TOP > ブログ一覧 > ペットショップのオーナは山梨県の観光産業振興に目を向け始める > 歴史文化産業

ペットショップのオーナは山梨県の観光産業振興に目を向け始める

山梨に来て、はやくも23年経とうとしています。山梨を愛し、山梨の女性を終身の伴侶にし、また山梨に骨を埋めたいとする者で御座居ます。
今から、山梨を全世界へ発信しようとしています。

プロフィール

はじめまして。
 有限会社CandyHouseというペットショップを営んでおります代表取締役です。トラという愛称を親からもらったので、以来40数年間トラとして生きて参りました。
 実はトラではなく犬が好きです。
 さて、第二の故郷-山梨の観光業を振興するためにこのたび「第1期やまなしインバウド観光教育プログラム」に参加させていただきました。

身延山久遠寺の写真集

2008.11.13 18:32  

今日、尊敬する友人から身延山写真集を一冊送って下さいました。

家族に見せたら、皆が異口同音「凄い!」。
そう、それほど素敵な写真集であります。

数年前、身延山でお店を営むお客さんの愛犬を訓練するため、ほぼ半年間に渡って週三回、久遠寺聖地の回りに仕事をしたことがあります。また、先日、運が良く身延大学の教授の経営される宿坊に泊まらせていただきました。

行けばいくほど、身延久遠寺の魅力とその奥深さに惹かれます。

しかし、いただいた写真家の作品を拝見したら、今度芸術の角度から聖地の荘厳さ、美しさそして幽玄さに圧倒されました。

無論、中国にはたくさんの寺院、古刹があります。
それは間違いなく広くて圧巻。

しかし、日本の寺院の場合、決して広くとは言えない決まった空間に宗教人(私は無神論者)と建築職人の魂を嵌め込まれでおります。

宗教精神と信仰を抜きにしても、込めにしても、久遠寺へたくさんの国内、外国のお客様が見に来ていただきたい。・・・


写真集を送って下さいました友人に深く御礼を申しあげます。

写真集の作者と出版社を掲載...


>>続きを読む


コメント(1) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

県立大学の素晴らしい取り組み

2008.11.03 20:00  

外国人の子供たちに日本語をボランデアにて教える県立大学の素晴らしい
取り組みをテレビで知りました。

山梨県内に住む外国人が16000人前後のぼります。
その中、たくさんの子供は日本語の読み書きに不自由があり、それによって
日本での学校勉強生活のみならず、日常生活にも支障を感じます。

そこで、山梨県立大学国際ボランデアクラブに所属する学生さんは自分の大
事な時間を利用し、無料にてこれらの外国人子供に日本語を教える取り組み。
学生さんは教える活動を通じで、自分も早く外国人と接する機会を得、将来
卒業後の社会人生活にも大いに役に立つと考えます。

教われた南米ボリビア出身の子供はこの春見事に県立高校に入学した嬉しい
出来事も。

このニュースを見て、私は24年前日本に来たばかり頃、県のボランデアセン
ターで私達留学生に親切に敬語や発音などを教える表先生、中村先生、望月
先生、古屋先生、小宮山先生、平馬先生のことを想い出し、思わず県大の学
生さんに「ありがとう!」と大声で敬意を表したく思います。

テレビによりますとこのような取り...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

山梨の文化祭から思ったこと

2008.11.02 18:37  

 今日、山梨文化祭の演奏部があるため、義理の母の邦楽演奏を聞きに
 行ってきました。

 そこで、胃が痛いほど、子供の躾けのまずさを感じました。

 舞台に演奏者が全身全霊に演奏し、大人の観客が静かに鑑賞している所々、
 何人か子供がまるでわが庭のように、会場内を下から上へと猛ダッシュ。
 

 その子供の保護者は当たり前のように知らんプり。
 
 せめて、「止めなさい」くらいを言って欲しかったです。
 
 たしかに、発育上、低学年子供はじっとできる時間が短い。

 しかし、公衆の場で騒ぐのは許されないことを親が子供に教えるべきです。

 あるいは、他人に迷惑をかけてはならないこどがこういう場でしか教え
 られない絶好な場所だと思うくらいです。

 一方、年数回、都内に出かけ、観劇や鑑賞するのですが、このよう光景を
 見かけません。

 昨今、山梨県政から民間企業そして一般県民まで、山梨の素晴らしさを
 一生懸命県外にアピールしております。
 
 その見返りで県外、外国からたくさんのお客さんが山梨に来ております。

 しかし、このような子供の...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

浅間神社参拝

2008.11.01 19:24  

 富士吉田市にある富士浅間神社へずっと行って見たかった。
 昨日、妻と共に参拝。
 
 天まで伸び並ぶ杉、檜の巨樹の森の中に静かに聳え立つ浅間神社(せんげん)は富士山の大噴火を恐れる人々の心を静めるために、1615年(元和元年)に建立されました由来。
 木花開耶姫命、彦火之瓊瓊杵命、大山祗命の三神が祀られています。

 建築特徴として桃山時代と室町時代の優美な造りであり、さらに武田信玄公が川中島勝利を祈願して再建され、全体に凛々しさを感じさせられます。

 現在、本殿、西宮本殿、東宮本殿は共に国の重要文化財に指定されています。
 
 拝殿の前の両脇には「富士太郎杉」、「富士夫婦檜」の名を持つ御神木があり、いずれ山梨自然文化財に登録されます。
 また、向かって左脇のやや奥に「富士次郎杉」も愛嬌よく聳えています。
 
 夏なら、神社周辺の林は森林浴のスポットとして利用できるかと気がいたします。

 神社はこじんまりで、親近感が溢れている印象でした。
 
 駐車場が多くて、整備も万全。

 県外、県内の皆様にお勧めできる山梨歴史関...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

金の鐘

2008.10.29 18:24  

甲府商工会議所創立125周年のために、県内に在住する
一流貴金属名工や職人の方々が黄金の鐘を作りました。

この鐘が高さは32cm 直径42cm 重さは16.7㎏。
18Kで、使われた純金は12.7であります。

世界一の大きさのため、今ギネスブック登録を申請中。

この歴史に残る山梨のお宝は見ることができ、触ること
ができ、さらに叩くことができるのは11月3日までで、
場所は山梨地場センターです。

その他、時価300,000,000の水晶玉も展示してありま
すので、ぜひ地場センターへいらしてください。

暗いニュースに煩わらされる毎日、世界一鮮烈に輝いて
いる黄金の鐘を触ったら、自分にとって来年が必ず素晴
らしい一年になることを今、もう既に実感しています。


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

山梨県のレジ袋有料について

2008.07.15 22:16  

 現在、全国的にエコ運動、省エネ、地球温暖化防止対策など盛ん。
 
「日本のへそ」山梨はいま、買い物レジ袋持参が当たり前です。

 大きいスパーで買い物の際、マイバッグなしの場合、5円の別料金で袋代として加算。

 先日、東京で買い物しましたが8000円前後の買い物に5枚のビニールも渡されました。
 嬉しい反面、驚愕。

 あ、やっていないんだ!

 山梨は県下人口が80万人。

 東京都は1180万人。

 一方、東京のゴミ埋立地が年々少なくなり、かなりのゴミは地方へ。
 悪行者は山梨にも不法投棄。

 とある東京の首脳は「レジ袋削減と環境との因果関係が不明。東京都民に買い物の不便を与えたくない!」

 雄弁か詭弁?

 マイ・バンク作るより、マイ・バッグ運動作るほうが都民に有益だと気がします。

 ・・・

 家内の勤めているところに来た若いお客さんは「エコ。袋が必要ありません。」と言った。

 逆に私の親くらいの年齢層のお客様が来て、「スーパーで袋をくれないから、お宅からはたくさん頂戴。」

 山梨でもエコの浸透は、まだまだこれからだと思い...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

地価評価とホームセンタと努力と将来

2008.07.02 23:28  

 昨日、全国の路線地価評価の発表が出ました。

 山梨県庁所在地の甲府は連続数年、評価価格がダウン。

 代りに、先日OPENした県外資本のロックタウンの近辺の土地価格が横ばい。

 まあ、時代の流れだから、仕方がないっていえば、仕方がない。
  全国の商店街は皆がだめだから、うちも仕方がない・・・
 
  でも、仕方がないと片付けてしまって、いいのでしょうか?
 
 先日、現駒沢大の青木教授の斡旋で東京の巣鴨や谷中の商店街を見学しに行って参りまた。
 商店街は相変わらず凄いですよ。
 賑やか、元気、実に楽しかった!
 まあ、確かに人口が多いけどね。
 
 一方、先日、甲府中心街を振興するイベントに参加したメンバーは殆んど中心街外の業者とボランティアで構成した事実が中心街のオーナーの皆様はご存じでしょうか?

 一部の店主はどうせ日本が駄目だから、中国へ進出したいとおっしゃっています。

 私は中国人だから、中国人の商売魂が日本人よりはるかにドライですよ。
 加えて、言葉、考え方、商習慣に...


>>続きを読む


コメント(1) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

日本語の難しさ

2008.07.01 22:20  

 日本語は難しいですね。
 
 外国出身のものにとっても、日本人にとっても同じことが言えるかと気がします。

 欧米圏ですと、主語と述語の順序の並び方が日本語と違うのが顕著。
 そして、漢字の難関。
 欧米の友人の言葉を借りると、「kannji wakaranai 」。

 中国人の場合、漢字はさほど苦手ではないが、文法が大変。
 私の場合は「が」と「は」に、今だに苦しんでいます。

 では、日本人は母国語にどうなのでしょうか?

 次の看板を見れれば、たとえ大手でも漢字に合格とは言えないことがお分かりになるかと思います。
 


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

続・小さなパイの為に

2008.06.25 19:21  

 家内の会社の同僚が悲しい事に見舞われました。
 一昨日、仲の良い友人がスキルスガンで40歳の若さで医大でお亡くなりました。

 同僚は丁度定例のお見舞いに病院に訪れ、お友達の最期を見届けることが出来ました。

 しかし、友人のご家族は誰もその場にいませんでした。

 当然の如く病院からは患者の家族に危篤の連絡は入っていました。

 また当然ご家族がそれを聞いて急いで自家用車で医大に向かっていました。

 しかし、先日オープンした医大と隣接のショッピングセンターに行く車で道路が大渋滞。

 救急車ではないので、ご家族が病院に到着するまで時間がかなり掛りました。

 結局、家内の同僚が病院関係者以外に唯一お友達の最期を見届けた人になってしまったのです。

 ご家族は悲しくて、悔しくて・・・
 腑に落ちません。
   ・・・・・・
 ショッピングセンターが開業することによってお客さんに買い物の便利さを提供し、地域活性化、雇用創出にも貢献する。

 一方、上記の悲しい事件がこれからどんどん増えると予想に無難。

 一つの事を行う前にどんな結...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

私という人間が生きている矛盾

2008.06.25 06:17  

 目が覚めたら、岩手の梅雨で地震にとる地裂に水が貫流し、地すべりが更に拡大したらどうしようと思い、目を閉じたら、四川省は今、同じ梅雨のため、民が皆どうやって厳しい環境に飢えと暑さと野泊を凌ぐのかを考える。
 
 私という人間は常に矛盾に毎日を過ごしている。
 
 これは、私のような中途半端な中国人、半端中途な日本人の悩みです。
 
 たぶん、私のような立場の人間は日本全国数千人も生息しているでしょう。

 今朝の新聞を読むと、日本の自衛隊の軍艦が広州に入り、四川省の地震対策を支援物質を詰んで入港したにも拘らず、中国の反日ネット(世論?)を配慮し、大げさに発表も出来ずに、しっそに低調な海軍交流を行っている模様。

 石破防衛大臣も過去の戦争の背景と中国人の感情を考慮し、自衛隊の入港について渋いコメントを発表せざるを得ない。

 ネットは世論ですか?
 
 先日の秋葉原の連続殺人の加藤容疑者がネットが大好きだよね!彼の発言も世論か?
 
 人間同志はどうして憎み合うのですか?
 
 涎をたらし、熟睡している妻の顔を見ながら、「...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

細雪

2008.06.18 21:31  

 先日、家内と帝国劇場にて、谷崎潤一郎の代表作の「細雪」を観劇しました。
 昭和初期の大阪・船場を舞台に代々木綿問屋を営む蒔岡家の盛衰を戦争と絡み合い、主人公およびその周辺の人々の振る舞いを見事に谷崎さんにより描かれ、そして、舞台俳優により華やかに演じされました。
 父から受けた家業を忠実かつ保守的に家を守る長女・鶴子(高橋恵子)、分家して神戸・芦屋に住み、何時も妹を優しく見守る次女・幸子(賀来千香子)、よく周りを観察し、数多くの縁談を断り続け、兄弟との調和を日々念ずる三女・雪子(檀れい)、末子の為、姉達、親に過保護にされ、一見思いやりが足りないがしかし何事にもチャレンジし、熱情溢れ、自立の道を切り開いて、幸せな結婚を実現した四女・妙子(中越典子)達の美しい生き方に共鳴しました。
 
 始終「美」を貫く3時間半でした。

 観劇の前にあらすじを予備練習のため、妻は原作の上、中、下を購入。
 しかし、毎日二頁も行かず、寝てしまいます。
 私も読もうと思いましたが古い日本語で、半頁位で頭がダウン。
 
 しかし...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

岩手地震

2008.06.14 19:57  

 今日、岩手で大地震が起きました。
 今も余震が続いています。
 私は岩手に知り合いがいませんので、電話でのお見舞いができません。地震で亡くなった6人の方に心からご冥福を申しあげます。

 今回の岩手地震は震度が11年前の阪神・淡路大震災の規模に匹敵する位。これから一週間前後、充分な注意が必要だと政府の発表です。

 古い日本語には、世の中でもっとも恐ろしいものが地震、雷、火事、親父だと。
 今の日本は親父の権威がすっかりなくなっておりますが、残った3者は相変わらず怖く、とりわけ、どなたでも地震に、よりいっそうな注意とそれに相応する対策を講じなければいけません。

 ちなみに、うちの場合、庭に乾パン、肉の缶詰、洋服、ガスコンロ、木を切れるノコギリとカッター、60リットル下部温泉の水を貯蓄しています。親父がそれらを毎年点検し、賞味期間が迫っているものを孫に食べさせる・・・

 日本の場合、地震があるという前提で建築を行いますので、今回の岩手地震での家屋倒壊はこの程度に留まります。対して中国の場合、地震の考慮は少...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

小さなパイの為に

2008.06.12 18:40  

 今日、山梨大学医学部の塀の外、道一本を挟んだところに県内4番目大きいショッピングセンターがオープン。
 ご開業おめでとうございます。
 
 雨が土砂降りの中、1400台も駐車できる駐車場所が見つかるまで約8分掛りました。

 凄い人!人海。御客様が皆にこにこ。

 半径5㌔のエリアにこれで6番目の大型、7番目は常永地域に同じグループの超大型ショッピングモール、「ザ・モール」も、もうすぐ建設する予定。

 ところが、山梨県人口はわずか80万人であり、盆地の津々浦々に生活を営んでおります。山梨自身のパイがとっても小さいです。この小さなパイを奪う取る為に、この僅か半径5㌔の面積に敢えて6軒も7軒も超大型を開設する必要があるかと思わざる得ません。

 何と言っても、大学病院のすぐ隣だから、です。

 交通渋滞で救急車の通行の妨げになる現実が今日、目の前で起こっていました。 
 病院に運ばれた急患者の生命はその後どうなったでしょうか。

 また、病院と隣接の為、院内へ感染、院外へ感染をもたらす危険がないと誰が言い切れるのでしょ...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

山梨交通高速バスの思い出

2008.06.11 21:45  

 同じ大学コンソシアム卒業生パンダ様はバスについて、研究をされている成果をブログに発表され、私は毎日その成果を拝見している。
 実は私も山交新宿高速バスについて、懐かしい思い出があります。

 22年前のことでした。
 調布の某大学キャンパスで6大学の合同ゼミの帰りに、甲府行きの山交バスに乗り込みました。
 予約済みのため、迷わずに自分のところに着き、荷物を上の荷物置き場に置いて、席に座りました。

 2,3分経って、隣にものすごいきれいな女性が座っているじゃないか!
 いまの女優に例えると松嶋奈々子さんの雰囲気と容姿でした。
 その方は英文の画集を一心不乱に見ていました。
 
 私は当時二十数歳であった年頃、一方先方が若くて美人だ、しかも、見ている絵は私の大好きな19世紀後半アメリカの人物画家サージントの絵でした。
 
 このチャンスの見逃すわけがあるまいと思って、私からたどたどしい日本語で声を掛けました。
 「ど・ち・ら・へ・行・き・ま・す・か?」
 「甲府です。旅行から甲府の自宅に帰るのですから。」
...


>>続きを読む


コメント(1) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

唐山大地震回想 その2

2008.06.09 16:38  

 唐山地震のちょうど半年前の1976年2月4日に、遼寧省の海城地域に唐山とほぼ同程度の地震も発生しました。
 海城地震の前、中国政府が地震の震源地を見事に予知し、周囲の民に疎開、避難などの勧告措置をとった結果、死者はなんとか1000人前後に留まりました。
 当時、私の姉が岫岩という海城にすぐそばの農村に下放され(知識人や学生など心身を鍛える為に農村や過疎地に行かされる運動、所謂毛沢東の主張する知識青年の上山下郷。到農村去、到辺彊去、到祖国最需要的地方去!)、電話もなかった時代のため、ラジオに場所が知らせられたら、母が気絶に近い状態でした。
 4日後、なんと姉が「ただいま」と玄関に現われた。皆が悲喜交錯!(悲くて、嬉しい気分)
 聞くと、地震で近辺の鉄道が破壊された為、徒歩で運行可のところに3日間歩き、それから電車で自分が無事である事を皆に知せに帰って来たと。
 (中国の場合、当時救済活動はすべて人民解放軍による。これこそ消防隊員と同じように、命は惜しまない。今回の四川地震救済にも解放軍の威力が凄い...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

一期生の卒業生の皆様、ブログ上で会いましょうよ。

2008.06.06 22:14  

 一期生の皆様、今日は。
 その後、如何お過ごしでしょうか。
 卒業後、もう半年を過ぎようとします。
 あの時、楽しかったですね。

 しかし、それからパンダのアメミヤさんとしか会っていないです。
 それは、ブログ上にて。
 
 毎日、私はブログをチェックし、卒業生のどなたが今日登場するかなと期待し、 
 よ、パンダ!今日わ。
 明日。
 パンダ、今日わ。
 また、明後日。
 パンダさん、今日わ・・・
 
 誰も、新登場しません。
 あ、寂しいな、一期生の皆さん、どこにいるの?
    ・・・・・・
 ブログって、楽しいよ。

 皆様はきっと難しいと思うでしょう。
 
 実は私も最初に同じように難しいと思いました。その後、再度学院で伊東先生に二時間も教えて頂き、やっと学校で書けるようになりました。
 家に帰ったら、またもトラブル。今度メールでパンダさんに数回教えていただき、それから試行錯誤、やっと何とか今の状況に辿り付きました。
  
 唐突ですが、ブログについてこのように思います。
 ブログを書くために書くのではなく、書いたらたまたま、...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

只今お産中

2008.06.01 00:54  

 只今、家でダックス・フンド犬のお産の面倒を見ています。5月31日pm9時26分に第1子が生まれました。
 限りなく白に近いクリーム色の♂でした。
 
 ぴったり1時間後の10時26分、第二子が誕生。
 今度はクリームの♀。
 ・・・
 それから、お母さんの陣痛の合わせて、お腹を擦ったり、軽く押したりして、出産を早めにしました。
 今、第5子が生まれました。

 お腹がまだまだ大きい為、いま、一休み。
 
 私は、眠くて、死にそうです。

 でも、これからお腹に居る子に人間社会の楽しいさを味わって欲しいし、ダックスのお母さんはこれからはむしろ正念場。体力の消耗と精神の勝負。たくさんの場合、お母さんは最後まで体力がなくなってしまって、自力で赤ちゃんを出せず、結局、赤ちゃんは死産で終わってしまう。(お母さんも死ぬ場合ある。)
 その前にもし、人の介助があれば、犬と共同作業によって、赤チャンを産道から引っ張って来ることが出来ます。いま、まさしくこうやってブログを書きながら、お母さんのその瞬間を見ています。そして私の睡魔と...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

唐山大地震回想 その1

2008.05.28 16:56  

 中国は、実に地震の多いところです。
 国は広いし、人口も多い為、いざ地震が発生するとそれによる被害が想像できないほど大きくなってしまいます。
 あまり思い出したくありませんが、30年前の唐山大地震による被害状況を心の中からどうしても消し去る事が出来ません。
 
 1976年7月28日のことでした。
 河北省の唐山に2000㌔位も離れている私の都市の大連で、「ぐらっ」と人が立てないくらい強い地震を感じました。

 地震の翌日から、大連のありとあらゆる病院施設が室内、廊下どころか病院の外まで傷病者で溢れました。
 火葬場も・・・書きたくありません。(涙)
 
 その地震が唐山市24万人の命を奪いました。
 
 河北省の二番目の都市があっという間に瓦礫に化しました。

 当時、バックホンやユンボ等重機が中国になかった時代なので、人民解放軍は人山戦術で素手で余震と雨の中でどれほどの人命を救ったことでしょう。
 
 当然たくさんの解放軍兵士が他人を助けるため、自分の命までをも捧げました。
 
 悲壮!・・・

 当時、四人組の文化大革...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

中国に居る日本医療隊の近況その他

2008.05.26 17:56  

 四川地震後、数人の友達に私の実家の安否を案じてくれるお便りを頂きました。
 実家は東北のため、地震は感じませんでした。
 心配してくれた方に心から改めて御礼を申しあげます。

 今日、四川で今渾身の力を発揮していっらしゃる日本の医療隊の話しを個人の得た情報をお話し致します。

 実は、20年前、私の同級生の奥様は山梨医科大学(現在、梨大医学部)に医者として研修。帰国後、華西医科大学に教授職を携わっています。

 華西医科大学は丁度日本の医療チームが今活躍している病院にあたります。

 いま、同級生に電話をしました。公開できる事を2、3ご報告致します。

 日本の医療チームは今、大変活躍しています。
 直接患者さんを治療するだけではなく、現地医者の技術指導も丁寧に行っています。
 
 逆に、中国側は単なる日本人の技術の厳密さに感心するだけではなく、組織の連環、規律の徹底などに脱帽します。
 
 四川省の地方テレビだけではなく、他の局、中国中央電視台が連日、日本人の奮闘ぶりを報道しています。

 中央政府は勿論、国民が日本人に...


>>続きを読む


コメント(1) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

フィラリアの予防と日本人

2008.05.21 20:34  

 今日も、私の本業の話しをしてみます。
 今から11月までの間、ご愛犬のフィラリアの予防や治療に薬の時期がやってきます。
 農林水産省の統計によりますと、今の犬の平均寿命は13.8歳だそうです。
 家内の親父の話しには、2,30年前まで、日本の犬はせいぜい7,8歳の寿命で大低フィラリアにおかされて、死んでしまう時代がありました。
 すなわち、フィラリアの薬の発達で犬達が助けられたわけです。
 数年前ですと、ジエチルカルバマジンやレバミゾールを日本で使っていましたがキャリアに生存する幼虫とミクロフィラリアしか効かず、成虫には効かないだけではなく、感染期間中、毎日欠かさずに犬に与えなければならない面倒くさがありました。
 いま、世界的にフィラリアの薬が数種類ありますが、代表的なのはイベルメクチンで商品名はアイボメックと言います。

 このイベルメクチンはフィラリア幼虫にも成虫にも効くだけではなく月に一回、犬に与えるだけで済む便利さがあります。

 このイベルメクチンの世に誕生した事によって、全世界ではどれほど犬...


>>続きを読む


コメント(1) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

四川省地震から得るべき教訓

2008.05.16 18:48  

 何人かの方が、私の中国にいる親戚の地震による安否を聞かれました。
 お心遣いに深く御礼を申しあげます。
 
 私は東北大連生まれのため、大連と四川の距離は大連から成田空港までの距離の二倍くらいもあるため、当然親戚達は無事でした。 
 
 中国は大きいですね!
 大きすぎる。
 
 だけれども、今回の四川地震はあまりにも悲惨で、昨日NHKの夜のニュースの殆どが自国の報道同然、四川惨事の報道でした。
 いくら17年も前に日本に帰化したとしても、日本人の心の温かさに感動します。
 有難うございます。

 さて、今回の地震からは中国政府にしても国民にしても、沢山の教訓を得られたでしょうか?
 
 科学の発達する昨今でも、自然災害を防ぎようもない。
 だけれども、あんなに建物は倒壊したのは自然災害より人為災害ではないでしょうか?
 中国の到る所、日本の先般の耐震偽造の姉歯さんが存在し、その建物は全国規模に波及します。
 その原因の一つは担当サイドが金の為に手抜き工事を行うにあります。
 
 私の父が15年前に新しいマンシュンを国から...


>>続きを読む


コメント(1) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

旬 

2008.05.10 20:49  

 今日、山梨の話しではありません。
 東京のお話しです。
 
 先日、大学コンソ-シアムの講義を受ける際、東京に出かけ、調査やインタビューしたことを以前の記事にお書き致しました。
 
 その一環の中、東京千代田区岩本町にある貝印本社のショールムを見学しました。
 そこで、「旬」という包丁を購入しました。
 
 これは、すごい物!
 
 作りが通常市販の一枚板で出来た包丁ではなく、写真に見えるように職人さんが丹念を込めて、鍛造方式で仕上げたものです。
 柄は手の大きい人にも小さい人にも握り易いように配慮し、不規則の形をしています。
 
 切れ味が抜群という言葉で片づけられません。
 「すっ」っと。
 「すっ」。
 
 この包丁を一度使うとほかの包丁をもう握りたくありません。
 
 現時点、殆どアメリカの一流料理職人さん相手に輸出するので日本の国内での一般流通はしていません。

 ただ、もし東京の本社ショールムに行けば、運がよければ入手できるかもしれません。

 貝印株式会社 東京都千代田区岩本町3-9-5
 電話03-3862-6415 &e...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

1億円と400億円

2008.05.05 05:42  

 上野動物園のりんりんちゃんが先日22歳で亡くなりました。
 政府が子供の悲しい気持ちを案じて、丁度胡錦涛さんの御来日のタイミング的にも話し易いから、新しいパンダを中国に貸し出し要請を出したらしい。

 そこで、とある日本一番大きい都市の首脳さんがまたすかさずに登場し談話を発表しました。
「世界がどんどん狭くなっているから、見たければ他所の動物園へ行って見てもいい。」
「国の財政状況を考えると、1億円でパンダを借りるのは考える事だ!」
「あんな動物が亡くなっても悲しいも何もない。」
 
 首脳さんが中国を蔑視する急先鋒であることがだれでも知っている。
 それは結構な事。
 日本は自由主義国だから、反中でも親中でもその人の勝手。
 

 しかし、一普通の子供を持つ親として、「あんな動物が亡くなっても悲しいも何もない。」発言に悲しいすぎます。
 いや、酷過ぎます。

 十数年に子供の為にハムスターを1480円で買って来ました。
 子供はその子を「ミッフィー」と名付け、姉妹二人が世話の順番を決めて、毎日ウキウキ過ごしました。
 ...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

Momoko

2008.05.02 14:54  

 今日、旧竜王町篠原にある美容室「Dari」にてMomokoという犬に出合いました。
 生後十歳のウェルシュ・コーギの雌の仔で、代々チャンピョンの由緒ある血筋だそうです。
 性格が温和で、人懐こく、いかに飼い主さんから愛情をたっぷり注がれたような優しい目付きで来店の御客様を癒しています。
 
 実はMomokoちゃんは「Dari」さんのところでずっと飼っていた犬ではありません。
 3ヶ月前に縁があって、オーナーの鈴木さんがMomokoの新しいお母として東京からMomokoを迎えたばかりです。

 Momokoの前のお母さんは、女性自身4月号の記事の主人公宮崎三枝子さんでした。
 
 宮崎三枝子さんについて私は記事からしか知りえませんが、素晴らしい方のようでした。
 
 東京で「ホワイト」という小さい喫茶店を営み、人柄の良さでビートたけしさん、山田邦子さん、役所弘司さん、松田優作さんなどなど・・・たくさんの有名無名芸能人の精神的な溜まり場になった存在でした。

 芸能人は無名の時、三枝子さんが...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

再論 長野聖火リレー

2008.05.01 15:10  

 長野聖火リレーの後、他国でまた混乱が起こりました。

 韓国で中国人留学生が他人を怪我させました。
 ゲーム(あくまでもゲーム)のために、両国関係に緊張感を与えることは愛国主義かな?(中国語で、無理取閙です。無茶をやる)
 
 一方、長野県の聖火護衛状況と他国での警備護衛状況を見比べるとどうでしょう。

 オリンピックと政治との関わりは、いくら別ものにしようとしてもなかなか難しい古今、なおさら、オリンピック組織委員会の決まった事項を守り、それを実行しなければならないのではないでしょうか。
 
 長野警察個人個人、長野市市民それぞれが色々複雑なお考えを持っていたに違いない。
 しかし、いざの場合、私欲を抑え自分の責任分担、役割分担を履行するのが日本人の素質です。
 
 フランスは自由民主主義の発祥地であります。
 でも、長い黒幕を掲揚して、聖火リレーを迎えるパリ政府こそが無政府主義の塊ではない否定ができようありません。

 「あんな物々しい雰囲気の中で走る長野聖火リレーが全然面白くない...」
 とある日本一番大きい都...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

和田秀樹先生の講演を聴いて

2008.04.29 23:15  

 今日、幸運に恵まれて、長女と共に和田秀樹先生の講演会に参加させていただきました。
 一時間半の講演でしたが、和田先生のご本を一冊を拝読したと同じくらい収穫でした。
 和田先生について、ヤフーで検索すればすぐたくさんのことがおわかりになるかと思います。
 
 和田先生が言わば、本当の愛国者と言う物は、時たま日の丸の旗を振りかざし、背中に妙なデザインを背負ったがっちりした方ではない。
 きちんとした勉強、研究を日々こなす者こそが真の愛国主義者である。

 先生は日本の子供の国際社会においての将来を危惧する東大出身のお医者様です。

 世界のどこへ行っても、円周率のπは3.1415926...であり、まあ、一般的に3.14であるところ、なんか知らないところで、昨今はゆとり教育というものにより、3・・・になってしまいました。
 世界の笑いものになってしまいました。結果、30年前に世界高校数学の総合評価が常時トップである日本は一気に10位下の転落してしまいました。あの東大でさえ世界名門大学ランキングの13,14位をかろうじ...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

聖火リレーと日本人

2008.04.26 20:35  

 今朝、テレビで長野聖火リレーを見ました。
 素晴らしいと一語です。
 
 長野県警のショーに近い護衛ぶりに脱帽!
 
 今日の長野県警の護衛から、日本人の計画に緻密性、秘密の保持性、現場人間の規律、団結性を伺えられ、言ってみると日本人の民族性そのものの表れだと言っても過言ではないと思います。

 今日のリレーを見た善良な中国人なら日本人の努力に感謝するでしょう。

 衛星を通じて、日本政府が諸外国と違って、初めて中国の聖火護衛隊を採用せずに日本警察のみの護衛で、無事聖火リレーを完成させたことを自分の国が自分で守れることを全世界に発信したのではないでしょうか?!
 
 一方、いくら聖火はヒトラーが諜報の目的で発明した物としても、今、世界的にオリンピックの際に聖火がありと、もう既に定着したので、それをお粗末にするのは賛成しません。

 隣の町がお祭りです。
 平素に因縁があってもお祭りの時だけは邪魔しないのが親から教わることなくとも人間としての本能的な常識、ですね。

 
 


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

愛国者と狭隘なナショナリズム

2008.04.23 21:18  

 今、中国政府が反フランス学生運動を鎮火しようとしています。
 中国政府はデモからもたらした国益に与える悪影響がどのぐらいかを解っているからです。

 私は天安門事件の二年前に日本に来ましたので、もし30歳も若ければ、恐らく反フランス運動に参加するでしょう。
 でも、幸い私は30年の経験を積んだので、心にはこの類の運動を決して参加、賛成しません。
 私的な考えで恐縮ですがこのような運動は愛国心の名ばかりで、ちっとも愛国ではなく、その反対、狭隘なナショナリズムそのものの表れであり、危険で、売国だと思わざる得ません。
 なぜかというとカルフールに売っているものの95%が中国製の製品で、デモそのものは中国の労働者のご飯のお碗を壊したのです。
 フランス政府はチッベト独立を支持したから、今度俺等がフランス製品不買運動を起こすと。
 歯には歯を目には目を。
 
 3年前の反日デモも同じ事です。
 日系企業のデパートに売っているものの大部分が同じく中国製です。
 日本人の経営しているレストランや飲食店の御客が99.99%が中国...


>>続きを読む


コメント(2) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

続・狂犬病

2008.04.20 20:23  

 店で、よく御客様に「狂犬病の注射は何時ならいいですか。」、「今年、うちのワン子はまだ小さいから狂犬病の予防注射をしなくてもいいですね?」など問い合わせや質問を受けます。
 私は医者ではなくて薬事法に触ったら、命取りになります。
 
 でも、何時もこのように御客様にお答えをしています。
 
 「日本には狂犬病予防法という法律があります。それによりますと全ての飼い主は生後90日以上の犬に狂犬病予防接種をする義務があります。

 この法律を守らなければ法律違反にあたるだけではなく、万が一、予想外のアクシデントで愛犬が狂犬病に犯されると助かるしようが無いので、是非、役場の案内、連絡等をご確認なさること。若しくは、係りつけの獣医先生に聞いてください」とお答えしています。

 今、季節的に各動物病院において、この狂犬病予防法に則って、狂犬病の予防接種を行っています。
 
 下記のことを覚えて頂きたいと思います。

 世界的に日本と台湾その他極々僅かの国、地域には狂犬病は発生しないが、しかし、何時どのように日本に狂犬病が入っ...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

石鹸で口を洗います!

2008.04.18 18:55  

 昨日、パンダ様から私の「美味しいそうな山ですね!」について、コメントを頂きました。大変有難う御座います。

 コメントにはアメリカ教育について、ご感心なさる事をお書きになりました。
 私も同じ感心を持っております。

 十数年前のことでした。
 子供の通っていた幼稚園に英語教師としてカナダから男性の先生がいらっしゃいました。
 礼儀正しく、明るい先生でした。しかし、私から見れば先生がまだ20歳そこそこなのできっとホームシックではと思い、家に時々お招きをし、餃子や刺身などを作り、招待をしました。家内と食事を支度する間に、先生は英語で子供たちと遊び、大声でガヤガヤしていった場面は今も鮮明にしている。

 食事の間、自然にそれぞれの家族の事を話題にしました。
 
 「先生、親に怒られてすごく印象深く、忘れないことがありますか?」と私。
 「ありますよ。石鹸で口を洗われました。」と先生。
 「石鹸で?Unbelivable!」
  「そうなんです。小さい頃に、ある日兄弟喧嘩をした時、汚い言葉を使ってしまいました。...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

狂犬病

2008.04.04 18:45  

 今日、私の本業に関連することをお話します。
 非常に大事なことです。
 犬の狂犬病の予防注射の話。
 
 狂犬病はあまりにも恐ろしい病気です。
 もし、狂犬病予防接種していない犬が罹患犬に噛まれると被害犬の生存率はゼロ%に等しい。
 狂犬病は人畜共通感染症です!
 もし、人間は罹患犬に噛まれると生存率がゼロ%に等しい。
 狂犬病ウイルスは性格上、肉食動物(人間は哺乳類肉食動物です!)の中枢神経系に親和性を示すため、罹患犬に噛まれると、被害犬が脳の中でウイルスが増殖し、のち、物を噛め!と呼吸神経に信号を出し、犬が攻撃的な神経症状を表し、犬或いは人間などを噛むわけです。
 罹患犬の唾液から、噛まれる物に感染性の高いウイルスを伝達し、結果は呼吸麻痺を起こし、死に至ります。
 
 確かに、日本にはいま狂犬病がありません。
 それは、昭和22に国が狂犬病予防法を実施した功績です。

 しかし、日本に何時狂犬病が発生してもおかしくないのです。
 
 その原因は世界にアメリカ、中国、東南アジア、ヨーロッパのたくさんの国では狂犬病が...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

内藤いづみ先生

2008.04.03 20:49  

 日曜日に風邪のため、ダウン。
 高熱、食欲なし、下痢。

 今日の午後にずいぶん前に約束した大事な打ち合わせがあるため、この調子ではと思い、緑が丘にあるフジ内科クリニックに行ってきました。

 内藤先生に係るのは7年ぶりだと先生は教えてくれました。
 診察した結果、脱水が重いようです。打ち合わせに間に合うように点滴をして頂きました。

 私は、頭痛以外はフジ内科であります。
 と言うことは私はこんなにひどい風邪を引いたのも7年ぶりです。

 内藤先生は内藤いずみ先生であります。

 先生のHPアドレスが解らないので、ご紹介できません。というより忙しくて書く時間がないかもしれません。
 しかし、yahooで「医者内藤いずみ」と検索してみてください。
 
 そうです。
 生命、生きる、死、ガン、生命の価値、生命の意義などについて、日本のホスピス医療最先端に立つあの内藤いずみ先生なのです。
 たくさんの著書があり、診察、往診以外に永六輔さん、鎌田実先生と全国各地に「命」についてご講演なされる。

 先生は相変わらず綺麗て、優しく、...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

天網恢恢、疎而不漏

2008.04.01 19:37  

 山梨県の自民党政治界が今、地震の如く揺れています。
 震源地はUさんと言う自民党のベテラン議員は去年、横内知事を誕生させるに際して、他の候補者を中傷するビラを130万部余りを一部の地域にばらまいた罪で、甲府地方裁判所はUさんを選挙法違反の罪で罰金20万円、選挙権と被選挙権を3年剥奪の判決を下しました。その後、Uさんが記者会見をし、罪を自ら起こしたと認めないものの争う用意がない。裁判所の判決に従い、速やかに罰金を支払った発表であります。
 Uさんも次第いに県議員を失職しました。
 詳細は本日(4月1日)の山梨日日新聞をご覧になってください。
 
 公民権を年数を問わず、剥奪される自身は中国ではかなり重い判決です。日本は選挙制度だから、重いかどうかはご本人しか解らない。

 地元の事を数十年間案じてくれたお方で、例えば河口湖水害の時、自らボートに乗り被災地を視察し、復旧に尽力してくださるシーンを私は今も覚えている。正直に言って、残念にやみません。
 
 しかしですが、地元のことを一生懸命にやるからと言って、...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

観光立県と横内知事

2008.03.26 19:16  

 私は横内知事とは親戚でもないし、知り合いでもありません。
 しかし、
 今まで、横内知事ほど、故郷山梨のことをこれ程思うトップはなかろう!

 昨日、NHKのニュ―スを見ました。このような感じの内容。
 「これから、山梨諸産業において、観光と結びつけるように推進して行きたいと賢人の委員会8人のメンバーが異口同音となり、、横内カラーが強くではじまり、恐らくこれから県の方針と定めるでしょう。」
 
 まったく賛成致します。
 立派です。

 理由が色々あります。
 まず、富士山!
 日本のシンボル!の半分が山梨県に入ってあります。 
 それは充分自慢できるよ!
 
 いぇ、いぇ。まだまだです。
 
 水。
 富士山麓に、バナジウムのたくさんの入っている鉱泉があります。
 ご存じのようにバナジウムが三大生活習慣病の一つの、糖尿病の血糖値を下げる効能があるらしいです。(医者ではないので、薬事法を違反する発言なら、まずいです)
 
 また、白州町の水。それは大変に美味しいです。
 いま、全国のスーパーや薬局に行ってご覧。白州の水を置いてい...


>>続きを読む


コメント(1) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

エコ、私なりの習慣

2008.03.20 20:31  

 昨日、22年ぶりに仕事の関係でボランティアセンターへ行ってきました。
 センターの設備はさすがに古くなったが、職員さんは昔と同じように暖かい態度で接して下さいました。
 そこで、「もったいない!」との言葉の書いた紙が貼っていました。
 勿体無い!
 
 人間が自分の都合で森林を乱伐採、鉱物を乱開発、経済発展に伴う廃棄物の多量排出、、、
 その結果、森林面積の減少、地球温暖化、北極凍りの汚染、解氷、永久凍土の解凍、人間においての奇病難病の発生、、、
 
 我々を育むこの地球環境を我々の手で保ち、壊れた部分を修復しなければいけないと思います。

 それを実行するのにまさしく我々個人個人の地道な努力でこつこつとやっていかなければならないと思います。
 それを、私はエコの「草の根運動」が必要と考えます。

 さて、私の場合、日々このように気をつけています。
 
 1.パソコンの電源を使う時以外には電源を抜く。
  2.ほぼ毎日長距離運転のため、結構疲れる。仮眠を取るとき、毛布を掛け、寝る。決してエアコンを付けず。燃料代...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

犬のより良い飼い方

2008.03.18 21:29  

 先日、山梨県地場センター「かいてらす」にて、動物取り扱い責任者の義務受講を参加しました。(先日のブログに書いてあります。)
 
 今日、違う角度から、犬のより良い飼い方を論議したいと思います。
 
 その事は、排泄の処理法です。
 
 決して、汚いと思わないてください。
 人間と全く同じですから、排泄が当然必要。自然なこと。

 今日、論議したいのは、その排泄物の処理問題です。

 皆様、たまには川、細い路地、国道。を歩きますね。

 県立美術館の公園の森、芝生の中に憩いにも行きますね。
 
 どう思いますか?

 ウンチだらけです。

 甲府だけではないです。
 私のブログをご覧になっている全国のどの方のお住まいの地域もみんな同じだと言っても過言ではないでしょう?!
 
 ケース1、
 一部の愛犬家が自分の愛犬の排泄物を全く片付けない。手付けず。放置。
 これは、最悪。
  ケース2、 
 排泄物を片付ける。どのように片つけるかと言うと、持参するスッコプで近くの土で、その場で排泄物の上に隠すように盛る。
 これは、中...


>>続きを読む


コメント(2) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

宇宙と甲府と希望

2008.03.16 19:34  

 宇宙と甲府、関係ないじゃん!
 
 いや、すこぶる関係があります。
 
 宇宙にいる土井隆雄飛行士は甲府で11年間を過ごしました。

 もともと、土井さんは埼玉のお生まれで、ご両親の仕事の関係で、山梨に幼少時に来ました。

 人生観と世界観を形成する一番大事な中学校時代は甲府の市立東中学校で過ごされ、科学頭脳は、他の生徒より早くも芽生え、疑問質問がある度に山梨県立科学館に行き、そこで、調べ、体験、また勉強をしました。

 山梨は人材を産むだけではなく、育む環境にも適するところですね!

 一昨日、土井さんの手によって、宇宙に日本の宇宙実験棟を取り付けられました。

 その名は「きぼう」-希望!です。
 
 「日本にとって新しい、すばらしい宇宙時代の幕開けです。皆さん、おめでとうございます」と土井さんは宇宙から、地球に発信しました。
 
 希望、決して聞き慣れない言葉ではない。
 
 しかし、今の日本にとって、間違いなく力強い言葉であります。
 
 この十数年間、日本政府の政治政策、経済政策の失敗によって、バブル経済をもたらしそし...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

動物取り扱い責任者

2008.03.13 19:54  

 今日、山梨地場センターの{かいてらす}にて、山梨動物愛護センター主催の「動物取り扱い責任者」の年度研修に参加しました。
 私の本業はペット業です。(店4軒、繁殖生体約100匹)
 本気に動物を語れば、この文筆の下手の私でも恐らく本を一冊くらいまとめれるでしょう。ここで、割愛。
 さて、今日、少し動物の新しい動きについて、お話をさせていただきたいと思います。
 先ず、今日の講義に「動物の愛護及び管理に関する法律」について、福祉保険部衛生薬務課の名取千恵主任があれほど解りにくい法律を解り易く解説をしてくださいましたことに感謝します。
 法を遵守する上、誠心誠意に商売に邁進したいと気を新たにします。
 次に消費者センターの須黒真寿美先生の講義に頗る感銘を受けました。現場でのトラブルケースは下記のように、まとめます。
 1、年間全国で30から40万頭の犬、猫が保健所で殺されます。(聞くだけでもぞっとします。)
 原因はいろいろ、ペットショップの口車に乗られ、購入したら、このはずじゃなかった。
 買った後、溺愛過...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

不思議なチラシが入りました。

2008.03.11 18:36  

 今朝、新聞と一緒に沢山のチラシが入り、いつもと同じようにチラシを楽しんでいるところ、写真のようなチラシを見つけました。
       
      ベビーバーゲン

 ベビー用品をバーゲンすると言う趣旨のコーナーです。
 おそらく、業界ではベビー用品関連をベビー、園芸関係を園芸、、、と呼んでいると思われます。
 写真も数点載っています。

 しかし、いくらキャッチフレーズのインパクト力を追求ると言っても、ベビーバーゲンはないでしょう!と思います。
 
 言葉は意思疎通の道具です。
 場合、時期、条件等の制限で言葉をどうしても略しなければならないことも当然多々あります。

 一方、言葉は単なる意思疎通の道具だけでは在り得ません。
 言葉を発する際に当たりまして、企業の場合、その言葉がもたらす広告効果、商業効果は勿論大事。
 しかし、それの以前、言葉がもたらした社会効果、他人に対する愉快、不愉快などを常に考慮しなければなりません。
 言葉を発する側の世界観、人生観、価値観などを常に覗かせられるような立場に立たなければなり...


>>続きを読む


コメント(1) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

服部幸應氏による「甲州ワインに合う新しい郷土料理の提案」に参加

2008.03.07 16:20  

 3月7日、山梨県主催、調理師会及びワイン酒造協同組合協力のもとで、料理研究家の服部幸應先生を招き、富士屋ホテルにて「甲州ワインに合う新しい郷土料理の提案」をご講演頂きました。
 その後、先生のご提案された4品
     旬のフルーツワイン酢和え
     旬と帆立の天ぷら
     にじますのスモーク
     豆乳チーズ鍋
 と
 シャンテ甲州樽発酵2006((株)ダイヤモンド酒造)
 グレイス甲州2006(中央葡萄酒(株))
 シャトーメルシャン甲州シュール・リーメルシャン((株)勝沼ワイナリー)
 2006ルバイヤーと甲州シュール・リー(丸藤葡萄酒工業(株))
 (上記順、昨年国産ワインコンクール金、銀、銀、銅賞受賞銘柄)
 を頂きました。
 
 服部先生が国内外において有名なお方のため、普段はテレビでしか見ることが出来ません。今日、先生の講演を拝聴、またお料理をご賞味させて頂きながら、改めて先生の存在の重さを感じさせて頂きました。
 
 山梨のワインが明治8年に勝沼で誕...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

お目出度う!山梨学院グランプリ

2008.03.06 21:06  

 じゃ、じゃ、じゃ、じゃん、、、
 またやりました。
 山梨学院優勝!
 
 今回はまた駅伝優勝?
 いぇ、違いますよ。いま、3月じゃん!
 
 今回は、全国大学産、業、学(暫定名、明日の新聞から正式命に修正)三位一体における学生が新しいビジネス開発の全国コンテストのグランプリです。
 
 山梨の名物ーホウトウ。
 それは武田信玄によって逸したと言われる甲州の伝統的食べ物、に着目、今井研究室の学生さんたちが色々な素材にアレンジし、試行錯誤を繰り返し、挫折と成功を体験した結果、最後にホウトウに南瓜のペーストを加える事によって、真新しいデザートを誕生させました。 
  
 テレビで学生さん達の開発記録を見ると、まさしく思索、啓発、共鳴、友情、感動の賜る物でした。
 
 涙。
 万歳!

 この前、われわれ山梨インバウンド第一期生受講に当たりまして、山梨学院の青木先生、伊東先生の素晴らしい授業を受けさせて頂きました。その時、ご講義を聴きながら、思わず先生達が抱える学生さんに羨ましく感じました。
 
 何時か、(近い将来)学生さんの...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

やはり気になる

2008.03.05 08:02  

 昨日、JTは一連の農薬混入事件で、中国の提携生産工場を規模縮小、日本国内工場を拡大。しかし原料供給面、管理コストひいては会社運営のトータル面を考えるとどうしても中国産を抜きにして生産が成りたたないと言う現実を踏まえ、中国国内に検査基地、日本国内に検査機関を設ける所謂ダブル検査体制にすると皮肉な発表をしました。
 立派な決断であります。
 が、遅すぎる。
  
 中国人なら、日本の製品を反日運動時期を除き、平素は大歓迎する。 
 富裕層が日本産のコシヒカリを首長くして、待っている。
 病人は誰かがお見舞いに来る時、日本産の「フジ」りんごをくれると、仲間に自慢し、腐る寸前まで、とって置く。
 秋葉原にくると、決してMade in Japan 以外を買わない。、、、
 どうしてですか?
  
 品質ですよ。
 世界トップデザインナーの深澤直人さんの言葉を借りると、 
   日本人がモノの品質を高めるのに代償を求めない。魂を込める。
 だから、モノの寿命が長い。
  
 実は昔の中国が同じよう...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

携帯電話と山梨県人

2008.03.02 18:05  

 携帯電話が、どうして山梨県人と結び付くのか、と聞くとそれは当たり前ではないか、と皆様が思うでしょう。だって、山梨県の人は携帯電話を使うもの。 
 今日はその話ではないのです。
 auのINFOBARご存じでしょう。そう、あのお洒落な機種。
 それをデザインしたのは深澤直人さん。
 
 深澤さんは山梨県人です。甲府出身!

 INFOBARはN・YのMOMA美術館に永久収蔵品となってます。
 ただの電話ではなく、芸術品なのです。

 深澤さんは甲府に生まれ、朝日小学校、北中学校、甲府工業と地元で過ごされ、その後、多摩美術大を卒業、渡米。帰国。
 現在、auのINFOBARを含め、全世界に50数回のデザイン金賞を受賞されました。2003年渋谷でNaoto Fukasawa Designを設立。ご自分の会社をされながら、多摩美術大学客員教授、武蔵美術大学教授を公職。
 
 今日、深澤さんのスピーチを山梨県立大学にて、ご拝聴いたしました。
 何と言っても腰の低い方です。
 (天才は皆が腰が低いかな。)

 ...


>>続きを読む


コメント(2) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

反省

2008.02.29 19:57  

 先週の日曜日、昭和ICの丁度出口で、私の故障した車が雨宮自動車の鶴田整備士によって、今日の午後仕上がり、無事我が家に帰ってきました。
 正直を言って、日曜日、車はかなりの振動と異音のため、反対車線に走っているドライバーでもびっくりする程で、これでこの車も廃車か・・・と思い、焦り半分、諦め半分でした。
 今日、治った車を運転したら、あまりにも静かなエンジンの音で、まるで新車を運転するような気持ちでした。
 日曜の日に、仮に廃車でなくても、数十万ぐらいの部品代プラス整備代がかかるでは、と覚悟しました。
 見事に車を起死回生を実現した鶴田整備士に感謝を申しあげます。

 冷静に考えると、車がダウンするまで確かに幾つかの前兆がありました。
 約1か月前に
 1.ドライブを入れても、なかなか加速できない。
  勝手にセカンドギヤーに入れ、速度を上げてから、ドライブへ戻す事にし た。
  2.燃費が急速に悪くになった。
  車が時期に20万キロになり、エンジンがもう古くなり仕方ないと解釈しました。
 ...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

頭痛、クスリ乱用

2008.02.24 18:28  

私は頭痛持ちです。
 原因は色々あります。
 仕事柄で、きちんと休みを取れない、売上の低迷、経営に伴う各方面に起因するストレス、悩みやすい性格の、など。
 最初は市販の頭痛薬を飲み、すぐに痛みがなくなるので、これはいいものと思って、ちょっと頭が痛くなると、すぐクスリ、、、結局、市販の頭痛薬の全てを体験したようになりました。
 飲む量も半端ではない。
 ひどい時はナロンは一日8錠を飲んだこともあります。
 当然、効く薬も次第になくなりました。
 私に効く市販の薬がないから、毎朝4時位に頭の痛さで起き、お手洗いに駆け込み、ゲーゲーと吐く。その後、やっと、少し楽になる。
 当然、充分な睡眠がとれない毎日。
 このような悪循環の中を私は約20年やってきました。
 
 苦境から救ってくれたのは永関先生。
 一年前に知人の紹介で初めて先生の所を訊ねました。
 色々と検診された結果、なんと、私の頭痛がずばり薬の乱用によるものだとはっきり先生にご指摘をされました。
 
 治療法はまたずばり市販の痛止めをやめることです。
 それと同時に...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

横内知事とインバウンドと自民党離党

2008.02.16 21:58  

 昨日、横内知事がご就任1周年のテレビ会見のニュ―スを見ました。
 
 正直に言うと、選挙時、何時も投票には行きますが、もっぱら知人友人に頼まれて、義理で投票しに行くみたいな、別にだれが当選しても世間は大して良くならないと思いましたが、今考えると、去年の1票は正しっかた。
 
 この一年間は横内知事が結構いろんな事を県民にしてくれたと思う。

 昭和町のショッピングセンターの見直し、北口の県有地の合理利用、中部横断の早期開通できるように国土省への陳情、、、
 
 昨日、不偏不党を図る為に、自民党を離党すると宣言されました。

 アメリカの大統領が当選しても、所属する党を離党しません。
 
 今度知事が取った行動に脱帽します。

 また、われわれがいま取り組んでいますインバウンド事業にも横内知事が積極的に力を尽くされているような印象がします。

 去年当選されまて間もなく、韓国、四川省、北京などへ訪問し、外国の観光客を県内に誘致することに尽力されました。

 宮崎の東国原知事ほどの演技はないものの、一生懸命に県民のために働く...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

倖田来未、お正月そして中国製品

2008.02.07 18:02  

 今日は2月7日、旧お正月にあたります。
 明けましておめでとうございます。
 今朝、大好きな日めくりカレンダーを見ると、このように書いてあります。
         慎重な行動は成功に通じている。
 なるほど良い言葉だとピリッと来ました。
  
 歌手の倖田来未さんのことを思い出します。
 エロっ格好いい!の格好をするのは倖田来未さんご本人の自由であり、本当に格好がいいかどうかはそれぞれ見る側の好みであります。
 
 しかし、例の羊水発言は倖田さんにとって、かなりのイメージダウンになるのは間違いないでしょう。
 全国の女性からの反感を招いたのは勿論、男性の私も眉をしかめざる得ません。
 かつて、愛をテーマとして、数多くの素晴らしい作品を世に出した倖田さんのことですので、到底、発言が本心からではないと信じようと思います。
 しかし、発言そのものがきついですね。
 
 原因をさっぐてみると、不慎重と言い、強く言うと今まで少し有頂天気味ではなかろうかと思われます。
 
 話題は中国に移ります。
 いま、日本中、中国製食品で揺...


>>続きを読む


コメント(2) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

親バカ、かな?

2008.01.24 21:30  

 昨日と本日は山梨県下2008年高校入試前期試験日でした。
 我が次女は家から自転車で40分もかかる市内某高校を希望し、それに向かって、学校、塾そして家での猛練習。 
 妻は本屋から面接ガイド-ブック、学校と塾で過去問、予想問、、、
 昨日の朝、一家は全員am6:00時に起床しました。
 緊張の一日の始まり。
 中学校の先生に8時30に試験場に到着するよう言われましたが、昨日の朝、かなり雪が降ったので、いざの交通渋滞を避けるため、妻は7時00に家を出ました。
 もともと、送るのは私の仕事のはずだったが、裏道好きのため、今日こそ妻に信用がありませんでした。
 迎えるのは12時30分と学校からの指示で、それまで家で待機。ドキ、ドキ、、、
 空いている時間に会社の書類でもと思いましたが、何一つも進めない。
 これ以上家にいたら、心臓に悪影響を与えるに違いない。
 長女を連れて、雪の中で学校に着くのは12時。それまで車の中に待機、ドキ、ドキ、、、
 雪が勢いよく降り注ぎ、回りに見えるのは学校の校舎、私よりも早く着いた
...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

▲Page Top