TOP > ブログ一覧 > ペットショップのオーナは山梨県の観光産業振興に目を向け始める > 観光施設アミューズメント

ペットショップのオーナは山梨県の観光産業振興に目を向け始める

山梨に来て、はやくも23年経とうとしています。山梨を愛し、山梨の女性を終身の伴侶にし、また山梨に骨を埋めたいとする者で御座居ます。
今から、山梨を全世界へ発信しようとしています。

プロフィール

はじめまして。
 有限会社CandyHouseというペットショップを営んでおります代表取締役です。トラという愛称を親からもらったので、以来40数年間トラとして生きて参りました。
 実はトラではなく犬が好きです。
 さて、第二の故郷-山梨の観光業を振興するためにこのたび「第1期やまなしインバウド観光教育プログラム」に参加させていただきました。

インバウンドとMade in Japan

2008.02.01 21:28  

 1月28、29日二日間、山梨インバウンド事業受講プログラムに参加し、東京の秋葉原とその周辺で、外国人対象に街頭インタビューを行いました。
 インタビューの内容は次の通りです。
 1、日本に滞在する目的は?。2、どこでお泊りですか?3、どこへ行ってきたか?4、どこへ行くのですか?5、泊まった施設の料金はどのくらいですか?
と言う具合でした。
 インタビューの内容は、後日全員のがまとまり次第、機会があれば結果を公表します。
 ここで、インタビューを取る際に感じたことを書きたいと思います。
 中国人のインタビューをとるために、Laoxと言う老舗の免税店の前に陣を張ることにしました。
 しかし、人の店の前でうろうろするのは失礼だと思い、インタビューの趣旨を店長に告げようと思うところ、このような会話が耳に入りました。
 中国客:どうして同じ倍率なのにこの数碼照相機(デジカメ)はあれより安いですか?
 店 員:これは中国製であれは日本製です。
 中国人:日本製のはいくらまで下げられますか?
 店 員:この金額...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:観光施設アミューズメント

たった今、山梨県立大学国際観光公開講座に参加!

2008.01.27 16:49  

 先程まで、山梨県立大学主催する国際観光公開講座に参加しました。
 JTB代表取締会長の舩山龍二様、韓国観光会社東京支社長の呉龍洙様、富士屋ホテル副社長の小池雅彦様、河口湖町前観光課長の渡辺武博様、城西国際大学の溝尾良隆教授などがご出席され、またはスピーチをしてくださいました。
 非常に有意義な3時間でして、観光の本を一冊読んだような感じを致します。
 上記の方々のご発言を私の個人の観点から下記に纏めようとします。
             記
 1、観光事業は開国事業の如く。
   明治45年にジャパン・ツーリスト・ビューローが創立、
 2、日本の観光事業は成熟期から衰退期に突入。
  原因は沢山、人口減は一つ重要な要素、
 3、韓国政府は日本政府より早く観光の大事さを認識し、また早く行動した。
 4、日本の将来を真剣に考えたいなら、日本人固有なローカル概念を早く払拭しなければならぬ、
 5、観光事業が全て、政府、行政に依頼するのは長続きしない、成功を期待できない、地域住民の自主努力が重要、
 6、地域をアピ...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:観光施設アミューズメント

▲Page Top