

 さて、私の場合、日々このように気をつけています。
 
 1.パソコンの電源を使う時以外には電源を抜く。
  2.ほぼ毎日長距離運転のため、結構疲れる。仮眠を取るとき、毛布を掛け、寝る。決してエアコンを付けず。燃料代...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

犬のより良い飼い方

2008.03.18 21:29  

 先日、山梨県地場センター「かいてらす」にて、動物取り扱い責任者の義務受講を参加しました。(先日のブログに書いてあります。)
 
 今日、違う角度から、犬のより良い飼い方を論議したいと思います。
 
 その事は、排泄の処理法です。
 
 決して、汚いと思わないてください。
 人間と全く同じですから、排泄が当然必要。自然なこと。

 今日、論議したいのは、その排泄物の処理問題です。

 皆様、たまには川、細い路地、国道。を歩きますね。

 県立美術館の公園の森、芝生の中に憩いにも行きますね。
 
 どう思いますか?

 ウンチだらけです。

 甲府だけではないです。
 私のブログをご覧になっている全国のどの方のお住まいの地域もみんな同じだと言っても過言ではないでしょう?!
 
 ケース1、
 一部の愛犬家が自分の愛犬の排泄物を全く片付けない。手付けず。放置。
 これは、最悪。
  ケース2、 
 排泄物を片付ける。どのように片つけるかと言うと、持参するスッコプで近くの土で、その場で排泄物の上に隠すように盛る。
 これは、中...


>>続きを読む


コメント(2) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

宇宙と甲府と希望

2008.03.16 19:34  

 宇宙と甲府、関係ないじゃん!
 
 いや、すこぶる関係があります。
 
 宇宙にいる土井隆雄飛行士は甲府で11年間を過ごしました。

 もともと、土井さんは埼玉のお生まれで、ご両親の仕事の関係で、山梨に幼少時に来ました。

 人生観と世界観を形成する一番大事な中学校時代は甲府の市立東中学校で過ごされ、科学頭脳は、他の生徒より早くも芽生え、疑問質問がある度に山梨県立科学館に行き、そこで、調べ、体験、また勉強をしました。

 山梨は人材を産むだけではなく、育む環境にも適するところですね!

 一昨日、土井さんの手によって、宇宙に日本の宇宙実験棟を取り付けられました。

 その名は「きぼう」-希望!です。
 
 「日本にとって新しい、すばらしい宇宙時代の幕開けです。皆さん、おめでとうございます」と土井さんは宇宙から、地球に発信しました。
 
 希望、決して聞き慣れない言葉ではない。
 
 しかし、今の日本にとって、間違いなく力強い言葉であります。
 
 この十数年間、日本政府の政治政策、経済政策の失敗によって、バブル経済をもたらしそし...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

動物取り扱い責任者

2008.03.13 19:54  

 今日、山梨地場センターの{かいてらす}にて、山梨動物愛護センター主催の「動物取り扱い責任者」の年度研修に参加しました。
 私の本業はペット業です。(店4軒、繁殖生体約100匹)
 本気に動物を語れば、この文筆の下手の私でも恐らく本を一冊くらいまとめれるでしょう。ここで、割愛。
 さて、今日、少し動物の新しい動きについて、お話をさせていただきたいと思います。
 先ず、今日の講義に「動物の愛護及び管理に関する法律」について、福祉保険部衛生薬務課の名取千恵主任があれほど解りにくい法律を解り易く解説をしてくださいましたことに感謝します。
 法を遵守する上、誠心誠意に商売に邁進したいと気を新たにします。
 次に消費者センターの須黒真寿美先生の講義に頗る感銘を受けました。現場でのトラブルケースは下記のように、まとめます。
 1、年間全国で30から40万頭の犬、猫が保健所で殺されます。(聞くだけでもぞっとします。)
 原因はいろいろ、ペットショップの口車に乗られ、購入したら、このはずじゃなかった。
 買った後、溺愛過...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

不思議なチラシが入りました。

2008.03.11 18:36  

 今朝、新聞と一緒に沢山のチラシが入り、いつもと同じようにチラシを楽しんでいるところ、写真のようなチラシを見つけました。
       
      ベビーバーゲン

 ベビー用品をバーゲンすると言う趣旨のコーナーです。
 おそらく、業界ではベビー用品関連をベビー、園芸関係を園芸、、、と呼んでいると思われます。
 写真も数点載っています。

 しかし、いくらキャッチフレーズのインパクト力を追求ると言っても、ベビーバーゲンはないでしょう!と思います。
 
 言葉は意思疎通の道具です。
 場合、時期、条件等の制限で言葉をどうしても略しなければならないことも当然多々あります。

 一方、言葉は単なる意思疎通の道具だけでは在り得ません。
 言葉を発する際に当たりまして、企業の場合、その言葉がもたらす広告効果、商業効果は勿論大事。
 しかし、それの以前、言葉がもたらした社会効果、他人に対する愉快、不愉快などを常に考慮しなければなりません。
 言葉を発する側の世界観、人生観、価値観などを常に覗かせられるような立場に立たなければなり...


>>続きを読む


コメント(1) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

黒平ほうとう

2008.03.08 21:58  

 今日、甲府中央商店街を振興するオールスターズのメンバーとして、ボランテイアを参加する御褒美として、ホウトウをご馳走させて頂きました。
 とっても美味しかった!

 麺が程よい固さに、
 豚肉、南瓜、大根、ニンジン、椎茸、里芋、白菜がたっぷり入っています。
 
 味が糠味噌(ぬかみそ)の少し効かせた麹(こうじ)の香りのため、食べる人に思わず日本酒を恋しくさせます。
 
 マスターは海に漁をする漁師のような優しい顔で、来る人に具を全て含むように丁寧に膳を盛る。
 
 沢山のお客さんのために、今日どうしてもでっかいお鍋に作らなければならないけれども、味は衰えていませんでした。
 
 実店舗は昇仙峡の近くにあると聞きました。
 黒平地域
 電話番号055-287-2201 です。
  
 
 
 


>>続きを読む


コメント(2) | この記事のURL | カテゴリー:食事ショッピング

ドーナツから、ハンバーガーへ!

2008.03.08 20:36  

 本日、甲府中央商店街「夢博」でボランテイアをしてきました。
 私は中心街には、商売を営んでおりません。(店は敷島、南甲府、塩尻、一番近くても中心街から10キロくらいです。)
 
 23年前初めて甲府に来た頃、中心街は活気に溢れ、平日でもお客様はどの店にも往来し、絶え間がない。

 しかし、今はどうなようすでしょうか。

 シャッターダウンの店舗が数たくさん。
 平日は店が静粛し、代々数百年も家業を受け継いだ店主も関古鳥に慣れ切っている。
 土日でさえ中心街来客は郊外のショッピングセンターの平日に匹敵できない有様。
 所謂ドーナツ現象。

 お客様は便利、安い、あ・た・ら・し・いアメリカスタイルの真似る建物のショッピングセンターに駆け付ける。
 
 暫く経てば、次ぎの新しいショッピングセンターへ。
 
 また暫く経てば、次のへ。と、、、
 
 日本の伝統的なお店、食べ物。
 先祖から受けついた味の真髄。
 その味には魂が宿っています。
 そして日本人の郷土愛の心。
 これは敢えて(仕方なく)、横文字で表現するとハンバーガ...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

服部幸應氏による「甲州ワインに合う新しい郷土料理の提案」に参加

2008.03.07 16:20  

 3月7日、山梨県主催、調理師会及びワイン酒造協同組合協力のもとで、料理研究家の服部幸應先生を招き、富士屋ホテルにて「甲州ワインに合う新しい郷土料理の提案」をご講演頂きました。
 その後、先生のご提案された4品
     旬のフルーツワイン酢和え
     旬と帆立の天ぷら
     にじますのスモーク
     豆乳チーズ鍋
 と
 シャンテ甲州樽発酵2006((株)ダイヤモンド酒造)
 グレイス甲州2006(中央葡萄酒(株))
 シャトーメルシャン甲州シュール・リーメルシャン((株)勝沼ワイナリー)
 2006ルバイヤーと甲州シュール・リー(丸藤葡萄酒工業(株))
 (上記順、昨年国産ワインコンクール金、銀、銀、銅賞受賞銘柄)
 を頂きました。
 
 服部先生が国内外において有名なお方のため、普段はテレビでしか見ることが出来ません。今日、先生の講演を拝聴、またお料理をご賞味させて頂きながら、改めて先生の存在の重さを感じさせて頂きました。
 
 山梨のワインが明治8年に勝沼で誕...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

お目出度う!山梨学院グランプリ

2008.03.06 21:06  

 じゃ、じゃ、じゃ、じゃん、、、
 またやりました。
 山梨学院優勝!
 
 今回はまた駅伝優勝?
 いぇ、違いますよ。いま、3月じゃん!
 
 今回は、全国大学産、業、学(暫定名、明日の新聞から正式命に修正)三位一体における学生が新しいビジネス開発の全国コンテストのグランプリです。
 
 山梨の名物ーホウトウ。
 それは武田信玄によって逸したと言われる甲州の伝統的食べ物、に着目、今井研究室の学生さんたちが色々な素材にアレンジし、試行錯誤を繰り返し、挫折と成功を体験した結果、最後にホウトウに南瓜のペーストを加える事によって、真新しいデザートを誕生させました。 
  
 テレビで学生さん達の開発記録を見ると、まさしく思索、啓発、共鳴、友情、感動の賜る物でした。
 
 涙。
 万歳!

 この前、われわれ山梨インバウンド第一期生受講に当たりまして、山梨学院の青木先生、伊東先生の素晴らしい授業を受けさせて頂きました。その時、ご講義を聴きながら、思わず先生達が抱える学生さんに羨ましく感じました。
 
 何時か、(近い将来)学生さんの...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

やはり気になる

2008.03.05 08:02  

 昨日、JTは一連の農薬混入事件で、中国の提携生産工場を規模縮小、日本国内工場を拡大。しかし原料供給面、管理コストひいては会社運営のトータル面を考えるとどうしても中国産を抜きにして生産が成りたたないと言う現実を踏まえ、中国国内に検査基地、日本国内に検査機関を設ける所謂ダブル検査体制にすると皮肉な発表をしました。
 立派な決断であります。
 が、遅すぎる。
  
 中国人なら、日本の製品を反日運動時期を除き、平素は大歓迎する。 
 富裕層が日本産のコシヒカリを首長くして、待っている。
 病人は誰かがお見舞いに来る時、日本産の「フジ」りんごをくれると、仲間に自慢し、腐る寸前まで、とって置く。
 秋葉原にくると、決してMade in Japan 以外を買わない。、、、
 どうしてですか?
  
 品質ですよ。
 世界トップデザインナーの深澤直人さんの言葉を借りると、 
   日本人がモノの品質を高めるのに代償を求めない。魂を込める。
 だから、モノの寿命が長い。
  
 実は昔の中国が同じよう...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

携帯電話と山梨県人

2008.03.02 18:05  

 携帯電話が、どうして山梨県人と結び付くのか、と聞くとそれは当たり前ではないか、と皆様が思うでしょう。だって、山梨県の人は携帯電話を使うもの。 
 今日はその話ではないのです。
 auのINFOBARご存じでしょう。そう、あのお洒落な機種。
 それをデザインしたのは深澤直人さん。
 
 深澤さんは山梨県人です。甲府出身!

 INFOBARはN・YのMOMA美術館に永久収蔵品となってます。
 ただの電話ではなく、芸術品なのです。

 深澤さんは甲府に生まれ、朝日小学校、北中学校、甲府工業と地元で過ごされ、その後、多摩美術大を卒業、渡米。帰国。
 現在、auのINFOBARを含め、全世界に50数回のデザイン金賞を受賞されました。2003年渋谷でNaoto Fukasawa Designを設立。ご自分の会社をされながら、多摩美術大学客員教授、武蔵美術大学教授を公職。
 
 今日、深澤さんのスピーチを山梨県立大学にて、ご拝聴いたしました。
 何と言っても腰の低い方です。
 (天才は皆が腰が低いかな。)

 ...


>>続きを読む


コメント(2) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

ダイエット

2008.03.01 20:44  

 5カ月前、私は83.3Kgでした。
 先程、体重を量って見たら、78.9Kgでした。
 そう、4.4Kgも痩せました。
 もともと、がっちりした男になりたくて、かなり食べました。
 朝食をきちんと食べます。
 お昼は妻の手作り弁当だけではなく、店で従業員が世話してくれた鶏(4羽、メス、烏骨鶏2、名古屋コウチン2)の生卵をご飯の上に2個も食す。
 夜、皆と普通に食べます。
 それからビールを一杯。日本酒1コップ。
 寝る前に養命酒3猪口。

 その結果、83.3Kgになり、永関先生に急に太りすぎで駄目だ怒られました。
 
 夏はとにかく汗がいつもびっしょり。
 
 これじゃ駄目だと気付いたら、自分の一番気に入ったズボンのチャックのボタンが締めぬまま。

 やばい。メダポの初期。
 
 早速ダイエットに入ります。

 やり方がいかに簡単!
 
 お昼を抜く事です。

 最初はかなりきつかった。
 
 我慢して午後3時になるとお腹が空いたため、低血糖が起こり、時々眩暈をする。
 その時、りんごを1個。
 もしくは飴玉を1個。

 無謀だと思うかもしれ...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:食事ショッピング

▲Page Top