TOP > ブログ一覧 > ペットショップのオーナは山梨県の観光産業振興に目を向け始める > 宿・温泉

ペットショップのオーナは山梨県の観光産業振興に目を向け始める

山梨に来て、はやくも23年経とうとしています。山梨を愛し、山梨の女性を終身の伴侶にし、また山梨に骨を埋めたいとする者で御座居ます。
今から、山梨を全世界へ発信しようとしています。

プロフィール

はじめまして。
 有限会社CandyHouseというペットショップを営んでおります代表取締役です。トラという愛称を親からもらったので、以来40数年間トラとして生きて参りました。
 実はトラではなく犬が好きです。
 さて、第二の故郷-山梨の観光業を振興するためにこのたび「第1期やまなしインバウド観光教育プログラム」に参加させていただきました。

ここだけの話し その2

2008.07.08 20:56  

 いまは、イタリア料理をよく食べ、特にスバゲティが大好き。
 しかし、日本に来てから2年経っても、スバゲティを受け付けなかったです。
 
 当時、あの臭いチーズを到底食べるものではないと強く思った。

 結婚後、保谷市(現西東京市)の社員寮に住み、新婚ほやほやの我が若妻が毎日、美味しい料理を準備し、若旦那の帰宅を待ち続けた。

 ある日、私を待っていた夕飯はなんとチーズたっぷりのスバゲティ!

 「美味しいですか?」と聞いて来た妻に、私はスバゲティを噛まずに急いで飲み込んで「o・i・shi・i!!!」と答えました。

 その後、妻の止まらない涙。・・・

 それから3年位、うちの食卓にスバゲティの姿が消えました。

 数年後、妻の実家の親会社で販売実績のご褒美を受けるため、イタリア一週間旅行に参加させて頂きました。
 
 イタリアだから、食うか食うまいかスパゲティー三昧しかありませんでした。

 そこで、数種類のスバゲティーをとことん「味わう」ことができ、結果、スバゲティーは誠に美味しい食べ物である事が髄まで認識することがで...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:宿・温泉

ここだけの話し その1

2008.06.27 17:51  

 あと少しで、来日して24年になろうとします。
 来日前に、日本の衣食住、民俗習慣、礼儀作法などについて政府監修の元で厳しい教育を受け、カルチャーショックに左右されないつもりで日本に来ました。

 ところが、とんでもないところにボロが出ました。

 自炊の為、下宿の大家さんが用意された共同厨房で毎日三食を作る。

 厨房具は日本人、中国人学生が共同に利用。

 ある日、韮の肉炒めを作っていました。

 美味しく食べてから、厨房周りを整頓しようと思って、作業し始めた。

 まず着目したものはフライパン。

 「まったく、皆がだらしないな。こんなに油で汚されたフライパンを平気で使っている。」と思いながら、洗剤をフライパン全体に付け、そして金属のタワシでねばねばと思う部分を全部削り取って、アルミ光沢がぴかぴかに出てくるまで丁寧に洗いました。

 翌日、大家さんに呼ばれた。
 きっと、お掃除のことで褒めてくれるに違いない。

 しかし、私を待っていたのは口が「へ」の字になった大家さんの顔・・・

 今は中国でフッ素加工のフライパンは各家庭...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:宿・温泉

▲Page Top