TOP > ブログ一覧 > ペットショップのオーナは山梨県の観光産業振興に目を向け始める > ワイン・フルーツ

ペットショップのオーナは山梨県の観光産業振興に目を向け始める

山梨に来て、はやくも23年経とうとしています。山梨を愛し、山梨の女性を終身の伴侶にし、また山梨に骨を埋めたいとする者で御座居ます。
今から、山梨を全世界へ発信しようとしています。

プロフィール

はじめまして。
 有限会社CandyHouseというペットショップを営んでおります代表取締役です。トラという愛称を親からもらったので、以来40数年間トラとして生きて参りました。
 実はトラではなく犬が好きです。
 さて、第二の故郷-山梨の観光業を振興するためにこのたび「第1期やまなしインバウド観光教育プログラム」に参加させていただきました。

向山フルーツファーム

2008.09.15 18:36  

 知人の紹介で山梨市江曽原にある
 「向山フルーツファーム」に行って来た。
 普段お世話になる恩師に山梨の葡萄を買いに。
 
 葡萄が瑞々しく、粒が大きく、味が甘く、食感が最高!
 
 御もてなしの桃と葡萄とお茶を頂きながら、どうして
 この葡萄がこんなに美味しいかと向山さんに聞いてみた。

 そうすると「うちは春から一粒一粒の果実に愛情を込めて、育てたかな」
 と答えが帰って来た。
 
 そういえば周りに数軒農家が点在しますが、ここは一番繁盛。
 私は一時間も居たが駐車場がいつも満タン!
 それを見て通りかかった車が葡萄買いのため、路駐。

 来園したお客様に向山さん一家はいつも笑顔、
 「いらっしゃいませ」声と同時に試食の葡萄。
 
 中に女性の年配の方は接客が積極、
 客が離園するまで働きっぱなし、
 お客様の手元にお茶、葡萄、綺麗に切った桃、
 そして、品種の説明。
 
 聞いたら、この方は向山さんの弟さんの奥さん、
 その商売の熱心さからは元婦人警官とは想像もできません。

 山梨県人は固い桃が好き、
 一般的に固い桃は一ヶ月前が旬...


>>続きを読む


コメント(2) | この記事のURL | カテゴリー:ワイン・フルーツ

人間の心を持て!その2

2008.07.11 17:36  

 今朝の山日新聞を見て、どうも何百個単位の桃ではなく、なんと5000個の桃があっという間に泥棒に盗まれてしまったようです.

 怒り!

 爆発!!

 農家がこれで一年の生計が立たなくなってしまいますよ!貴方。

 可哀相と思いませんか?

 人間の片鱗が少しでもあるなら、こんなことはしませんよ!
 
 日本人なら、私はなんともいいようがありませんが、もし中国人がやったら、中国へ帰ったら10年の受刑がまっているよ。

 立場が替わって、自分がやられたらどうするにかを考えないか!?

 他県の読者の方、例えば青森県の方、これから林檎。山形の方なら、洋梨。秋田なら、お米・・・

 気を付けて下さいね!

 

 

 


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:ワイン・フルーツ

人間の心を持て!

2008.07.09 22:10  

 今から、山梨県の勝沼中心にして、桃の旬がやってきます。
 県外の皆様、是非ともこの全国惟一無二のフルーツ王国にいらしてください。

 ところが、この時期になると、情けないというより怒りが爆発する事件が毎年のように起こります。

 果実農家の一年の収入源の桃や葡萄があっという間にフルーツ泥棒にあさられてしまいます。

 やむを得ず農家は夜の果実パトロールを自主てきに行いますがその隙が狙われ

先日、南アルブス市サクランボ数十キロ、今度、勝沼に桃数百個が盗まれてしまいました。

 単なる悪戯ではなく、明らかに業者に転売するようだと警察の発表。

 また、知人の警官の話しによりますと、農家の見張りを見張って、すなわち見張る分担ともぎ取る分担の役割の元で犯行を及ぶそうです。

 四川省地震の時、避難者の空き巣泥棒行為で逮捕され、泥棒が連れまわされ、西側のマスコミに「人権侵害」と批判されました。
 
 一方、勝沼の農家の方々、少なくとも一部の方が必ずしもこれが人権侵害だと思わないでしょう。

 一体、誰の人権を守るのでしょうか。
 
 


コメント(1) | この記事のURL | カテゴリー:ワイン・フルーツ

甲斐の英雄

2008.06.15 21:06  

 人は石垣、人は城。
 武田信玄
 と書いてあるふじやまの地ビールをお袋から頂きました。
 普段、発泡酒しか飲めないこの身が久しぶりに本物ビール、しかも地ビール!
 嬉しい限りです。

 今日、父の日の為、親父とお袋が地ビールを用意して、ずっと僕の帰りを待っていたが、20時過ぎの為、親が待ちきれず、先に少し飲み、その9割りを私が頂きました。
 
 さすがに地ビールです。
 コクがあり、まろやかでありながら、少し刺激的な強味。 
 
 妻の作ってくれたモツ煮、鯛のスープ、焼き鳥を頂きながら、あ、家族っていいもんですね!と思いました。
 
 製造者:ふじやまビール株式会社
     山梨県富士吉田市新屋中サス1936-1
 HP:www.mfi.or.jp/fyb


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:ワイン・フルーツ

▲Page Top